TOP > 電子書籍 > 続・きりんが丘のココロ屋

ゾクキリンガオカノココロヤ続・きりんが丘のココロ屋

コミック立ち読み
5巻配信中
ジャンルコミック/少女コミック/ヒューマンドラマ/仕事・職業
出版社 eBookJapan Plus
掲載誌 motochan.net
続・きりんが丘のココロ屋

シリーズ作品

  • 330円/300pts
    ココロ屋で焼かれるマフィンから始まる、幸せのおすそわけ。くるくると回るしあわせのサイクルを描いた「わらしべ緑さん」、家族の将来のため、食材は常に底値を、電気、ガス、水道代も基本料金を超えたことのない倹約家の主婦・美香子。ある日、夫・行信から「一緒に暮らせない」と切り出されて……。「幸せの種の育て方」など4編を収録。忙しない日常に、ほっと一息つきたくなったときはココロ屋でお茶とマフィンを。
  • 330円/300pts
    人から何かを頼まれると断れず、はっきり自分で決められない生田は、営業の仕事がうまくいかず落ち込んでいた。そんなとき、風に飛ばされた緑の帽子を拾い、ココロ屋に立ち寄る。にこにこと笑いながらお茶を入れる緑に戸惑うのだが……。「明日ダイアリー」のほか、自分にとって「いちばんいい」と思いながら選択したものの、その選択が正しかったどうかで悩む女性の姿を描いた「ケーキをどうぞ」など5編を収録。心がホッとするひとときをあなたに。
  • 330円/300pts
    20年前はキリンソウでいっぱいだった小さな丘。今は宅地開発で新興住宅となり、きりんが丘と呼ばれるようになっていた。そのきりんが丘の自宅でパッチワークを教える緑。そんな緑の家に、生前は親友だった洋子の夫・村山が突然訪ねて来た。4年前に自殺した洋子の夫が緑に話したこととは…? 「春のおきみやげ」「誰かが誰かを…」「ケ・セラのおまじない」「宇宙のティータイム」の4編を収録。
  • 330円/300pts
    娘・真衣との関係がぎくしゃくしている母が自分の時間を取り戻し、リフレッシュするのは「ココロ屋」のハーブティ。そんなせっかくの自分の時間も、娘とのことを思うとなかなかリフレッシュできず、つい店主の緑に愚痴を言ってしまう。「シークレット・ガーデン」のほか、緑が「ココロ屋」を始めたきっかけを描いた「一緒にお茶を」「私の座る椅子」「みんなでお茶を」の4編を収録。忙しない日常に疲れたとき、緑の営む「ココロ屋」のハーブティであなたも心を癒されてみませんか?
  • 330円/300pts
    「ほんの少しほっとできる時間と場所を」と元心療内科に勤めていた緑(みどり)が、きりんが丘に小さなお店「ココロ屋」を開いた。今日も、日常にほんの少し疲れた人が訪れる。結婚して半年、新婚の石塚瑞穂は、夫・泰彦との単調な生活に、ときめきを感じなくなっていた。そんなある日、友達の晴美から子どもができたとの連絡を受ける。久しぶりの再会を約束する瑞穂だったが、晴美の夫には泰彦と出会う前に一目惚れしていて……。「ときめきのガーデン」「夢といっしょに召しあがれ」「オカリナを吹きながら」「お誂えの贅沢」「失敗のレシピ」の5編を収録。
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP