TOP > 電子書籍 > 響~小説家になる方法~

ヒビキショウセツカニナルホウホウ響~小説家になる方法~

コミック立ち読み完結
13巻配信中
ジャンルコミック/青年コミック/ヒューマンドラマ
出版社 小学館
掲載誌 ビッグスペリオール
響~小説家になる方法~

シリーズ作品

  • 605円/550pts
    響、大きな世界に向け新たなる道へ…!! デビュー小説『お伽の庭』が、芥川賞と直木賞をW受賞するという快挙を成し遂げた鮎喰響。 常に己の信念を曲げない響は、その行動で世間の価値観を揺さぶってきた。 そしてそんな彼女も高校生活の最後を迎える。 『お伽の庭』のコミカライズを目論む天才マンガ家との対決や、50年ぶりに文芸誌が創刊される中、響は自分の将来に向け大きな一歩を踏み出そうとする…!!
  • 605円/550pts
    デビュー小説『お伽の庭が、芥川賞と直木賞をW受賞するという快挙を成し遂げた鮎喰響。驚異的な現役JKの存在に世間は振り回されるが、響本人は変わらず平穏な日常を送っていた。 そして高校生活最後の1年が幕をあける。 一方文芸界では、響の担当編集・花井が編集長となり純文50年ぶりの新雑誌が創刊されることに…! その目玉企画に響の新作が! だが、目の離せない文芸界をよそに、響にある天才漫画家が接触する…。 果たしてその真意とは…!!
  • 605円/550pts
    響、高校生活最後の1年が始まる。 デビュー小説『お伽の庭』が、芥川賞と直木賞をW受賞するという快挙を成し遂げた鮎喰響。驚異的な現役JKの存在に世間は振り回されるが、響本人は変わらず平穏な日常を送っていた。 そんな中、全国高校文芸コンクールで文部科学大臣賞を受賞したことで、響は世間の注目を集めてしまう。しかし、響の奇策で執拗なマスコミ攻勢はひと段落。 そして高校生最後の年が始まった。
  • 605円/550pts
    波瀾の表彰式! 響vs.加賀美文科大臣! デビュー小説『お伽の庭』が、芥川賞と直木賞をW受賞するという快挙を成し遂げた鮎喰響。驚異的な現役JKに世間は熱狂するが、本人は特に気にすることもなく日常を過ごしていた。そんな中、文芸部は花代子の発案で全国高校文芸コンクールに参加することに! そして響は最高の賞である文部科学大臣賞を受賞してしまう。特に気にする風もない響だったが、授賞式には表彰状を渡すために文部科学大臣の加賀美が現れる。総裁選の最中、自らの野望に燃える加賀美は、響の正体を芥川・直木賞を受賞した「響」と見抜き、利用しようと画策するが……
  • 605円/550pts
    波瀾の全国高校文芸コンクール!! デビュー小説『お伽の庭』が、芥川賞と直木賞をW受賞するという快挙を成し遂げた鮎喰響。驚異的な現役JKの存在にざわめく世の中。 響に目をつけた天才プロデューサー・津久井との対決も終わり、響にも平穏な日常が戻る。 そんな中、文芸部は花代子の発案で全国高校文芸コンクールに参加することに! 響という圧倒的天才に焦がれる同じ文芸部の1年生の咲希は、コンクールで自分の夢に挑戦する! 果たしてその結果はいかに……
  • 605円/550pts
    異能のプロデューサー・津久井、響を挑発! 15歳という若さで芥川賞・直木賞をW受賞した天才文学少女・響。誰にも媚びず、自分の価値に揺るぎない自信を持つ彼女の振る舞いは、周りの全てを刺激し変化させてゆく。 そして、その才能の前に現れた一人の男。テレビ業界で知らぬ者はいない、天才プロデューサー津久井は、響のその才能を己の野望のため利用しようとする。 果たして、響と津久井の苛烈なる戦いはどんな結末を迎えるのかーー!! 「天才」とは何かを描いた、今最注目の刺激的エンタテイメント!! *電子版のみの特典として、漫画をリアルに再現する異能の集団・アニマリアルとのコラボ企画「リアル響」も収録! リアルに再現された圧倒的存在感の「響」を是非お楽しみください!
  • 605円/550pts
    加代子が勝手に応募したことで、自分が描いた小説が知らぬ間に「アニメ化」まで進められそうになった響。仕組んだのは剛腕プロデューサー・津久井。ふたりのバトルが始まる!?
  • 605円/550pts
    わずか15歳で、史上初の芥川賞・直木賞の同時受賞をなしとげた響。 一躍時代の寵児となった彼女をまず待ち受けてい受賞記者会見で、大暴れ。 過熱する一方の世間の中、彼女は高校2年生に!
  • 605円/550pts
    弱冠15歳、デビュー作品にして、 史上初の芥川賞&直木賞のWノミネートという快挙を成し遂げた、鮎喰響。 世間が大きく騒ぎ、文学界が慌てふためく中でも、 あくまで自分の生きる態度は変わらない響。 そんな中、運命の受賞作発表の日がやってくる......!!!
  • 605円/550pts
    ついに小説家デビューした、リカと響。 リカの単行本は、デビュー作にして空前の大ヒットを記録する。 一方、響の小説への反響はまだ小さい。 芥川賞を狙う、と響に打ち明けるリカ。 しかし響は、そのリカの小説を「つまらない」と感じてしまう。 リカを親友だと思えばこそ、自分の感想はそのまま伝えたい。 そんな中、芥川賞の候補作が発表される。 それは誰もが予想できないものとなる。 文学がつないだ二人の友情に、 文学が亀裂を入れてゆく。
  • 605円/550pts
    響が新人賞に投稿した小説は、 それを読んだ審査員の人生観を変えてゆく。 その圧倒的な才能に惚れ込んだ文芸編集者の花井は、 編集部で、響とはじめて打ち合わせをする。 響のことなら、なんでも知りたい花井。 しかし天才少女は、 自分の尺度と現実とのギャップを埋められず、 発する言葉も行動も 予測が不能。 響の目にこの世の中は一体どう映っているのか。 花井は響に当惑するほどに、 響とは何かをますます知りたくなる。
  • 605円/550pts
    15歳の鮎喰響は、 文芸誌の新人賞に 自分への連絡先を伏せて小説を送りつける。 編集者の花井は、その小説を読み、 この作者なら文芸に革命を起こせる、 文芸の力で世界を変えられる、と確信。 名前しか手掛かりがない中、響を捜し出そうとする。 そうとは知らない響は、 周囲とギクシャクしながらも 高校の文芸部に入部。 みんなと部誌を作るため 新たな小説の執筆に取りかかる。
  • 605円/550pts
    とある文芸編集部の新人賞宛に送りつけられた、直筆の投稿原稿。 編集部員の花井は、応募条件を満たさず、 ゴミ箱に捨てられていたその原稿を偶然見つける。 封を開けると、これまで出会ったことのない 革新的な内容の小説であった。 作者の名は、鮎喰響。連絡先は書いていない・・・
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP