TOP > 電子書籍 > 銀河英雄伝説

ギンガエイユウデンセツ銀河英雄伝説

シリーズ作品

  • 618円/562pts
    ヴェスターラントでの虐殺を黙認したラインハルトをとがめるキルヒアイス。強い絆で結ばれたふたりの間にいつしか隙間風が。そして貴族連合との闘いは最後の決戦を迎える。ハイネセンでは敗北を悟った救国軍事会議議長グリーンヒル大将の死でクーデターは終結した。地球教信徒に匿われていた国家元首ヨブ・トリューニヒトが政治に復帰するが…
  • 586円/533pts
    貴族連合の盟主・ブラウンシュヴァイク公爵領の惑星ヴェスターラントで民衆暴動が発生した。怒り狂った盟主は惑星攻撃を宣言する。ラインハルトはこれを阻止するのではなくむしろ敵の残虐行為として利用する作戦に出た。民心は貴族連合から確実に離れていく。一方ハイネセンに迫ったヤン・ウェンリーは、首都を護る一二個の迎撃衛星「アルテミスの首飾り」攻略に知恵を絞る…
  • 586円/533pts
    救国軍事会議が制圧した自由惑星同盟の首都ハイネセンでは、記念スタジアムで開かれた市民集会が弾圧され、主催者ジェシカ・エドワーズ議員が虐殺され、二万人余の市民が死亡した。ヤン・ウェンリーはハイネセンへの進撃を決意する。銀河帝国内ではラインハルトと貴族連合の戦いが激しさを増していた…
  • 586円/533pts
    ラインハルト軍は貴族連合のレンテンベルク要塞を攻略するべく、ロイエンタールとミッターマイヤーふたりの大将を派遣する。だが装甲擲弾兵総督オフレッサーの頑強な抵抗に遭い、攻防は熾烈を極める。一方、ヤン・ウェンリーは叛乱を鎮圧すべく救国軍事会議の第一一艦隊と対決する。
  • 586円/533pts
    自由惑星同盟では救国軍事会議によるクーデターが勃発。ヤン・ウェンリーはクーデター側の心情を理解しつつも、制圧すべく出動する。一方、銀河帝国内でも幼い新皇帝を擁するラインハルトと貴族連合による権力闘争が、ついに大規模な内戦へと突入していた。
  • 586円/533pts
    帝国皇帝急死の混乱のなか、新皇帝を擁するラインハルトと門閥貴族たちとの全面対決のときが迫っていた。一方、自由惑星同盟内にラインハルトの手によるクーデター計画が密かに進行していた。イゼルローン要塞司令官ヤン・ウェンリーは、不穏な動きを察知するが…
  • 586円/533pts
    三カ月に及んだ帝国領大遠征は自由惑星同盟軍の全面的な撤退によって幕を閉じた。そんな折、銀河のバランスをゆるがす大事件が起きた。帝国皇帝の死である。後継者を定めぬままの崩御だったため、帝位継承の火種がくすぶり始めた。一方ヤン・ウェンリーは大将に昇進し、イゼルローン要塞司令官に任命される…
  • 586円/533pts
    イゼルローン要塞を占領した自由惑星同盟は、勢いに乗じて大規模な帝国領侵攻作戦を開始する。兵站線が伸びきることを憂慮し、無謀な遠征に反対したヤン・ウェンリーだったが、出世欲にとりつかれたフォーク准将の立案計画が通ってしまった。銀河帝国は懐奥深く迎え撃つべく周到に計画を練っていた…
  • 586円/533pts
    宇宙暦七六九年。帝国暦四八七年五月、ヤン・ウェンリー率いる第一三艦隊によってイゼルローン要塞は同盟軍の手に落ちた。銀河帝国は自由惑星同盟への侵攻の拠点を失い、帝国と同盟との長年にわたる戦闘に終止符が打たれたかに見えたが…
  • 586円/533pts
    幼い頃から唯一人心を許してきた親友キルヒアイスに加え、ロイエンタール、ミッターマイヤーという才幹に優れた二人の幕僚の忠誠を得ることになったラインハルト。いっぽう民主主義の名のもとにおこなわれる愚行に苛立ちをおぼえるヤンには、第十三艦隊司令官として難攻不落のイゼルローン要塞を攻略する旨が命じられる…
  • 586円/533pts
    宇宙をこの手に入れる──少年の日の誓いを果たすため数々の戦場において、武勲と栄誉を積み重ねてゆく銀河帝国の若き天才、ラインハルト・フォン・ローエングラム。意にそわない軍籍に身をおき、退役を望みながらも、自由惑星同盟の知将と名をはせる、ヤン・ウェンリー。ふたつの運命の交錯が、銀河に大きな変革をもたらす…
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP