TOP > 電子書籍 > フットボールネーション

フットボールネーション

コミック立ち読み
15巻配信中
ジャンルコミック/青年コミック/サッカー
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミックスペリオール
フットボールネーション

シリーズ作品

  • 605円/550pts
    橋本拳人選手、大絶賛!! 日本代表/FC東京の中盤を支えるボランチ、 橋本拳人選手、大絶賛!! 「世界に近づくためにはこの本だ。 サッカーをプレーする上で、自分の身体を上手に扱い、操ることは重要です。 たとえば重い負荷で筋力トレーニングをがむしゃらに取り組むよりも、 まずは自分の身体を理解し思った通りに動かせることが、 強く速く動けるコツ、一番のポイントだということを、 この本は教えてくれます。 自分が取り組んでいる身体づくりの、 キーワードとなるものがこの本にはたくさんちりばめられていて、 自分自身勉強にもなるし多くの学びを得ることができます。 自分の取り組みにもさらに自信を持つことができますし、 読み応えのある漫画だと思います。 ぜひ、みなさんも手に取って読んでみてください!」 巻末には、 橋本拳人選手と作者・大武氏が「身体の使い方」について語り尽くす 特別対談も収録!! 【あらすじ】 東京クルセイドvs.横浜ユナイテッド、 沖 千尋vs.一ノ瀬 迅! 天皇杯決勝、後半戦も残り半分!! マリオのゴールで 2-1とリードした東クルだが、 謎の高卒ルーキー・筧 虎之丞の投入をきっかけに、 流れが変わり…?
  • 605円/550pts
    日本代表レジェンド、松井大輔選手推薦!! 元日本代表、現在は横浜FCで活躍する、 松井大輔選手、感嘆!!!! 「海外に出てプレーしてみて初めて肌感覚で分かる事が、 日本で漫画で読めて理解出来るというこの幸せ。 自分ももっと若い頃にこの一冊に出逢いたかった! 保護者や指導者の皆さんも、必読です。」 さらに、 松井大輔選手と作者・大武氏の対談も特別収録!! 【あらすじ】 運命の天皇杯決勝!! 遠山の今大会初得点で東クルが先制し、 前半は終了―― しかし後半開始早々、 フォーメーションを変えた横Uは 間宮のゴールで同点に! 東クルは試合の流れを 取り戻せるか!?
  • 605円/550pts
    遠藤航選手、推薦!!!! 日本代表/シント=トロイデンVVで活躍する世界基準のボランチ、 遠藤航選手、推薦!!!! 「海外選手より身体能力で劣る日本人が、 世界で頭を使い戦い抜く為に読まなければいけない一冊であり、 僕自身も勉強になりました。」 全てはこの試合のために… アマチュアチームvsJリーグの名門、 異例づくめの天皇杯決勝!! 完全アウェイな雰囲気ながら、 序盤からペースをつかんだのは東クル! 日本代表FW・間宮の猛攻もしのぎ、 遠山が決定的なシュートを 放つが―――!? 息つく暇なし、待ったなし…運命の後半戦へ突入!! さらに特別編、作者が弾丸取材した、 「ロシアW杯観戦記」も収録!!
  • 605円/550pts
    「世界基準」を日本に見せつける! 天皇杯決勝進出を決めた喜びも束の間、 沖たちの過去をマスコミに かぎつけられて騒ぎに。 しかし、三枝渾身の記事でスキャンダルも沈静化! 不安材料は全て消え、いざ、一ノ瀬が待つ、 元日決戦の舞台へ――!!
  • 605円/550pts
    天皇杯決勝を懸けた、サドンデスPK戦! 白熱する天皇杯準決勝! 宇田川の安定した攻撃参加を起点に、 マリオと沖の活躍で勝ち越した東京クルセイドだが、 後半終了間際に失点し、PK戦へ―――! スカウティングと心理的駆け引きで優位に立つも、 勝利がかかったラスト1本を鳥海がまさかのミス! 勝負はサドンデスに突入―――!
  • 605円/550pts
    イワンが出場出来なくなった天皇杯準決勝。 舞台は大阪、対する相手は日本代表GKを擁するアスレティック北海道。 試合開始早々に宇田川のミスで東京クルセイドが失点。 沖やマリオ、鳥海が果敢に攻めるも、代表GK、石堂は堅実なセービングを繰り返す。 0-1のまま、健闘むなしく前半終了を告げる笛がなり、 試合は天皇杯決勝行きを懸けた後半へ―――!!
  • 605円/550pts
    東京クルセイドの正ゴールキーパー・イワンが 出場できないことになった天皇杯準決勝。 対するは、日本代表ゴールキーパー・石堂を擁し、 優勝経験豊富な強豪・アスレティック北海道。 勝敗は第2ゴールキーパー・宇田川の上達に掛かっている――――!! 東京クルセイドに新生守護神、誕生なるか――――!?
  • 605円/550pts
    天皇杯準々決勝、東京クルセイドに対するは日本代表クラスの選手を多数擁するJ1の古豪・愛知サッカークラブ。 愛知SCの主力温存という油断をつき前半から2点のリードを奪った東クル。 綿貫やトカヴィッチなど、主力を投入してきた愛知SCに対してアマの精鋭、東クルは…!? ディフェンス改革に取り組んできた東クルの成果を見よ!!
  • 605円/550pts
    天皇杯4回戦で沖千尋を欠いたままJ1のバクレータ高知と一進一退の激戦を繰り広げる東京クルセイド。イワンの声が出るようになり、少しずつ本調子に戻ってきたクルセイドは… 一方、千尋は引きこもっている兄との会話で自分がサッカーを始めるきっかけとなった出来事を知ることに…
  • 605円/550pts
    元日本代表選手を父にもつユース選手・楠木に、対戦相手だった東京クルセイドの監督・高橋は、周辺視野と走り方の大切さを説く。 一方、次戦の天皇杯4回戦はついにJ1のプロチームとの試合。 しかし、ボランチ沖は過去の因縁から……。危うし東京クルセイド!
  • 605円/550pts
    次戦の天皇杯3回戦は、J2湘南ウェイブズとの対戦。東京クルセイドの守備陣は、ゴールキーパー・イワンのコーチングのなさに最大の不安を感じていた。 湘南ウェイブズは、新加入の外国人フォワード二人と左サイドバックが活躍し、J2で好成績をおさめているチーム。 一方、以前は湘南ウェイブズに所属していた鳥海は、かつてベンチ外からスタメンで活躍するその姿を歯噛みしながら見ていた司令塔・秋庭匠が、今は湘南のチーム内で冴えない存在だと聞かされて…… (科学指導:高岡英夫〈運動科学総合研究所〉)
  • 605円/550pts
    天皇杯2回戦・RSユース戦で、東京クルセイドは前半"誤審"を恐れ「撃たせて捕る」作戦を展開。しかし、弱点・右SBを相手の10番に衝かれ、千尋がナイスカバーをするが、ファウルを取られ、FKで1点を先取される。だが、高橋監督は余裕の表情でゲームの成り行きを見ていた。そのまま前半終了後、高橋は、千尋の能力の一端が幼いときからの「イメトレ」によるものだと知るが…。そして、後半開始早々「東クル」はいきなり――!!
  • 605円/550pts
    本気で天皇杯優勝を目指すアマチーム「東京クルセイド」は、沖千尋抜きで本選出場を決めるが"二人の秘密兵器"に思わぬ欠陥が露呈し、不安を抱えていた…!? 一方、記者・三枝に、突然"友達"千尋の話を振られた天才高校生Jリーガー・迅は不快感を思い起こすが…まだ千尋の現況を知らない。だが、運命の糸は再びーー!?
  • 605円/550pts
    一風変わったカントク・高橋のもと、本気で天皇杯優勝を目指すアマチーム「東京クルセイド」--だが、チームの中心になろう沖千尋は年齢制限で本大会まで出られない。そんな中、千尋の働きで、「東クル」に欠けていた"強いチームには絶対不可欠なピース"が埋まる…!? 一方で、高橋は千尋について、彼の致命的欠陥を指摘し!! 日本を、真の「サッカー先進国」にするために…??の思いも詰まった、本格サッカー漫画!待望の第2集!!
  • 605円/550pts
    サッカー雑誌の女性カメラマン・緒形は、ある時、アマチーム「東京クルセイド」の取材を命じられる。そのチームの選手応募要項は「脚のきれいな選手求む!」・・・ふざけたチームだと、しぶしぶ河川敷に出かけた緒形だったが、そのチームとは別に、ある才能に出会う!河川敷を根城に、草サッカーチームの助っ人をしている“ジョーカー"こと沖千尋だった。その才能に目をつけた「東京クルセイド」の監督も、千尋をチームの助っ人として依頼する。「パスミスになるけど・・・」-全力でやるように監督に言われた千尋は、大胆な発言をする。初めは宣言通りパスミスを繰り返していた千尋だが、チームメイトが彼の実力を認め、彼の意図通りに走り出したらパスが面白いようにつながるようになる。これだけの才能がなぜ、今まで埋もれていたのか?試合後、チームメイトの誰もがそう思いつつも、千尋をチームに迎え入れようとする。だが、当の千尋がそれを拒否!今をときめく高校現役Jリーガー、一ノ瀬迅とも浅からぬ因縁がありそうな千尋、彼の正体は一体・・・!?また、「東京クルセイド」監督が求める「脚のきれいな選手~」の真意とは!?
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP