TOP > 電子書籍 > 阿・吽

シリーズ作品

  • 660円/600pts
    理想と現実の狭間で巨人達がぶつかり合う! 強烈に惹かれ合う、 最澄と空海… 密教の灌頂式を受けるため 空海の元を訪れた最澄は言う 「自分を弟子にしてほしい」と… 一方、坂上田村麻呂の死の裏には 藤原冬嗣の影がちらつく…
  • 660円/600pts
    最澄と空海が、再び出逢う・・・!! 東大寺別当となり南都の間でも、 その力が認められる空海。 後継者にと目をかけていた、 泰範が比叡山へと降りてしまい、 失意のどん底に落ちる最澄。 しかし、二人の心はより強く惹かれ合い、 最澄は空海の待つ乙訓寺へ・・・
  • 660円/600pts
    炎の男・坂上田村麻呂が立ち上がる!! 桓武帝崩御後、暗雲立ち込める朝廷。 そして、平城天皇が退位、嵯峨天皇の御世となる。 そんな中、空海は嵯峨帝と歴史的な出会いを果たす。 一方、最澄の状況は、ますます厳しいものに…!? 朝廷内を揺るがす“平城上皇の変"(薬子の変)で 坂上田村麻呂が見出した「正義」とはー---!? そして、空海と最澄、二人の天才が刻み付ける生き様とは!? 絶望と希望を抉り出す、第9集!!
  • 660円/600pts
    空海と最澄!激動の時代に立ち向かう二人 既刊重版続々! 唐で留学生として学ぶ空海は 期間20年の決まりを破って、日本帰国を目指す! 一方、ひと足先に帰国した最澄は 桓武天皇の崩御による政変に巻き込まれていく… 8世紀の平安期、二人の天才・空海と最澄を おかざき真里が華麗かつ剛胆な筆致で描き出す 圧倒的歴史大河ロマン第8集!
  • 660円/600pts
    夢枕獏、絶賛!唐に渡った空海と最澄は!? 弘法大師の名で日本人誰もが知る男、空海。 比叡山延暦寺の開祖、最澄。 遣唐使として唐に渡った二人の人生は、岐路を迎える! 遣唐使の任を終えて、帰国した最澄を待っていたのは… 策略入り乱れる朝廷! 一方、長安に残り、密教の深奥部へ突き進む空海もまた 巨大な存在にぶち当たる… 激動の展開を見せる“刮目の第7集"登場!!
  • 660円/600pts
    遣唐使として遂に唐に渡った空海と最澄。 天台で研さんを積む最澄と、長安で様々な出会いを繰り返す空海。 日本仏教の2大巨頭が唐の地でそれぞれつかんだものとは!? そして、二人に重大な岐路が訪れ--運命と選択の第6集!!
  • 660円/600pts
    遣唐使に選ばれ、世の注目を集める最澄。 その選に漏れ、更なる荒行に邁進する空海。 仏教史に名を残す二人の天才が遂に運命の邂逅を果たす… 果たして彼らの思いは海を越えるか!? 物語の舞台はいよいよ中国へ! 激動の第5集!
  • 660円/600pts
    仏教の真髄を求め、最澄と空海は奇しくも同じ地・唐を目指すことに。 だが、遣唐使となるには、それぞれに高い壁が立ちはだかり… 一方、桓武天皇とその息子・安殿親王との間に、決定的な確執が生まれ… 各人の思惑が絡み合い、最澄と空海、二人の天才の運命を変えていく 衝撃の第4集!!
  • 660円/600pts
    空海がまだ空海となる前…… 荒行を繰り返す真魚(まお・空海の幼名)に危うさをみた師・勤操(ごんぞう)は 真魚を成長させるため、虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)を教える。 それは、ただ経を100万回唱えるという単純で、かつ想像を絶するほど 厳しい修行だった…… 「生きては戻れない」やもしれぬ修行の先に、 真魚は何をつかむのか!? 真魚が「空海」となる青年時代を描く、第3集!!
  • 660円/600pts
    山籠りを続ける最澄。 正しさを説く彼を慕う者たちが次々と集まるが、ある日、その正しさを揺がす事件が起こります。 一方、都ではサプライズ人事で王になるべく生まれていない、桓武が帝になります。 不安が蔓延してゆく日本の中枢で、人々に求められたものは果たして何か―― 空海、最澄ふたりの天才を描く話題作、待望の第2集の登場です! 世界を変える男たちの物語がまた一歩、動き始めます。
  • 660円/600pts
    日本仏教の要である、比叡山延暦寺の開祖である最澄、 弘法大師の名で日本人なら誰もが聞いたことがある空海。 レオナルド・ダ・ヴィンチにも匹敵するといわれる日本史上、 比類ない天才である、最澄と空海がまさに華麗に、繊細に、 そして豪快に描かれる人間ドラマです! 平安の世、当時のニッポンを変えた!といっても過言でない このふたりは、その青年期は人も羨むエリートコースを 歩んでいたが・・・・・・・・・・・ 本作『阿・吽』は、『サプリ』『&-アンド-』で女性の心情を 美麗な筆致で、細やかに描いてきた著者の新境地です!
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP