TOP > 電子書籍 > 月をさすゆび

シリーズ作品

  • 660円/600pts
    春から始まった僧侶への道は、いよいよ冬を迎え、 藤井善行が僧侶となるための1年という時間も終盤に入る。 学ぶこと、そして「僧侶」となる自分に対峙しながら、 ひとりの女性・日野灯との縁を感じ、思う。 自らの足下を踏みしめながら、 月を、ゆびさすさきを、信じて進む。
  • 660円/600pts
    福島での復興ボランティアが、四人それぞれの心に、 強く“何か"を与えた。 それは仏の道、己の道を真摯に考える一助となり、 四人の道がーー動き始める。 季節は秋に入り、学びの時間も後半を迎え、 「普通の人」だった男、藤井善行が歩む、 僧侶への道が、鮮やかに浮かび上がってゆく。 清楚な女性・灯への思慕も、 ほのかな恋として意識されてゆく。
  • 605円/550pts
    夏、学生達は北へーー被災地へ!! 一年間、仏教の学校に通うだけで 僧侶の資格を得ることができるーー 関東仏教学院に通い始めた藤井善行は夏休みに、 同級生から誘われて、東北の被災地へと ボランティアに向かう!!
  • 605円/550pts
    38歳、独身、カメラマンーーー デジタルカメラの台頭と共に、彼の仕事は確実に少なくなっていた。 そんな折、叔母から進められたのは 僧侶になる専門学校に通うことだった!! 「たった一年、夜間の専門学校に通うだけでいいんだから!」 甘い誘いに乗り、関東仏教学院に向かった彼が出会ったのは…!?
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP