TOP > 電子書籍 > 銀牙伝説WEEDオリオン

ギンガデンセツウィードオリオン銀牙伝説WEEDオリオン

シリーズ作品

  • 605円/550pts
    奥羽軍との激闘の末、自らの手で壮絶なる死を遂げた黒脛巾政宗!! 主君・政宗の崩御を受け、残された家臣たちの行く末は…!? そして、静まり返った二子峠に現れた帝・天下!!珍客の登場が新たな波乱を呼ぶことに…!? 闘いを経て、雄々しく成長したオリオンたち兄弟!! 彼らが担う犬たちの楽園に、真の平和は訪れるのか…!? 唯一無二の野犬ロマン、ついに完結!! ここに犬たちの運命が決する!! 感動のフィナーレを見逃すな!!
  • 605円/550pts
    奥羽軍VS政宗率いる黒脛巾組、遂に決着!! 戦局が徐々に奥羽軍優勢へ傾く最中、ついに政宗は血を分けた弟、山彦にその凶刃を向ける!! 自らに逆らう者ならば、身内であっても制裁を辞さない。悪魔の犬、政宗VS奥羽軍。互いに死力を尽くした激戦の行方は…!? そして、徹底的に非情を貫く政宗に怒りを燃やすオリオン。しかしその溢れる正義漢があだとなり、奥羽軍に更なる混乱が…!? 闘いの果てに、犬たちの運命が交錯する!!
  • 605円/550pts
    黒脛巾組六百年の歴史…その支配者たらんとする政宗が、真の継承者である弟・山彦に、そして奥羽軍に牙を剥いた!! そんな政宗に、一撃必殺の技・忍刀牙で向かい、そして倒されたリゲル!! 政宗の非道さに怒りを燃やすオリオンの眼前で余裕を見せる悪逆非道の男は静かに笑みを浮かべる。戦況は今、政宗率いる黒脛巾が優位!! しかしそこに現れたのは、誰にも与せず孤高を貫いてきた男・雲斎であった!! 赤カマキリ、玄内、そして雲斎までもが戦場に揃い、決戦は混迷を極める!!
  • 605円/550pts
    大人気野犬ロマン、最新刊第27巻遂に登場!! 日本の犬社会を揺るがす勢力争いも、遂に直接対決へ!! 主君・輝宗の命を守り通し、まだ幼き山彦を黒脛巾組の真の継承者とするべく、奥羽軍を騙してまでも奔走する小十郎。その真意を見せ、奥羽軍に山彦を託すため、単身政宗に挑むが、部下たちの前で華々しく散りゆく!! 一方、政宗の進軍を前に、奥羽軍はオリオンたち女、子供を鉄壁の守りを誇る寿沢に退かせた。しかしそこに、裏をかいた政宗が現れる。怒りのオリオンをよそに、遂に政宗の攻撃命令が下される!! 運命のラストバトル、ここに始まる!!
  • 605円/550pts
    日本の犬社会の覇権を賭けた一大対決!! 奥羽軍VS黒脛巾、血を血で洗う最終決戦が迫る!! 破竹の勢いで迫る政宗たち黒脛巾の大軍。対する奥羽軍は銀を中心とし、二子峠に陣を敷く。その数、黒脛巾の圧倒的優勢。傷を癒したウィード、そして天馬を殺された雲斎、覚悟を決めた赤カマキリ、そして生き方に迷う玄内ら、日本中から戦士たちが二子峠に向かう中、政宗から山彦を守り抜くためにのみ生きる元黒脛巾の重鎮・小十郎が最後の力を振り絞り、一足先に政宗に立ち向かう!!
  • 605円/550pts
    奥羽軍VS黒脛巾組!! 政宗率いる黒脛巾は刻々と奥羽軍に迫り来る!! 対する奥羽軍は、ジョンの血を引く・アンディを仲間に加え、傷を癒した奥羽軍総大将・ウィードも戦場へ急ぐ。その途上では正義に目覚めた男・赤カマキリが、マテウス率いる黒脛巾の部隊と孤独な戦いを繰り広げていた…!! 傷だらけになりながらも、シリウスのため、そして奥羽軍のために多数の敵を迎え撃つ赤カマキリ。そこへ偶然にも合流したウィードは赤カマキリに加勢するが、そこへ政宗が現れて…!?
  • 605円/550pts
    刻一刻と迫る黒脛巾組。犬社会を征服せんとする政宗に対抗するのは、銀、そして赤目たち旧奥羽軍の老兵たち。二子峠を決戦の場と定めたオリオンたちにとっては、心強い援軍が現れた!! 一方、不穏な動きを見せる男が一人。黒脛巾と袂を分かち、奥羽軍に協力する小十郎が意外な行動をとる。そんな小十郎に一抹の不安を感じながらも、二子峠から遠く見守るしかない、オリオンのよき理解者・雲斎。 そして、赤カマキリ、玄内ら、生きる道を見失った男たちもまた、放浪の果てに戦地へと赴くのか!?
  • 605円/550pts
    受け継がれる魂!銀牙シリーズ最新刊「銀牙伝説WEEDオリオン」第23巻登場!! 犬社会の天下統一を狙う黒脛巾政宗。奥羽軍との決戦のため、二子峠に向かう。一方、迎え撃つ奥羽軍には力強い味方が。幽閉されていた銀たち旧奥羽軍の歴戦の勇士が、大輔やリゲルたちの手により解放されたのだ。ジョンの血を引くアンディという戦士を仲間に加え、オリオンたちと合流すべく、彼らもまた二子峠に向かう。そして。政宗の進む道には、オリオンの良き理解者、雲斎が立ちはだかる。圧倒的戦力で攻める政宗に、老獪・雲斎はどう出る!?
  • 605円/550pts
    政宗の腹心で「羆殺し」と呼ばれた実力者の黒切丸三兄弟率いる黒脛巾軍が、奥羽軍に襲い掛かる。しかし、政宗の策略を逆手に取った奥羽軍は、彼らを挟み撃ちにして撃退!! が、その時、大自然の脅威が襲い掛かる!! 鉄砲水に流され、仲間とはぐれたオリオンの目の前に現れたのは因縁ある男、軒猿謙信!! 政宗の進軍によって全国各地に散らばる男たちが動き出す!!
  • 605円/550pts
    オリオンとシリウス、兄弟がともに戦場を駆ける!! 壮絶野犬ロマン、激動の第21巻がいよいよ登場!! オリオンたち奥羽連合軍に迫る、野望を秘めた黒脛巾のトップ・政宗。彼は策を巡らし、黒切丸三兄弟の軍勢と本隊で、奥羽連合軍を挟み撃ちにせんとしていた。 近づく黒切丸たちと激突するオリオン!! ここに奥羽vs.黒脛巾の前哨戦が開始された!! 黒切丸たちとの戦いの中で、オリオンはその秘めた能力を発揮するが、その姿を見たシリウスは動揺を隠せないのだった…。 一方、幽閉された銀たちを救うべく進むリゲルら一行。大輔たちの手を借りることに成功し、遂に銀たちに出会うが…? 二つの正義が今、邪悪なる野望を秘めた悪を倒すべく共闘する!!
  • 605円/550pts
    奥羽の楽園崩壊に乗じて、平和な犬社会で天下を取ろうと画策する政宗。黒脛巾(くろはばき)軍を率いて、各地に攻め入り、着々とその野望に近づいていく。それに対抗するは、奥羽軍総大将ウィードの子どもたち。オリオン、シリウス、リゲルたち兄弟は散り散りになりながらも、打倒政宗に向けて各自戦っていた。そしてオリオン、シリウス率いる奥羽連合軍は、政宗の命を受けた黒切丸三兄弟率いる黒脛巾の援軍と激突する!!元黒脛巾であり、今は奥羽軍に味方する山彦の世話役である小十郎は、犠牲犬を最小限にするために様々な策を練るが、その作戦は通用するのか!?対政宗の戦さ、その前哨戦の火蓋が切られる!!
  • 605円/550pts
    犬たちが繰り広げる熱き大河ロマン『銀牙伝説』。その魅力の一つは、勇者たちの血が引き継がれ、息子が、孫が、父たちをしのぐ戦いぶりを見せることである。主人公のオリオン自体、リキ、銀、ウィードという熊犬一族の血を受け継いでいる。そして、この第19巻でまた一匹、伝説の男の血を引く勇者が登場する。名はアンディ。医師・関口秀俊に飼われていると言えば、古くからのファンは心踊るはずだ。そう、あの大人気キャラクターゆかりの犬なのだ。素行もソックリ。これはもう期待大だろう。物語は、ブランカを追うオリオンが、いかに追いつき戦うかが焦点。前巻のラストではオリオンブランカ共に滝壺に呑まれており、そこからの脱出が大問題。物語は、ブランカを追うオリオンが、いかに追いつき戦うかが焦点。前巻のラストではオリオンブランカ共に滝壺に呑まれており、そこからの脱出が大問題。激流の中、二匹の生死は? 奥羽軍の秘策は守られるのか?
  • 605円/550pts
    正義のために戦う男がまたひとり、最期の時を迎える。その姿は血まみれでありながら、美しささえも感じさせる。虚しさを覚える読者もいるだろう。やりきれなさも感じるだろう。だが、その死はきっと無駄ではない。「オレの死に様はどうだ?」彼は死に際に問う。その答えは、どうか誌面をご覧になって考えていただきたい。一方、黒脛巾組との決戦を前に伊賀・甲賀に陣取るオリオンは、策の漏洩を防ぐため単身、逃げる敵を追う。もはやその姿は幼犬ではない。トラブルが起こるたびに自ら立ち向かい、着実に成長していくオリオン。彼は今や誰よりも頼りになるリーダーだ。
  • 605円/550pts
    物語の魅力のひとつに、謎解きと言うものがある。本作『オリオン』の場合、その最大の謎は「ウィードの生死は? もし生きているなら今、何をしている?」であった。この第17巻では、ついにその謎が明らかになる。前巻で既に生存自体は明らかだったが、ウィードの怪我の具合や、盟友・狂四郎やメルの安否も語られる。ファンにとって、これほど注目に値する巻はあるまい。そして、メインテーマである奥羽軍オリオンと黒脛巾組政宗の決戦の時もいよいよ近づきつつある。兵力に乏しい奥羽軍は赤目山に戦力を集結、政宗を迎え討たんとする。一方の政宗は、さらなる征西を企図し軍勢を増さんとする。高まる決死の覚悟。興奮の序章を思う存分、ご堪能あれ!
  • 605円/550pts
    男同士の意地のぶつかり合いが魅力の冒険ロマン『銀牙伝説WEEDオリオン』の最新刊。前巻ラストでは、天下軍の玄内が苦楽を共にした部下の本懐を遂げさせるべく、政宗軍本隊への突撃を決意した。迎え撃つ政宗は、玄内の男らしい戦いぶりに敵ながら意気に感じ、圧倒的に優位な戦況にありながら大将同士の一騎打ちを受ける。結果はぜひこの第16巻を読んで欲しいが、とにかく熱い。そして泣ける。何度も読み返してしまうこと請け合いである。そして奥羽軍。銀やジェロムなど中心的存在が廃坑に閉じ込められているのは既に明かされているが、遂に判明するのが総大将ウィードの行方。連載初期よりの最大の謎が解けるときが来た!!
  • 605円/550pts
    戦記には死が付き物である。死者の思いを仲間が受け継ぎ、物語は進んでいく。 この『銀牙伝説WEEDオリオン』も犬を主人公とした戦記である以上、死ぬ者が出てくるのは必然。ここでは誰が死を遂げるのかは明かさないが、巷間よく言われるように「いい奴ほど、早死にする」のである。彼は仲間を良い方向に導くべく、時には議論し時には戦ってきた。そんな男が仲間の背に乗ったまま絶命する。物語の中でも五指に入る印象的なシーンであろう。そして政宗軍と天下軍の戦いも急展開。泰山のカラクリに気付いた政宗の逆襲は恐ろしく、こちらもハラハラさせられること必至。感動と興奮がこれまで以上に凝縮された第15巻。素晴らしい一冊である!
  • 605円/550pts
    大人気の感涙野犬ロマン『銀牙伝説WEEDオリオン』の最新刊第14巻。 この第14巻もやはり良かった。必死な思いは、どんな壁をも乗り越える力があると教えてくれる。そして何と、別れていたオリオンとシリウスが今、ひとつになろうというのだ。こんな嬉しいことがあるだろうか。 一方、こちらも気になる「天下」の戦いぶりなのだが、むごいの一言だ。かつて人間千人を全滅させたという伝説を持つ天下軍だが、なんとそれは絵空事でなく事実であるらしい。そんな天下と戦う政宗は、如何なる手を…!? 喜びと怒り、二つの感情に揺れ動かされること必至の最新第14巻。
  • 605円/550pts
    人気の秘密は、主人公オリオンもさることながら、魅力あふれるライバルや仲間などの存在がある。 敵役の政宗は実父との確執から、己の力を誇示すべくひたすらに全国制覇を目指す。その部下・正重は政宗に見限られ、生きるべき道を模索する。はたまた同じく政宗の部下、謙信は、自らの価値観に従い側近としての役目を果たそうとする。 第12巻でその「価値観」の片鱗をオリオン相手に見せた謙信は、覇道の途中で新たな敵に出会う。その名も「玄内」。古くからの領主を持ち、異様なパワーを見せ付けるこの男に、謙信は大苦戦。生命の危機に…。 そしてオリオンは赤目山に本拠を移すが、極秘のはずのそこに謎の男が現れて…!? 壮大なスケールと男気が交錯する野犬冒険物語。ファン待望必見の第13巻!!
  • 605円/550pts
    オリオンらは本州に戻るが、なんとそこで宿敵に遭遇する。敵に出会ったら戦わずにいられないのがオリオンだから、やっぱりもう大変なことに…。でも戦いながら進化していくのは、さすが熊犬。オリオンの見事な進化をぜひご覧あれ!! 一方の三男リゲルは、輝宗と共に黒脛巾兵士と戦う。だが、今度の敵は精鋭。こちらもヤバイ!! 敵も味方も新キャラ登場で、充実一途の第12巻。
  • 605円/550pts
    兄シリウスが慕うカマキリ軍団との本格決戦となり、正義の牙を繰り出し続けるオリオン。 己の欲望のみに従う野心の徒、カマキリ。 なんとかシリウスの妄信を解きたいオリオンだが、逆にシリウスの志はさらに上を行く…。 昂ぶる正義の心。泣かせる男の心意気。親から子へ、そして孫以降にも伝わる熱き犬たちの血のドラマ。 廃坑に留まり続ける銀ら奥羽軍を救う手立ても少しずつ見え始め、満足度の高い必見の一冊である!!
  • 605円/550pts
    第9巻の後半で、輝宗がリゲルに「お前の父は生きている!!」と話してから、この第10巻での真相究明が待たれていた。 暗闇の向こうにリゲルが見たものは、懐かしき家族の姿か、それとも…!? 喜びと無情が交錯する野犬冒険物語。 興奮極まる第10巻!!
  • 605円/550pts
    第8巻までをご覧のファンなら期待されている通り、この第9巻でついにシリウスとオリオンの再会がなる。彼らも男泣きするが、見ているこちらも号泣必至!! そして、ただ「会えて良かった」とならずに、それぞれの運命に従っていくという悲しさと切なさ!! とにかく涙が止まらない!! さらに、大地震以降、消息の分からなかった奥羽軍の面々の行方が少しずつ明らかに!! 鍵を握るのはあの黒脛巾組の…!? 詳細は読んでのお楽しみであるが、「あの男」が奥羽軍の行方を知っているのだ!! いつも以上に泣けて、そして謎が解け始めて満足感の高い第9巻!! 心ゆくまで堪能されたし!!
  • 605円/550pts
    漫画界を代表する動物コミックの描き手・高橋よしひろが送る野犬冒険ロマンの最新第8巻!! 今巻では、雪山にひとり残され、悪党カマキリに拾われたシリウスは恩に報いるため、オリオンの盟友・山彦が治める四国へ渡る。 危機を感じた山彦は、援軍を呼んで――。 オリオンら兄弟は再会できるのか!? そしていつの日か手を取り合い、一族の復興を共に目指すことは叶うのか!? 血と義理の狭間で揺れる男心には、毎度ながら泣かされる。 動物ゆえに純粋な心の物語を描き続ける本作、必見の第8巻!!
  • 605円/550pts
    壮大なる野犬冒険物語『銀牙伝説WEEDオリオン』、ファン待望の最新第7巻がついに登場!! 勢力拡大のためには手段を選ばず各地の犬たちを傘下に収めていく黒脛巾組。その手口は残虐非道!! 火山噴火によって散り散りとなった奥羽軍、そして幼きオリオンら兄弟犬は、過酷な運命に翻弄され続ける――。 一方、黒脛巾組が猛威を振るう中、その脅威に敢然と立ち向かう軍勢がいた。それが、信濃を拠点とする真田十牙忍である。 その頭目が「お館」こと、真田の十牙忍を束ねる真田入道雲斎。老犬とは思えぬ膂力と思慮深さを兼ね備えた漢である。 真田の地を守る雲斎は、オリオンら奥羽軍といかなる形で関わっていくのか…!? 詳しくは本編をご覧あれ!!
  • 605円/550pts
    犬たちの熱き生き様と戦いを描いた『銀牙伝説ウィード』。その最新シリーズである『銀牙伝説WEEDオリオン』の第6巻。 万全の準備を重ねる哲心に、黒脛巾の大軍が襲い掛かる! 死を賭して戦う哲心に勝機は? そしてオリオンは、総大将の血を引く存在として、如何に戦うのか?これまで以上に感動と興奮に溢れた一冊!!
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP