TOP > 電子書籍 > 帝王

シリーズ作品

  • 605円/550pts
    新たに進出した六本木店の売り上げの低さを不審に思った竹原は、翔と共に直接店へ赴くことに。そこで黒服たちから、今田が売り上げ金を横領しているのではないかという報告を受ける。詳しく調べてみると約5千万の損失が発覚。今田を本社へと呼びつけ問いただすと、確かに横領を行なっていたことを告白する。竹原は警察に届けようとするが、それに対して翔は…。
  • 605円/550pts
    キャバクラの経営とは別に、イベント会社社長・田中と衣料品卸を始めた翔だったが、借金してまで用意した資金の5千万円を田中に騙し取られてしまう。途方に暮れたまま金主である大崎のもとを訪れ事の顛末を告げると、今回の事は人生勉強と捉えるように諭される。トラブルを乗り越え、借金を返済するために、翔はどん底からの再起を誓う…。
  • 605円/550pts
    新天地・南越谷で3号店となる「エメラルド」を開いた翔だったが、思いのほか客足が伸びず落ち込んでしまう。しかし、キャストの出した手紙がきっかけで指名客が来店。再教育を受けた従業員たちの接客態度に好感を持った客は、口コミで宣伝することを約束する。これまでのやり方が間違っていなかったことを確信した翔は、さらに新たな手で売り上げを伸ばそうとして…。
  • 605円/550pts
    店のキャストである明菜から男女の関係を求められる翔だが、店のタブーを犯すことは出来ず、断ってしまう。飛び出していった明菜を追いかけることも出来ず、途方に暮れていたところへ小川が現れて、相談に乗ってもらうことに。キャストとの関係を近すぎず遠すぎずの微妙な距離に置くことをひとまずその場の解決策としたが、小川の態度はどこかあせっているようで…。
  • 605円/550pts
    キャバクラ事業に専念し、順調に成長を続ける「ジュエル」。だが、階下の同業店「シャングリラ」の従業員はそれを逆恨みし、因縁をつけ始める。なんとか一触即発は免れるものの、状況は次第に悪化。ついには「シャングリラ」キャストの女の子5人が「ジュエル」に入りたいと言いだして…。
  • 605円/550pts
    オーナーの破産により閉店を余儀なくされた「シャルマン」。翔は自らオーナーとして店再開を決意し、大家の大崎に不動産契約を申し込むも、保証人なしでは貸せないと断られてしまう。自分の甘さを思い知り落ち込む翔だったが、そこで偶然「シャルマン」の常連客だった「大将」と出会い、相談してみたところ、なんと彼が快く保証人を引き受けてくれることに…。
  • 605円/550pts
    蓮の汚い手段により指名客を奪われてしまった翔は、誤解を解くために自分を今まで指名してくれた客に連絡を取る。誠心誠意の説得のかいもあって、客の大半は指名を翔へ戻すことに。そして、蓮の仕打ちを許せないと思った翔は、負けたほうが店を出ていく「1週間の売り上げ勝負」を挑む…。
  • 605円/550pts
    野球に捧げた高校時代。卒業後は野球チームのあるメーカーに就職し、恋人もできてハッピーな毎日を送っていた翔。だが、変化も刺激もない単純作業を何十年も続けることに恐怖を覚え、半年で退職。さらに親友・金田の誘いで、トラック運転手として働き始めるが、金田が仕事中に事故死し、そのショックからまたも退職。そんな翔のもとへ、親友の小川が「ホストに彼女を奪われた」と喧嘩の立ち会いを頼みに来て…?
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP