TOP > 電子書籍 > 五月原(セクハラ)課長のつぶやき

セクハラカチョウノツブヤキ五月原(セクハラ)課長のつぶやき

コミック立ち読み完結
6巻配信中
ジャンルコミック/青年コミック/仕事・職業
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミック
五月原(セクハラ)課長のつぶやき

シリーズ作品

  • 693円/630pts
    仕事はデキるが、やることなすこと裏目に出る。誤解と噂に尾ひれがついて、周囲の評価は「自業自得」。もはや「セクハラ課長」のイメージはひとり歩きを始め、本人とはまったく無関係な想像上の事件まで、みんなの記憶に上塗り保存される始末……そんな五月原課長の恥ずかしい毎日が、この第6集「盛衰篇」にて完結!! チャックは全 開、出世の道も閉ざされませんように。
  • 693円/630pts
    ケンカは売らぬが、ヒンシュクは買い占める。誤解と勘違いが、この男を日本一のセクハラ社員へと押し上げてゆく……出世欲は人一倍、性欲ばかり警戒されて、ポジティブで打たれ強い性格が災いしてか、今日もまたオフィスには、無数のため息が……五月原課長による誤解と恥のミルフィーユ、ねっとり塗り重ねて第5集・栄枯篇!!
  • 693円/630pts
    ●主な登場人物/五月原清隆(五月といえば「端午の節句」。それゆえ五月原を“セックハラ"と読まれ、“セクハラ"課長の名で皆に恐れられている、某社営業二課の課長。本人は“頼れる中間管理職"を自称している)●本巻の特徴/おなじみ特別企画として、「川上さんのなりゆき」、「営業二課のわななき」、さらに特別座談会「五月原課長のけつえき」を収録!
  • 693円/630pts
    ●主な登場人物/五月原清隆(五月といえば「端午の節句」。それゆえ五月原を“セックハラ"と読まれ、“セクハラ"課長の名で皆に恐れられている、某社営業二課の課長。本人は“頼れる中間管理職"を自称している) ●本巻の特徴/節分の豆まきにはじまり休日の卓球接待まで、OLたちや取引先の迷惑も顧みず、セクハラを連発する五月原課長。「ビッグコミック」2003年3号~2004年18号に掲載された本編の他、描き下ろしカラー漫画やコラムも満載!
  • 693円/630pts
    ●主な登場人物/五月原清隆(五月といえば「端午の節句」。それゆえ五月原を“セックハラ"と読まれ、“セクハラ"課長の名で皆に恐れられている、某社営業二課の課長。本人は“頼れる中間管理職"を自称している)●あらすじ/「セクハラ」という武器(?)をひっさげ、会社社会に敢然と立ち向かう五月原清隆。彼の行くところ、今日もOLたちの悲鳴がこだまする…。おかしくも悲しい男の生き様を描く、中間管理職ギャグ決定版!!●本巻の特徴/特別企画として、五月原の部下で最大のセクハラ被害者・宇野さんの入社から現在までを綴った「宇野さんのなりゆき」、五月原の日記「五月原課長のためいき」、登場人物紹介「五月原課長ととりまき」を収録。
  • 693円/630pts
    ▼第1話/男と女の初めての日▼第2話/男と女の週刊誌スキャンダル▼第3話/男と女の吉凶しばり▼第4話/男と女の懐妊劇▼第5話/男と女の昼下がりの○事▼第6話/男と女の聖夜は灯りを消して▼第7話/男と女の悲鳴はじめ▼第8話/男と女の下半身問題▼第9話/男と女の強制スキンシップ▼第10話/男と女の甘露なるイベント▼第11話/男と女の早春物語▼第12話/男と女の理容師にあれこれ▼第13話/男と女の新人にあれこれ▼第14話/男と女の白衣にあれこれ▼第15話/男と女の悩殺!勝負水着▼第16話/男と女の興奮!愛玩動物▼第17話/男と女のいけないビデオ鑑賞▼第18話/男と女のヘアー騒動▼第19話/男と女の疲労宴▼第20話/男と女の破廉恥対決▼第21話/男と女の夜のひそひそ話▼第22話/男と女のときめきサマーデー▼第23話/男と女のグッバイサマーデー▼第24話/男と女の超カ・イ・カ・ン~快汗~▼第25話/男と女の破廉恥対決再び▼第26話/男と女のおーごんの裸婦▼第27話/男と女の真昼間は別の顔?▼第28話/男と女の煩悩ネットワーク▼第29話/男と女の高嶺の花束▼第30話/男と女の世紀末10大ニュース▼第31話/男と女の愛のアミューズメントパーク▼第32話/男と女の反逆のメロディー▼第33話/男と女の愛のかけら集め▼第34話/男と女の甘美なる罠▼第35話/男と女の賞味期限▼第36話/男と女のあぶないふたり▼第37話/男と女の止まり木の夢▼第38話/男と女の夜のメガトン打線▼第39話/男と女の恋の総当り戦▼第40話/男と女のあやしい密室劇●登場人物/五月原清隆(五月といえば「端午の節句」。それゆえ五月原を“セックハラ"と読まれ、“セクハラ課長"の名で皆に恐れられている、某社営業二課の課長。本人は“頼れる中間管理職"を自称している)●あらすじ/営業二課の課長・五月原清隆…本人は全然そんな気ないのに、何気ないちょっとした行動がセクハラ扱いされ、“セクハラ課長"のあだ名で恐れられている、とっても気の毒な人である。行動すべてが裏目に出る男の生き様、笑ってばかりもいられない!?
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP