TOP > 電子書籍 > ランド

ランド

コミック立ち読み
11巻配信中
ジャンルコミック/青年コミック/社会・思想・政治・宗教
出版社 講談社
掲載誌 モーニング
ランド

シリーズ作品

  • 770円/700pts
    “空"に穴が空き、大混乱が訪れる「この世」で、“文字"を知る杏は多くの者の心を掴む。そして彼女は世界を繋げるべく、動き出す。捨吉は病に臥(ふ)せるアンのため、急激に“老い"が押し寄せる「あの世」へ。なすすべもなく惑う人ごみの中で出会ったの者とはーー。平治、我次郎は山之内父と出会い、荒唐無稽な夢は現実味をおび始める。小さき者たちが運命に突き動かされる頃、かりそめの世界は、もう崩壊寸前。
  • 671円/610pts
    “空"に穴が空き、大混乱が訪れる「この世」で、“文字"を知る杏は多くの者の心を掴む。そして彼女は世界を繋げるべく、動き出す。捨吉は病に臥(ふ)せるアンのため、急激に“老い"が押し寄せる「あの世」へ。なすすべもなく惑う人ごみの中で出会ったの者とはーー。平治、我次郎は山之内父と出会い、荒唐無稽な夢は現実味をおび始める。小さき者たちが運命に突き動かされる頃、かりそめの世界は、もう崩壊寸前。
  • 770円/700pts
    捨吉に捕縛されたアンは眠りの中で、もう取り戻せない時の甘美な夢に浸る。どうしようもない衝動に、走り出した杏(あん)は堀の内で、和音に出会う。溢れだす思いに、和音は・・・。「あの世」の一般人、山之内(やまのうち)親子は自らの暮らしの異常さに疑問を抱き、動き出す。永遠にそして漫然と続くはずだった世界は音を立てて崩れ始めた――。
  • 660円/600pts
    激しい怒りはアンを「この世」へと突き動かした。それに呼応するように杏は・・・。「この世」で平太は出会い、「あの世」で平治は知った。親子の「世界」は広がっていく。しかし、大きな闇は未だ隠されたまま。音もなく蔓延する「絶望」を振り払うため、気づいた者たちが蠢動していく。
  • 770円/700pts
    「あの世」で普通の高校生活を送るアン。かりそめの平穏のなかに生きるが、真実を求める心が芽生え始め…。子捨ての役を命じられた捨吉、その捨吉にほのかな恋情を抱く蓮華、次第に明かされていく二人の過去。「あの世」と「この世」。その原点には、幼き頃の天音と和音の記憶が。揺れ動きだしたら、もう止まらない。世界が向かうのは希望か絶望か。
  • 770円/700pts
    無罪となって解放された杏だったが、自分の代わりにまた子供たちが生け贄にされると知り、衝撃を受ける。その心の揺らぎは遠く離れたアンにも伝わり、涙があふれた。動揺する二人をよそに、ランドを統べる天音と和音、そして蓮華の思惑は交錯し始め…。
  • 770円/700pts
    7年間、平和な日々が続いていた「この世」。しかしある日の夜、四ツ神様が動き「この世」はパニックに。そんななか、四ツ神様が動くのには何か仕掛けがあると考えた杏は・・・。「この世」と「あの世」で、各々の人生を必死に生きる杏とアン。彼女たちに壮絶な運命が迫りくる! 謎が謎を呼び、不安が不安を呼び起こす、怒濤の展開! そして、瞳に映るものが正しいとは、限らない・・・。
  • 770円/700pts
    杏の家が焼かれ、真理の心が壊れた混乱から7年の歳月が流れた。自分たちの住む世界のことを知り、大人へと成長してゆく杏とアン。人も変わるし「この世」も変わる。平穏な日々を過ごす彼女たちが知らないことは多くある。すべては「彼」の手の内にあることも、知らない…。「この世」を捨てる。「あの世」を見なくなる。文字を知る。そして、闇夜が怖くなる。世界が動く、第4巻!!
  • 880円/800pts
    村人と山の民を巻き込んだ混乱の果てに、叔母・真理の心は壊れ、父・捨吉は死んだ。すべては、好奇心からしきたりを破り、「あの世」に近づいたせいなのか。責任を感じ、「あの世」への思いを断ち切ろうとする杏の前に、再び和音が現れる。「この世」と「あの世」を繋ぐ、禁断の「武器」をたずさえて――。この物語で描くのは、山下和美が描く、日本という国への不安。
  • 880円/800pts
    杏の犯した「罪」。──そして罰。「この世」のすべてが敵になろうとも、杏は強く前を向く。────『天才 柳沢教授の生活』『不思議な少年』で人間を見つめ続けてきた山下和美が挑む新境地!
  • 880円/800pts
    ~その村では人は必ず50歳で死を迎える~。村人を縛るしきたり、「あの世」と呼ばれる山の向こう。双子の姉を生け贄に捧げられた少女・杏。獣の皮をかぶった役人達が取り仕切る「この世」と呼ばれる村で神に見守られて暮らす人々。そして、不思議な山の民。杏が見つめる先には希望も絶望もある。この物語で描くのは、山下和美が抱く、日本という国への不安。
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP