TOP > 電子書籍 > やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。@comic

ヤハリオレノセイシュンラブコメハマチガッテイルやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。@comic

シリーズ作品

  • 660円/600pts
    彼らの青春は予測不可能―― 総武高校主宰プロムナードの依頼を受けた八幡たち奉仕部。その依頼の合間に八幡と結衣は小町の入学祝いを選ぶためホームセンターに出掛ける。小町が気に入りそうなプレゼントを探す二人の様子はまるで・・・デートしているカップル!?そんなデートみたいなお出掛けを終えた翌日、突然いろはが血相を変えて教室に入ってくる。そこで彼女が告げた一言がプロム開催に暗雲が漂う事態に――
  • 660円/600pts
    物語はクライマックスへ! プロム編突入! TVアニメ第3期好評放送中の大人気ライトノベルを完全コミカライズ! 季節は春へ。八幡と結衣はそれぞれの想いを打ち明け、雪乃もまた「最後の依頼」という形で、自分の想いを打ち明ける。 そんな中、一色いろはが奉仕部を訪ねてくる。今回の依頼は、学校の卒業式をプロムナード形式にして盛り上げたいという依頼だった。 雪乃はその依頼を一人で解決したいと二人に伝えるのだが――?
  • 660円/600pts
    大イベント・バレンタインに奉仕部が挑む! 2月14日。女子も男子もソワソワしてしまうイベント・バレンタイン。そんなイベントには興味のない八幡だったが、奉仕部に三浦から甘い依頼が舞い込んでくる。「葉山に手作りチョコを渡したい」という依頼なのだが、葉山はチョコを誰からも受け取らないと公言していた。八幡たちは葉山にチョコを受け取ってもらうため、料理教室企画を立ち上げるのだが――? 4月よりテレビアニメ第三期放送開始の超人気作を完全コミカライズ!
  • 660円/600pts
    比企谷と葉山が激突!? そのワケは…? 奉仕部にやってきた新たな相談者は、女帝・三浦優美子だった。彼女からの依頼は、「葉山の進路が知りたい。」というものだった。しかし、葉山は誰にも自分の進路を明かそうとせず、調査は難航してしまう。進路調査票提出の期限が近付く中、八幡はとあるイベントで勝負に出る――!?
  • 660円/600pts
    八幡たちに、新たな季節がやってくる―― 後輩・いろはのワガママに振り回されたり、小町と一緒に初詣をしたりと、あわただしくも賑やかな日常を送る八幡。 新年を迎えた彼は、結衣とともに雪乃の誕生日プレゼントを買いに行くことに。 しかし、まるでデートのようなイベントは、雪ノ下陽乃との遭遇により、思わぬ方向へと転がることに……!?
  • 660円/600pts
    合同クリスマスイベント編、完結――!! 奉仕部全員で合同クリスマスイベントに挑むことになった八幡たち。雪乃と結衣が加わったことで、依頼もスムーズに解決するかと思ったが、玉縄たちとの会議は相変わらず何も進展がないままだった。そんな中、平塚先生の提案で、奉仕部&いろはの四人はディスティニィーランドへ行くことに! なぜか現場には、葉山一行もいて……? 合同クリスマスイベント完結までを収録した第12集登場――!!
  • 605円/550pts
    大ヒット青春群像ラノベを完全コミカライズ 奉仕部に持ち込まれた生徒会選挙に関わる依頼は、八幡の策が功を奏し無事に解決。そして早速、新生徒会長より、初仕事となる他校との合同クリスマスイベントの手伝いを依頼される。問題が山積みの企画だが、八幡は一人で依頼を受けることに。一方、選挙以来わだかまりが残る三人の関係の行方は!?
  • 605円/550pts
    後味の悪さを残した修学旅行を終え、日常に戻った奉仕部。 そんな折、奉仕部に生徒会長選挙に関わる依頼が持ち込まれる。 お互いのやり方を認められないまま、奉仕部の三人はそれぞれが別のやり方で依頼に対することに…!?
  • 605円/550pts
    京都への修学旅行を前に、奉仕部に意外な人物からの依頼がやってくる。しかも、その内容は恋の相談!?さらに、その依頼には他の人物の思惑も重なっていて……? 八幡たちは解決方法を導きだせるのか――? 千年の都・京都を舞台に、青春は更に加速する!! 体育祭後半と、京都編を収録した第9集の登場!!
  • 605円/550pts
    千葉市立総武高校二年生・比企谷八幡は彼女ナシ友人ゼロのひねくれぼっち。 そんな八幡は生活指導の平塚先生の策略で、完璧超人の美少女・雪ノ下雪乃が所属する「奉仕部」へ入部することに。学校お悩み相談室と化した「奉仕部」への入部を境に、八幡のぼっちライフは、どんどん本人の意志とは違う方向にずれていく――。 文化祭も終わり、奉仕部に日常が戻ってきた。そんな彼らのもとに、生徒会長の城廻めぐりが再び相談にやってくる。今度の相談は「体育祭を盛り上げたい!」というもので……? 文化祭編クライマックス&体育祭編前半を収録した第8集!
  • 605円/550pts
    千葉市立総武高校二年生・比企谷八幡は彼女ナシ友人ゼロのひねくれぼっち。そんな八幡は生活指導の平塚先生の策略で、完璧超人の美少女・雪ノ下雪乃が所属する「奉仕部」へ入部することに。学校お悩み相談室と化した「奉仕部」への入部を境に、八幡のぼっちライフは、どんどん本人の意志とは違う方向にずれていく――。新学期早々、八幡は文化祭実行委員にさせられてしまう。同じく文実となった雪乃の提案で、文化祭準備期間中は奉仕部の活動を一時休止することになったはずなのだが、新たな依頼人・相模南の依頼を、雪乃は一人で引き受けてしまい――? 文化祭編前半を収録した第7集登場!!
  • 605円/550pts
    千葉市立総武高校二年生・比企谷八幡は彼女ナシ友人ゼロのひねくれぼっち。そんな八幡は生活指導の平塚先生の策略で、完璧超人の美少女・雪ノ下雪乃が所属する「奉仕部」へ入部することに。学校お悩み相談室と化した「奉仕部」への入部を境に、八幡のぼっちライフは、どんどん本人の意志とは違う方向にずれていく――。夏休みも後半戦。いつも通りの日々を送る八幡のもとに、結衣が訪れる。さらには、クラスメイトからの頼み事や、戸塚とのデート!? そして、花火大会で雪乃の姉・陽乃と偶然再会した八幡は――? 突き付けられる事実を前に、八幡、雪乃、結衣の3人の関係性は大きく揺れ動く――!!
  • 605円/550pts
    千葉市立総武高校二年生・比企谷八幡は彼女ナシ 友人ゼロのひねくれぼっち。そんな八幡は生活指導の平塚先生の策略で、完璧超人の美少女・雪ノ下雪乃が所属する「奉仕部」へ入部する ことに。学校お悩み相談室と化した「奉仕部」への入部を境に、八幡のぼっちライフは、本人の意志とは違う方向へずれていく――。 夏休みを悠々自適に過ごそうとしていた八幡だが、その計画は平塚先生によってぶち壊しにされる。真夏のキャンプ場で、小学生のキャ ンプを手伝うことになった奉仕部+葉山グループ。珍しい組み合わせで奉仕活動に臨む八幡たちは、ぼっちの小学生・鶴見留美と出会うの だが――?
  • 605円/550pts
    千葉市立総武高校二年生・比企谷八幡は彼女ナシ友人ゼロのひねくれぼっち。そんな八幡は生活指導の平塚先生の策略で、完璧超人の美少女・雪ノ下雪乃が所属する「奉仕部」へ入部することに。学校お悩み相談室と化した「奉仕部」への入部を境に、八幡のぼっちライフは、本人の意志とは違う方向へずれていく――。 「奉仕部」の重たい空気をぶち壊しにしたのは、ムードデストロイヤー・材木座!なんでも、彼の夢を馬鹿にした「遊戯部」の部員を見返して欲しいのだという。流れのままに、いつも通り3人で依頼に臨むことになった八幡たちだが……?
  • 605円/550pts
    千葉市立総武高校に存在する謎の部活「奉仕部」。学校お悩み相談室と化したここに持ち込まれる様々な問題の解決に、部員である俺・比企谷八幡は日々奔走している……部長の雪ノ下雪乃のせいで。だって雪乃下、怖いし。今回俺の妹・小町の同級生から持ち込まれたお悩みは、偶然にも俺のクラスメイト・川崎沙希の不良化問題だった。彼女の問題を解決する過程で俺は、俺の入学ぼっちが決定した交通事故の真相を知る。その事実が俺と由比ヶ浜結衣の間に微妙なすきま風を吹かせ、ついに校外学習の時、由比ヶ浜と決定的な亀裂が…!!
  • 605円/550pts
    千葉市立総武高校二年生・比企谷八幡。 学校で心豊かにぼっちライフを楽しむはずが、学年一の完璧美少女・雪ノ下雪乃が主宰する「奉仕部」なる部活にムリヤリ入れられたせいで、八幡ライフは、どんどん本人の意志とは違う方向にずれていく。 クラスに出回る悪意のチェーンメール騒動でリア充から解決を頼まれたり、レース柄の黒いパンツをはいたツンツン少女の弟から、姉の行動で相談されたり…頼んでもいない厄介ごとを持ち込まれては、奔走するハメに。 トラブルメーカーにしてトラブルバスター・八幡の青春は、残念街道をただひたすらに、まっしぐらに!!
  • 605円/550pts
    有数の進学校・千葉市立総武高校2年F組所属。国語成績学年ナンバー3、イケメンとは言わないが顔立ちもそこそこ悪くない俺、名前は比企谷八幡。スペック的には決して劣っていない俺が、なぜに彼女なし、友達なしのぼっちなの? 世の中間違ってるでしょ? だから「リア充」どもをディスって何が悪いの?そんな俺を、独身女教師・平塚静先生が拉致して押し込んだ先が「奉仕部」…って、あの、一体何するところなんですか?その奉仕部の部長(一人しかいないが…)が学年一の成績優秀者にして美少女・雪ノ下雪乃で…俺すら遠く及ばぬハイスペック完璧超人の雪ノ下との出会いで、これから清く正しい青春や恋愛が始まるかと思いきや、これがねじれる、ゆがむ、自爆する!!青春時代の真ん中は、道に迷って、哀しく間違うばかり。だから、俺は声を大にして言いたい「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP