TOP > 電子書籍 > でんでん虫

デンデンムシでんでん虫

シリーズ作品

  • 605円/550pts
    ジョン・ダイヤモンドとのブラックジャックに勝利を収めた大道。だが、大道もジョンも物足りなさを感じ、続きは次の日の夜に持ち越されることに。翌朝、目を覚ました大道は、子供たちの野球の練習に付き合う。バッティングピッチャーをかってでた彼が投げたのは、メジャー級のナックルボールだった……!!(第1話)。
  • 605円/550pts
    ラボティとの賭けゴルフに勝利した大道は、その余勢をかって、その夜、カジノのVIPルームへ行く。このVIPルームでは掛け金無制限で、勝てば大金を手にできる代わりに、その最低賭け金は1万ドルという大バクチをしなければならない。すでに勝負を始めていたゴルフのレッスンプロ・ピーターは三連勝で上機嫌だったが……(第1話)。
  • 605円/550pts
    ラボティと大道の「1ラウンド80打以下で回れるか」という賭けゴルフも、8番ホールまで終了。持ち前の強運で8番まで31打という驚異的なスコアで乗り切った大道だったが、迎えた9番ホール、第1打がなんと打った場所より後ろに落下。しかも、ボールは芝がえぐれたディボット跡にはまってしまう! ギャラリーと怪しい黒服の男たちとの間で賭けをしていた、大道のレッスンプロ・ピーターは迎えたピンチに大慌て。一方、当の大道は……(第1話)。
  • 605円/550pts
    “初のコースラウンドで80打を切ることができるかどうか"と、ラボティと10ドルの賭けをした大道は、1時間1000ドルで雇ったピーターの熱心な(!?)指導を受けながら、レッスンを続けていた。そして賭けを4日後に控えた日、ラボティは大道をディナーに誘う。そのディナーに集まったメンバーは皆、アメリカの財界で活躍する人ばかり。その席上で、ラボティと大道の賭けゴルフの話題が上がり、今度は、絶対切れるわけがないというメンバーとラボティとの間で賭けが発生。なんとラボティはタンカー1隻分のオイル、現金にして2000万ドルを賭けることになってしまった!!(第1話)
  • 605円/550pts
    新宿のゲイバーで出会った“ご隠居"と呼ばれる老人に連れられて、大道はオイチョカブの賭場にやってきた。そこで大道はリンダと再会したのだが、彼女は負けが込んでいた。彼女は勝負を諦め、いよいよ大道が勝負に挑む! (第1話)▼オイチョカブに挑んだ大道は、大金を賭けた勝負に勝つ。しかし、あまりに鮮やかな勝利だったためイカサマだと文句をつけられる。そこへご隠居が登場し… (第2話)
  • 605円/550pts
    十禅寺大道は北海道勇払郡の貧乏寺の息子。そんな彼が、接待旅行でラスベガスに招待された。大道は、様々なギャンブルにに挑戦し、そして勝ち続ける。最初はまぐれで勝っていると思われていたが、彼の博才はとんでもなかった!(第1話)。▼一晩で大もうけをした大道。そんな彼を見て、彼と共に旅行をしていた仲間は、すっかり賭け事にはまってしまっていた。中でも山本は500万円も負けていて、その分を取り戻そうとするがさらに負けてしまう。そんな山本に、負けた分を取り戻してくれと頼まれた大道は、ブラック・ジャックで勝負に出る。果たして大道はこの賭けに勝てるのか(第2話)。
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP