TOP > 電子書籍 > ダイヤのA act2

ダイヤノエースアクトツーダイヤのA act2

コミック立ち読み
31巻配信中
ジャンルコミック/少年コミック/野球
出版社 講談社
掲載誌 週刊少年マガジン
ダイヤのA act2

シリーズ作品

  • 495円/450pts
    目指すはエースの座と全国の頂点! 2年生となり、ついに甲子園デビューを果たした沢村栄純と、青道高校野球部の新たな挑戦が始まる! 稲実相手に奪三振の山を築く降谷。成宮もまた世代最強の名に違わず圧巻の投球を見せつける。だが、緊迫した投手戦が続くかに思われた5回、ついに試合が動き出す。稲実の1番・カルロスが執念の強攻策(バスターエンドラン)を敢行したのだ! なおも続く王者・稲実の意地の揺さぶりに降谷は抗えるのか。1点が勝敗を左右する極限の試合で、流れを掴み取るのは果たして――。
  • 495円/450pts
    目指すはエースの座と全国の頂点! 2年生となり、ついに甲子園デビューを果たした沢村栄純と、青道高校野球部の新たな挑戦が始まる! 立ち上がりから両校全力でぶつかり合う西東京大会決勝戦! 青道打線は、初回から稲実のエース・成宮に揺さぶりをかけていく。その息を呑む攻防は、先発・降谷を奮い立たせるには充分だった。カルロス、白河、早乙女、そして山岡と続く強力稲実打線に対し、真っ向勝負を仕掛けていく青道バッテリー。だが、世代最強左腕・成宮の凄味を青道は徐々に思い知ることになる――。
  • 495円/450pts
    目指すはエースの座と全国の頂点! 2年生となり、ついに甲子園デビューを果たした沢村栄純と、青道高校野球部の新たな挑戦が始まる! 昨夏のリベンジを果たせるのか、青道高校。前人未到の三連覇を成し遂げるのか、稲城実業。大注目の西東京大会決勝がついに開幕! 立ちはだかる世代最強の稲実エース・成宮に対し、1年前の悔しさを晴らすべく、青道は立ち上がりから果敢に仕掛けていく――!
  • 495円/450pts
    目指すはエースの座と全国の頂点! 2年生となり、ついに甲子園デビューを果たした沢村栄純と、青道高校野球部の新たな挑戦が始まる! 息詰まる投手戦となった青道vs.創聖の中盤戦、試合の趨勢を左右する大一番が訪れる。打席には、攻守において創聖を牽引するエース・柳楽。チームを背負い、球場を黙らせる意気込みの強打者を前に、降谷は春からの成長を証明できるのか──!
  • 495円/450pts
    目指すはエースの座と全国の頂点! 2年生となり、ついに甲子園デビューを果たした沢村栄純と、青道高校野球部の新たな挑戦が始まる! 青道vs.市大三高戦、ついに均衡が破られた4回。試合は中盤戦に突入するも、青道ナインは天久攻略の糸口をつかめずにいた。だが、エース・沢村は味方の援護を固く信じていた―。辛抱強く投げ抜くエースの姿に、ついに青道打線が奮起する!
  • 462円/420pts
    目指すはエースの座と全国の頂点! 2年生となり、ついに甲子園デビューを果たした沢村栄純と、青道高校野球部の新たな挑戦が始まる! ベスト4に勝ち進んだ青道高校に立ちはだかる強敵・市大三高。天才エース・天久は春大会からプレーの引き出しを増やし、さらなる飛躍を遂げていた。だが沢村も負けじと好投を披露し、序盤から緊迫した投手戦へと突入していく! 両者譲らぬ鍔迫り合いが続くなか、鍵となる先制点を奪ったのは──。
  • 462円/420pts
    目指すはエースの座と全国の頂点! 2年生となり、ついに甲子園デビューを果たした沢村栄純と、青道高校野球部の新たな挑戦が始まる! 西東京大会準決勝を前に、OBの激励を受ける青道ナイン達。対する市大三高もまた、天久を筆頭に一丸となって試合に臨む。急激な進化を遂げる2年生エース・沢村か、プロも注目する3年生エース・天久か──。両エースの仕上がりに衆目が集まる中、長年のライバル同士の雌雄を決する戦いが幕を開ける!
  • 462円/420pts
    目指すはエースの座と全国の頂点! 2年生となり、ついに甲子園デビューを果たした沢村栄純と、青道高校野球部の新たな挑戦が始まる! 西東京大会5回戦、青道高校vs.法兼学園。対青道秘密兵器の本格派投手・卜部を、一瞬の隙を突き攻め立てる青道打線。気づけば一挙6点の大量リードで、先発・沢村を強力に援護射撃する。味方の得点で余裕を得たはずの沢村・御幸バッテリー。だが沢村の気勢は衰えなかった。「1点も取られたくない」──マウンドに一人立つ沢村の中に芽生えたもの。それはエースの覚悟。
  • 462円/420pts
    目指すはエースの座と全国の頂点! 2年生となり、ついに甲子園デビューを果たした沢村栄純と、青道高校野球部の新たな挑戦が始まる! 稲実対成孔、市大三高対仙泉などの強豪校同士が激しくぶつかりあう西東京大会準々決勝。青道は、東京選抜の二塁手・奈良と独特のツーシームを操るエース・柳楽擁する創聖高校と激突する。先発・降谷の豪速球に食らいついてくる打線に、奈良を中心とした隙のない守備──。虎視淡々と準決勝進出を狙う難敵が青道の行く手を阻む!
  • 462円/420pts
    西東京大会5回戦、青道高校vs.法兼学園。対青道秘密兵器の本格派投手・卜部を、一瞬の隙を突き攻め立てる青道打線。気づけば一挙6点の大量リードで、先発・沢村を強力に援護射撃する。味方の得点で余裕を得たはずの沢村・御幸バッテリー。だが沢村の気勢は衰えなかった。「1点も取られたくない」──マウンドに一人立つ沢村の中に芽生えたもの。それはエースの覚悟
  • 462円/420pts
    目指すはエースの座と全国の頂点! 2年生となり、ついに甲子園デビューを果たした沢村栄純と、青道高校野球部の新たな挑戦が始まる! 8回表、ついに同点に追いつき勢いに乗る薬師高校。猛追する薬師を再び突き放せるか、市大三高。真田と天久、両エースの熾烈な投げ合いに終止符を打ったのは……。一方、青道が迎え撃つは、米国式指導法を取り入れた新鋭・法兼学園。初戦の躓きを挽回したい沢村が、先発のマウンドに立つ!
  • 462円/420pts
    目指すはエースの座と全国の頂点! 2年生となり、ついに甲子園デビューを果たした沢村栄純と、青道高校野球部の新たな挑戦が始まる! 屈指の好カード、夏の西東京大会5回戦、市大三高vs.薬師高校。エース・真田を温存し、1年生左腕・友部を先発に据えた薬師に対し、主砲・星田率いる三高打線は初回から猛攻を仕掛ける。試合の鍵を握るのは両校の柱、天才投手・天久光聖と天才打者・轟雷市。才能と才能が火花を散らす注目の一戦、ここに開幕!
  • 462円/420pts
    夏の西東京大会4回戦。難敵・八弥王子を相手に、降谷は今季最高の投球を披露。さらに攻撃的2番打者として覚醒した春市をはじめ、一人一人が着実に成長を遂げていた。そんなチームメイトたちの姿を目にし、自らの気を引き締め直す沢村の元に、市大三高のエース・天久から唐突なメッセージが届く。そこには、薬師高校に雪辱を誓う天久の秘策の存在が……。因縁の大一番、市大三高対薬師が始まる!
  • 462円/420pts
    目指すはエースの座と全国の頂点! 2年生となり、ついに甲子園デビューを果たした沢村栄純と、青道高校野球部の新たな挑戦が始まる! 西東京大会は中盤戦に突入。4回戦に駒を進めた青道に対するは、東京一、二を争う二塁手との呼び声も高い川端擁する八弥王子。その堅い守備に、青道の“二遊間コンビ"が奮起。今大会初登板となる降谷をもり立てるべく、攻守の先陣を切る。両校ファインプレーの応酬に、観衆は息をのむ‥。
  • 462円/420pts
    目指すはエースの座と全国の頂点! 2年生となり、ついに甲子園デビューを果たした沢村栄純と、青道高校野球部の新たな挑戦が始まる! 西東京大会3回戦、青道vs.由良総合の先発は気合充分のエース、沢村栄純。しかし、沢村の気負いを見抜くや否や、由良総合はすぐさま揺さぶりをかける。一日の長がある榊監督の読みが、確実に青道そして沢村を追い詰めてゆく。“強豪"青道を導く者として、片岡鉄心が下す采配は──。
  • 462円/420pts
    目指すはエースの座と全国の頂点! 2年生となり、ついに甲子園デビューを果たした沢村栄純と、青道高校野球部の新たな挑戦が始まる!
  • 462円/420pts
    成宮との別れ際、思わぬ駆け引きを知った御幸は既に戦いが始まっていたことを痛感する。大会まで残り1か月、最終調整に入る青道高校野球部。そして迎える恒例の夏合宿。まもなく夏を戦う20人のベンチ入りメンバーが決まる──。
  • 462円/420pts
    愛知の強豪・西邦のエースは全国屈指の右腕、明石聖也。マシンガン打線の4番も担い、3年生として最後の夏に懸ける。対する青道は、クセ球左腕の沢村&奥村という新米バッテリー。連勝記録がストップし、スタメンが入れ替えられた今、沢村は1年生キャッチャーと共にチームに流れを取り戻せるのか──。
  • 462円/420pts
    波乱続きの日米決戦! 乾の負傷により急遽、バッテリーを組むことになった御幸と成宮。普段はライバル同士の2人が超強力米国打線に挑む! 同時刻、山守学院と戦う青道は怪我をした小野に代わってマスクを被る由井が降谷の球を後逸し、そこから先制を許してしまう。一方で沢村は愛知の雄・西邦との一戦に向けて準備を進めていた──。
  • 462円/420pts
    2連戦で行われる、東京代表vs.米国代表。第一試合の先発・楊舜臣の好投、そして堅実に打ち崩す東京打線が米国側の本気に火を点し、怪物・コンラッドがマウンドに上がる。一方、青道では御幸に留守を託された捕手・小野と降谷が、センバツベスト8の神足兄弟擁する山守学院を相手に臨んでいた。
  • 462円/420pts
    日米親善試合のため、主将がチームを離れる3日間に備え、青道一軍に奥村と瀬戸が合流し、降谷も復帰が決まる。そして、東京代表に招集された御幸は、稲実グラウンドで成宮や乾、梅宮ら都内強豪校の錚錚たるメンバーと顔をあわせる。
  • 462円/420pts
    降谷の離脱で、試される青道の地力。千葉の強豪・鳴田工業との練習試合で先発を担った沢村は、堂々たる投球でチーム内外に存在感を見せつける!! 一方、山梨では稲実や市大三高、薬師、白龍という猛者達が、春季関東大会で激戦を繰り広げていた──。
  • 462円/420pts
    一軍も二軍も好成績を収め、GW遠征を終えた青道高校。各自の課題も見え、メンバーはそれぞれの背番号を目指し奮起する。白龍戦で活躍しながらも、さらなる上達を望む沢村の姿は、チーム向上の大きな原動力となっていた。一方、越えられない己の壁と向き合い、足掻いていた降谷に異変が‥。
  • 462円/420pts
    全国各地で強豪同士が激突する、5月の大型連休。夏前の調整として、青道高校も他校との練習試合に明け暮れる。連休2日目の対戦相手は、プロ注目の好打者・美馬を擁する、甲子園常連校の群馬・白龍高校。俊足揃いの超機動力野球に、先発・沢村が立ち向かう。
  • 462円/420pts
    紅白試合を経て一軍二軍を刷新し、青道高校野球部、本格始動! メンバーが個々にレベルアップを図ろうと試行錯誤する中、御幸は、沢村と降谷に1年生捕手とのコンビを促すが…!? 様々な思惑が入り混じり、GWの遠征が始まる!!
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP