TOP > 電子書籍 > スプリガン〔保存版〕

スプリガンホゾンバンスプリガン〔保存版〕

シリーズ作品

  • 990円/900pts
    ●本巻の特徴/アーカムの新会長・ヘンリーに不穏な動きが…。敵だけではなく、アーカム内部にも深刻な問題を抱えながら、優は闘いの場となる南極へ向かう。組織と人間の複雑な葛藤を絡ませながら、最後の死闘が描かれる完結集。本編「山岳ピラミッド」「龍脈地図 炎蛇再来」の後には、特別編「GOLD RUSH」を収録。●その他の登場人物/ヘンリー・ガーナム(アーカムの新会長。優の行動を快く思っていない)、ラリー・カースマン(元はトライデントに属する傭兵部隊の指揮者だったが、やがてトライデント内部の人間になり、組織そのものを操る)、ジャン・ジャックモンド(フランス人のスプリガン。極度の興奮状態に陥ると体の構造が変化し、獣人=ライカンスロープに変わる。超古代のバイオテクノロジーが生んだ、生物兵器の末裔)、暁巌(あかつき・いわお。トライデントの行動部隊長。「生還者<リターニングマン>」という異名を持ち、どんな過酷な条件下でも生き延びてきた)、No.0(COSMOSのリーダー)、染井吉乃(遺跡荒らし<トレジャーハンター>である16歳の女の子。アーカムのブラックリストに載っているが、時には優に協力)、御神苗秋葉(幼い頃の優の親代わりを努めていた従兄弟。アーカム本社の秘書兼遺跡統括役)、御神苗隆(優の父。命知らずの冒険家)●その他のデータ/巻末には「SPRIGGAN GALLERY」として、プレイステーション用ソフト〔スプリガン ルナヴァース〕イメージイラストを収録。
  • 990円/900pts
    インカ時代以前の遺跡から、人間の脳外科手術の方法が記された、石造りの立体模型が発見された。それは非常に精密で、頭蓋骨の部分を開くと神経細胞の接続図が記されている。だが、その立体模型をもとに行った実験的手術の結果、一人の男が怪物に変貌してしまった。優はこの事態を収拾しようとするが…!?(第1話)●本巻の特徴/「人工進化」「聖櫃(アーク)」「賢者の石」の3話を収録した、豪華版第7集。古代遺跡を巡る抗争はますます激化。敵、味方とも多数登場し、組織内の人間関係も複雑になっていく。●その他の登場人物/ヘンリー・ガーナム(アーカムの新会長。優の行動を快く思っていない)、トニー・ネット(以前はCIAの暗殺テロ専門の非合法員。現在はアーカムに入社。炎を操る能力を持つ)、スティーブ・H・フォスター(アーカム財団海洋開発部・特別最高顧問。海の事なら右に出る者がいないエキスパート。通称・船長)、朧(スプリガンの中でも最強の人間で、優の師匠。気功を使う腕利き)、パーカップ・ラムディ(“神を宿す手を持つ男"と呼ばれた医者で、裏の世界ではNo.1の殺し屋だった男)、源双烈(チエン・スワンリエ。自称世界最強の拳法家。朧を殺すことを目的にしている)、ジャン・ジャックモンド(フランス人のスプリガン。極度の興奮状態に陥ると体の構造が変化し、獣人=ライカンスロープに変わる。超古代のバイオテクノロジーが生んだ、生物兵器の末裔)
  • 990円/900pts
    古代、若者が突然老化し、死亡する怪事件が多発。 その数は国内で確認されただけでも十数件を超え、新種の麻薬が原因であることが判明した。 神酒(ソーマ)」と呼ばれるその麻薬を服用すると老化が止まり、さらに若返るという。しかも服用効果時間中は、身体を斬られようが、撃たれようが、文字通りの不死になる。 神酒の精製法を書いた粘土板は、以前に優が封印した。不審に思った優は情報を集め、タイ郊外に住む元殺し屋、パーカップ・ラムディを訪ねるが…?
  • 990円/900pts
    古代遺跡の中に隠されていた、高度なコンピュータープログラム“ヤーマ"。そのヤーマが、世界中のコンピューターを支配下に置き、人類を抹消する「終末計画」を実行に移そうとしている。優は仲間たちと共にヤーマの中枢部に潜入。人類の存亡を賭けて繰り広げられる、人間とコンピューターの対決の行方は…!?(第1話)。●本巻の特徴/上記「終末計画」の他、定期的に出現と消滅を繰り返す幽霊島の謎を追って優と“船長"が活躍する「忘却王国」、クローン技術によるヒトラーの完全復活をもくろむネオナチと優が対決する「聖杯」、時間と空間を保持する遺跡を巡ってアーカムと、米国機械化小隊<マシンナーズプラトウーン> のリッパー、CIAの暗殺テロ専門家・トニーが死闘を繰り広げる「降臨」を収録。●その他の登場人物/スティーブ・H・フォスター(アーカム財団海洋開発部・特別最高顧問。海の事なら右に出る者がいないエキスパート。通称・船長)、染井吉乃(遺跡荒らし<トレジャーハンター>である16歳の女の子。アーカムのブラックリストに載っているが、時には優と組んで大活躍)、トニー・ベネット(CIAの暗殺テロ専門の非合法員)、リッパー(米国機械化小隊の一員。「切り裂き魔」と呼ばれる)
  • 990円/900pts
    イタリアの古い教会で発見された“混乱の魔法陣"が、何者かに奪われた。優の師匠・朧が現地に派遣され、魔法陣に密接に関連する女性、シスター・ケイトの護衛を務める。だがすぐに、ふたりとも連絡を断ってしまい…!? 知らせを聞いた優は、紛争が続くバグダッドへと飛ぶ!●本巻の特徴/宗教戦争、民族紛争に疑問を投げかける上記「混乱の塔」の他、ジャン・ジャックモンドの秘密が明かされ、兵器開発集団“トライデント"に命を狙われる「獣人伝承」、高度なプログラム“ヤーマ"が世界中のコンピューターを支配下に置き、人類を抹消しようとする「終末計画」を収録。(「終末計画」は5巻に続く)。●その他の登場人物/朧(スプリガンの中でも最強の人間で、優の師匠。気功を使う腕利き)、ジャン・ジャックモンド(フランス人のスプリガン。極度の興奮状態に陥ると体の構造が変化し、獣人=ライカンスロープに変わる。超古代のバイオテクノロジーが生んだ、生物兵器の末裔)、ティア・フラット(魔女と呼ばれる女性スプリガン)、ジミー・マックス(アーカム私設軍A級エージェント指揮官)
  • 990円/900pts
    インドにある「帰らずの森」の探索にやって来た優。この森は一度入ったら二度と出られないといわれ、地元の人間でさえ近づかない魔の森だ。しかしここには、不老不死の妙薬「神酒(ソーマ)」があるという。その神酒を狙って、アーカムを目の敵にしている兵器開発集団「トライデント」も動き出しているらしい。優は遺跡荒らしに来ていて偶然出会った吉乃と共に、帰らずの森に侵入。そこにはトライデントの他に、死体に怨念が住みついた化け物「食人鬼(グール)」が大量にいた。優と吉乃は、トライデントの行動部隊長・暁と組み、怨霊たちと死闘を繰り広げる…(第1話)。●本巻の特徴/上記「帰らずの森」の他、ある一定の振動を与えると莫大なエネルギーを生み出す“水晶の髑髏"を追い、優がエジプトに飛ぶ「水晶の髑髏」、米軍のCOSMOSが優の命と、古代地図・マッパムンディスを狙う「龍脈地図 御神苗抹殺計画」を収録。「龍脈地図」では、これまで謎に包まれていた優の過去が明かされる。●その他の登場人物/染井吉乃(遺跡荒らしである16歳の女の子。アーカムのブラックリストに載っている)、暁巌(あかつき・いわお。トライデントの行動部隊長。「生還者<リターニングマン>」という異名を持ち、どんな過酷な条件下でも生き延びてきた)、御神苗秋葉(幼い頃の優の親代わりを努めていた従兄弟。アーカム本社の秘書兼遺跡統括役)、山菱理恵(16歳にして言語学の教授である天才。優とは幼なじみ)、朧(スプリガンの中でも最強の人間で、優の師匠。気功を使う腕利き)、ジャン・ジャックモンド(フランス人のスプリガン。二つの人格を持ち、自分の血を見ると獣人に変わる)、金谷唱(かつてCOSMOSプロジェクトで優と一緒だった男。優の通う高校に転校してきて、彼の命を狙う)
  • 990円/900pts
    「パレンケの仮面」に取り憑かれてしまった香穂を救うためメキシコへやってきた優と初穂。そこには魔術によって豹に変えられてしまった人間たち「人豹(ワージャガー)」の集団がいた。その人豹たちに襲われた優と初穂は、必死の攻防を繰り広げるが大苦戦。だがそこにダッチ・メイトリクスが現れ人豹たちを倒し、優たちは難を逃れる。とはいえ、メイトリクスは決して優たちの味方ではない。彼の目的は、手応えのある相手である優との1対1の対決だった。人豹たちの魔の手からは逃れた優だが、今度はメイトリクスとの死闘が始まる(第1話)。●本巻の特徴/マヤ文明の遺跡で、その正体は宇宙からきたケイ素系生物だった“パレンケの仮面"のエピソード「仮面伝説」、アララト山中で見つかったノアの方舟を巡って優とフランス人スプリガンのジャン・ジャックモンドが活躍する「ノアの方舟篇」、イギリスの考古学グループが発掘した狂戦士(パーサーカー)に優が立ち向かう「狂戦士の章」を収録。地球の危機を救うべく、御神苗優が仲間たちと共に大活躍! 戦いの合間に、束の間の学園生活の場面も挿入される。●その他の登場人物/笹原初穂(優の同級生)、笹原香穂(初穂の妹。持ち主になった者は謎の変死をとげるという、メキシコの「パレンケの仮面」に取り憑かれてしまう)、ダッチ・メイトリクス少佐(米国機械化小隊<マシンナーズプラトウーン>の脱走兵。「殺人機械」<キリングマシン> 、あるいは「アイアン・アーム」と呼ばれる)、ジャン・ジャックモンド(フランス人のスプリガン。二つの人格を持ち、自分の血を見ると獣人に変わる)、マリア・クレメンティ(イギリス軍の技術将校。機械工学の天才である女性)
  • 990円/900pts
    中東の死海近隣で、オーパーツ(遺跡の中で、考古学上、その時代には存在しえないと考えられるもの)が見つかった。「メギド・フレイム」と呼ばれるそのオーパーツは、旧約聖書でソドムとゴモラを一瞬のうちに焼き尽くしたといわれる、いわくつきの代物。それを米軍が強奪した。そして精密な調査を行うため、都内の研究所に持ち込まんだらしい。米国機械化小隊の中でも最も恐れられている少佐・HB(ハミング・バット)が、メギド・フレイムを悪用しようとしているのだ。その情報を得た「アーカム」は、S級工作員であるスプリガン・御神苗優を派遣する。これが初任務となる優は、早速現場に乗り込み、HBと対決する!(第1話)●本巻の特徴/ここに1枚のプレートがある。高度に発達しすぎたために滅びてしまった超古代文明の何者かが、現代の者たちに対する警告を綴った伝言板だ。そこには“我々の遺産を悪しき者から守れ"という言葉が刻まれていた。このメッセージを受け止め、遺産を封印することを目的に活動する組織がある。その組織の名は「アーカム」。そしてアーカムの誇る特殊工作員を、遺跡に出現するという伝説の妖精にちなんで「スプリガン」と呼ぶ。御神苗優は、そのスプリガンの一人だ。A・M(アーマードマッスル)スーツという驚異の装甲強化服を武器に、優が世界の平和を守るために立ち上がり、様々な敵と対決する! 「保存版」として復活した人気作の第1集。●その他の登場人物/染井吉乃(遺跡荒らしである16歳の女の子。アーカムのブラックリストに載っている)、山菱理恵(16歳にして言語学の教授である天才)、笹原初穂(優の同級生)、笹原香穂(初穂の妹。持ち主になった者は謎の変死をとげるという、メキシコの「パレンケの仮面」に取り憑かれてしまう)
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP