TOP > 電子書籍 > 雪花の虎

ユキバナノトラ雪花の虎

シリーズ作品

  • 763円/694pts
    姫武将・長尾景虎、ご懐妊―――!? 天文二十二年(一五五三年)、 将軍の側近、進士源十郎と“女人禁制"の高野山にて、時を過ごす景虎。 女であることを打ち明け、気持ちを通わせ合うが、 互いの立場や身分を考え、それぞれの場所に戻ることを決意する。 そうして越後に戻り、粛々と城主として務める日々のなか、 景虎の体に異変が。 その様子を見た麦は妊娠の可能性を告げるが…… 戸惑い、悩む景虎、驚愕の長尾家中、 そして景虎に特別な想いを抱く宗謙もまた、 複雑な胸中を隠せないでいた――― 女・上杉謙信の一代記。 新たな局面を迎える、革新の第9集!
  • 763円/694pts
    強く気高い姫武将は“恋"をするか―― 天文二十二年(一五五三年)、秋。 景虎は京都上洛の道中、都を追われた時の将軍・足利義藤とその側近らと出会い、束の間の青春を謳歌する。 彼らと絆を結んだ景虎は幕府復権の手助けを約束。 義藤の側近・進士源十郎を伴い京、そして堺へと向かうことに。 そこでは、義藤と敵対する三好長慶とその義弟・千宗易(後の利休)が、景虎を“目利き"すべく待ち構えていた――― 狭い茶室で繰り広げられる、一触即発の神経戦。 そして、密かに進む武田の軍師・山本勘助による襲撃計画。 次々と襲いくる窮地に景虎は――!? 東村アキコが描く本気の大河ロマン。 女・上杉謙信一代記、動乱の最新第8集!
  • 763円/694pts
    第一次川中島の戦い、開幕。宿命の初対決! 天文二十二年(一五五三年)八月… 景虎は武田晴信(後の信玄)との初対決である 第一次川中島の戦いの最中にあった。 晴信が出方を窺い、塩田城に籠城する中、 景虎はシロを影武者に立て、 自軍を二手に分けて敵をかく乱する。 しかし、晴信も軍師・山本勘助をはじめ、忍びを長尾軍に差し向け、 景虎の狙いとその正体に迫るが……!? 大胆不敵な女と冷静沈着な男。 計五回、約十二年にわたる戦いの始まりは、 まるで恋の駆け引きのようだった―― 東村アキコが描く本気の大河ロマン。 女・上杉謙信一代記、胸熱くなる最新第7集!
  • 763円/694pts
    妹を守る。それが兄の“戦国"だった―― 天二十一年(一五五二年)、 穏やかに一年の始まりを祝う景虎たち。 戦乱が絶えぬ中、束の間の休息と思われたが、 武田晴信(後の信玄)の軍師、山本勘助がはなった「草」が越後に潜入… その陰は、隠居中の景虎の兄・晴景の周辺にも忍び寄る。 病弱、戦嫌い、家族想い。 時代と立場を誤り、生まれてきてしまった心優しい人。 景虎を女城主とし、陰ながら支えた彼にも、 歴史に記されなかった戦いがあった。 さらに、景虎に助けを求め、 関東から招かれざる客がやってくる。 いざ、新たな戦いへ―― 東村アキコが描く本気の大河ロマン。 女・上杉謙信一代記、第6集!
  • 763円/694pts
    川中島まであと数年…龍虎の激突前夜! 城主となった景虎と、甲斐の武田晴信。 後に終世のライバルとなる二人の、思わぬ場所での出会い。 女の姿の景虎に惹かれ、興味を持った晴信、 その一方で、景虎が抱いたのは――男への恐怖心だった。 武将として、城主として、女として…… 今後、男を恐れぬために、景虎は幼い頃から慕う兄僧・宗謙にある命を下す。 川中島での直接対決まであと僅か。 奪い合いの戦国の世、龍虎の激突前夜とは――!! 東村アキコが描く本気の大河ロマン。女・上杉謙信一代記、第5集!
  • 763円/694pts
    やさしい兄・晴景と、強い妹・景虎… 互いを想い合うふたりの本心とは裏腹に、それぞれを担ぐ者たちによって、越後は割れていた。 城主である晴景は、女ながらに武人として生きる景虎を守るため、形ばかりの挙兵をすることに。 遂に戦に突入した、兄と妹―― しかし、周囲の思惑のすれ違いから、ある事件が起き――!? 東村アキコが描く本気の大河ロマン。 女・上杉謙信一代記、第4集!
  • 763円/694pts
    跳梁跋扈の戦国の世。 女ながらに元服した景虎は、初陣を華々しく勝利で飾り、武人としての頭角を現す。 しかしそれは皮肉にも、当主である兄・晴景の評判を相対的に下げることとなった。 亡き父・為景の代からの家臣である黒田秀忠は、晴景を見限り謀反を起こす。 景虎は、黒田を制圧すべく挙兵するが……!? 少しずつ狂い始める運命の歯車。 優しい兄と強い妹。互いを想い合うふたりの美しい絆が、戦国の世では、悲劇の種となる―― 東村アキコが描く本気の大河ロマン。女・上杉謙信一代記、第3集!
  • 763円/694pts
    東村アキコが描く本気の大河ロマン。女・上杉謙信一代記、第2集! 天文九年(1540年)、虎千代11歳。 父・為景の隠居後、兄・晴景が長尾家の家督を継ぐと、荒れていた越後の情勢はますます悪化、長尾家は度重なる戦の渦中にいた。 その年の暮れ、虎千代の成長を見届けぬまま、為景が帰らぬ人となる。 愛する父の死に「この城を守るのは自分だ」と覚悟を新たにする虎千代だったが、明けて天文十年(1541年)、彼女の体に異変が起きる。 一方、隣国・甲斐の武田家では、当主・信虎の暴政に家臣たちの我慢も限界に達し、息子・晴信に ある決断を迫るが…… 後の上杉謙信と武田信玄。 いまだ相見えぬ終生のライバルの運命は今、大きく動き出そうとしていた―― 1集発売後即大量重版の注目作、待望の第2集が遂に登場!
  • 763円/694pts
    戦国の世を、義を貫いて駆け抜けた軍神・上杉謙信。 毘沙門天の化身とされる名将中の名将は、実は、女だった――― 時は享禄二年、1529年。 越後の春日山城城主・長尾為景の第3子が誕生する。 不甲斐ない嫡男・晴景に代わる後継ぎとして期待された赤子は、 しかし女児だった。 失望する為景だったが、すぐに決意を新たにする。 「この子を、姫武将として育てる」「名を虎千代とする」と―― 強い父、やさしい母、穏やかな兄、健気な姉に囲まれ、小さな山城でお転婆に育つ虎千代。 その双肩に背負う運命の重さを、未だ知るよしもなく……。 東村アキコが挑む本格大河ロマン、 越後の虎、女・上杉謙信の一代記がいま、始まる!!
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP