TOP > 電子書籍 > アサシン(暗殺者)蘭

アサシンランアサシン(暗殺者)蘭

シリーズ作品

  • 462円/420pts
    東京でハーブ店を営む冴草蘭。だがそれは彼女の表向きの顔。その裏には非情な暗殺者としての顔がある・・・。ここしばらく、新たな依頼も入らず平穏な日々を送る蘭。ハーブ店の常連客・穂高に誘われドライブにも。だが、憩いの時も束の間、そこで何者かに命を狙われ、穂高も人質にとられてしまい!?
  • 462円/420pts
    法で裁けぬ悪を討つ暗殺者・冴草蘭。彼女の今度の標的は、横浜で続発しているアベック襲撃事件の犯人。この事件はアベックの男性を絞め殺し、女性を強姦して体中をナイフで切り刻むという残忍なもの。依頼主は被害者の娘の父親だ。この極悪非道の犯人を抹殺するため、蘭は調査を始めるのだが!?
  • 462円/420pts
    「暗殺者(アサシン)」・冴草蘭は芳香療法の研究者として病院に招かれる。その病院は著名人の患者が多く、一般病棟と個室病棟とに分けているのを特徴としていた。そこで蘭は手術を拒否し続けている患者・堀田と知り合う。彼はルポライターで、一般病棟と個室病棟の患者の死亡率が違うことに疑惑を抱いており・・・!?
  • 462円/420pts
    表向きはハーブナー、だがひとたび依頼を受ければプロの殺し屋となる冴草蘭。彼女の今度の標的はシチリアのマフィアの首領。マフィア撲滅に燃え、彼らに殺された判事の娘からの依頼だった。シチリアへ渡る船上で蘭は10年ぶりに戻ってきたという標的のひとり息子と知り合い、接近するのだが・・・!?
  • 462円/420pts
    冴草蘭はプロの殺し屋。普段は東京の郊外で、小さなハーブ店を経営している。他人とあまり親しくせず、ひっそりと暮らす蘭だが、店の常連の料理人・穂高には心を許してしまいそうになり、とまどう。だが、新聞ニューヨークタイムリー紙に殺人の依頼を意味する暗号文が載ると、非情な殺し屋の顔に・・・。
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP