TOP > 電子書籍 > 銀のゴルフ

ギンノゴルフ銀のゴルフ

プロが目指すゴルフがまばゆく輝く金色ならば、アマチュアのそれは渋く味わい深い銀色であるべきなのかもしれない。そんなゴルフを生涯貫いた男、中部銀次郎の残した足跡、箴言がコミックで蘇った。史上燦然と輝く稀代のアマチュア中部が、本書で解き明かしていくゴルフの深淵には、スコアアップを願う我々が心にとどめておくべき、上達の糧が詰まっている。例えば「穏やかな気持ちでプレーするとか冷静な心でクラブ選択や状況判断をするとか"心の色合い"を一定にキープしておくこと、18ホール、それを貫き通せればミスも少なくなるし上達にもつながっていくんです」。シリーズ3部作を通して読めば中部の「凛としたたたずまいが私たちの胸にせまってくる」。

シリーズ作品

  • 523円/476pts
    日本アマ6回優勝。史上燦然と輝く伝説のアマチュアゴルファー、中部銀次郎のロングセラーコミックシリーズ第3弾。中部が逝ってなお、彼の残したゴルフの箴言がいまだに色あせることはない。私たちは中部の言葉を租借することで、技と心のステップアップを果たすことができる。ゴルファーなら一度は感じるだろう、あるときは単純でありながら、あるときは複雑精緻なゴルフの奥深さを中部らしい静謐さで解き明かしていく。「アンプレヤブルは罰ではなく救済」「ミスした時こそアドレスチェック」「アンラッキーにも意味がある」など、ゴルフの技術をみがくだけでは到達できない究極のゴルフを中部イズムが体現する。
  • 523円/476pts
    コミックで蘇る中部イズム、第2弾。日本アマ6回制覇、という金字塔を打ち立てた中部銀次郎のゴルフはまさに「心のゴルフ」と言える。年を重ねるにしたがって小さい頃は得意だったバンカーが苦手になった中部。その理由を、新しいサンドウェッジの性能やその日の砂質、ピンまでの距離など余計なことを考えるようになったからだと述べる。そこで中部は「欲と見栄」を断ち切ろうと決めた。バンカーに入ったらとにかく1発で出せればそれでいい、と。そう自分に言い聞かせるために中部が行ったちょっとした「おまじない」など、中部語録の奥底にはゴルフ上達の糧がつまっていた。そんな心のレッスンを49収録した新感覚のコミック!
  • 523円/476pts
    プロが目指すゴルフがまばゆく輝く金色ならば、アマチュアのそれは渋く味わい深い銀色であるべきなのかもしれない。そんなゴルフを生涯貫いた男がいる。それが中部銀次郎だ。1960年、18歳で日本アマ初出場、62年初優勝し、その後は通算6勝を挙げアマチュアの至宝とたたえられる中部。そのゴルフスピリットをコミックで読み解く。中部のゴルフの足跡をたどる中で、我々はアマチュアゴルフのあるべき姿をもう一度学び直すことができるかもしれない。なぜなら、ゴルフの上達にかかせないものは技術でも道具でもない、心の鍛錬に尽きるからだ。読めば読むほどに中部銀次郎の凛としたたたずまいが、私たちの胸に迫ってくる。
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP