TOP > 電子書籍 > あいこら

アイコラあいこら

コミック立ち読み完結
12巻配信中
ジャンルコミック/少年コミック/ラブコメ/学園
出版社 小学館
掲載誌 少年サンデー
あいこら

シリーズ作品

  • 462円/420pts
    桐乃やあやめ、雨柳先生がそれぞれの事情で寮から遠ざかり、3人だけになってしまった寮生活。そんなある日、ハチベエは弓雁に誘われて2人でプールに行くが、目の前で200系胸の水着が揺れていても、頭に浮かぶのは寮に残してきた天幕のことばかり。一方寮では、ハチベエの部屋の掃除をしていた天幕が大変なモノを見つけてしまい…。前田ハチベエ、魂のラストスパート!!
  • 462円/420pts
    最近、休日のたびに外出して夕食の時間にも戻ってこない雨柳先生。もしや彼氏ができたのでは…と感じたハチベエが、いてもたってもいられず飛び出していくと、なんと雨柳先生が男性からプロポーズされる現場に遭遇! だが、雨柳先生は「ウチはアカンねん」と、その申し出を断って…。
  • 462円/420pts
    初日の出暴走で負ったケガのため、自宅で休養中のハチベエのもとへやってきた渋沢と梅香。そこにフェチ先輩の油坂先輩も挨拶に現れるが、なぜか彼は別人のように痩せ細っていた。まもなく油坂が女性の幽霊に取り憑かれていたことに気付くが、さらによく見ると以前にも出会った、うなじ美人の幽霊・小夜と分かり…!?
  • 462円/420pts
    坂下門学園のクリスマスパーティーで、校長の発案により、オモチャのピストルを使った二人一組でのバトルロイヤルが開催されることに! しかも生き残ったベストカップルには、1000万円の賞金が出るということでパーティー会場は一転して戦場に…!?
  • 462円/420pts
    遊園地で初デート中、ハチベエとはぐれてしまった天幕が、中学時代に好きだった先輩・谷山とばったり再会した。当時、学校で孤立していた彼女の唯一の味方だったのに、ふたりっきりの部屋で襲いかかろうとした先輩のことが信じられない天幕だったが、谷山はその気はなかったと心から謝り、やがては天幕も許してあげる気持ちに。すると谷山は、今でも天幕のことが好きだと告げてきて…。
  • 462円/420pts
    天幕とキスする夢を見てからというもの、天幕に会ってもろくに目も合わせられないハチベエ。ハイジに天幕に恋をしていると指摘されるが、ハチベエはこれを完全否定。自身のパーツ愛を実証するために、校内でステキパーツたちを狙って暴走を始めてしまい…!?
  • 462円/420pts
    ある日突然、雨柳先生から新しくできた男子寮に移るよう通達されたハチベエ。女子寮でステキパーツたちと過ごせる日々を諦めきれないハチベエは、建物を破壊すべくチェンソーを持って男子寮へ向かう。だが、これはハチベエを独占しようとする、あやめの仕掛けたワナで…!?
  • 462円/420pts
    ハチベエを独占したいあやめに、辰巳が手渡した謎の薬。それは「あと1回だけパーツを見たら満足してしまう」作用を促すシロモノで、早速あやめはハチベエにこれを飲ませ、魅惑のくびれダンスを披露する。だが、なぜかハチベエは純情な少年のように顔を赤らめ、走り去ってしまい…!?
  • 462円/420pts
    夏休みに桐乃の実家・葉隠町を訪れたハチベエが、なりゆきで桐乃とともに出場することになった武闘大会。それは、ひとつの巻物を奪い合いながら山の頂上を目指す大会で、最初に巻物を持っている桐乃は、当然他の忍び全員に狙われるという過酷なもの。さあ、ハチベエはこの大会で彼女を守り、歌手の夢に反対する桐乃の祖父を説得することができるのか…!?
  • 462円/420pts
    理想的な足に踏まれることを求めて、日々満員電車に乗り続けるフェチ中年・足塚不二彦。ある日、駅で見かけた雨柳先生の足に一目惚れした足塚は、路上に寝転がって彼女を待ち受けるが、偶然現れたハチベエに妨害されてしまう。やむなく足塚は、ハチベエに事情を話して協力を請うが、それを聞いたハチベエも踏まれてみたいと思うようになり…。
  • 462円/420pts
    最近街では、独り歩きの女性を襲う「謎の痴漢」がたびたび出没中。それを知ったハチベエは、寮の女性たちを守るべく、その日から独りで下校することの多い天幕のガードにあたる。するとその途中、女性が迷彩服に身を包んだ人物に襲われている現場に遭遇! 犯人には逃走されてしまうが、被害者の女性の顔にはなぜかメガネの落書きが…。犯人は、もしやメガネフェチなのか?
  • 462円/420pts
    4月から東京の坂下門学園高等部への入学が決定した前田ハチベエ。理想の女性を探すべく意気揚々と上京した彼だが、入居予定の男子寮は放火事件で焼失していた! 呆然とするハチベエの前に、高等部の教員・雨柳が現れるのだが、彼女の脚を見たハチベエは、その完全なまっすぐぶりに「魔法使いサニーちゃん」の脚を思い浮かべて…。
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP