TOP > 電子書籍 > 美味しんぼ

シリーズ作品

  • 770円/700pts
    原発事故後の福島県。「食」に携わる方々が様々な問題に取り組む姿を追った2011年11月から2013年4月の取材のうち、その後半を収録。そして山岡と雄山の確執がついに雪解けを迎える!?
  • 660円/600pts
    東日本大震災後、福島県の「食」の現場で起きていることは何か。その苦しみの本質とは何か。その全貌を掴むため、2011年11月、山岡と雄山は共に福島県へと出発する。1年に渡る取材の中で見た、3.11以降の福島県の記録。
  • 605円/550pts
    飛沢が撮ってきた被災地の写真を見せられた雄山。雄山は、身をひきちぎられるような思いに包まれ、東西新聞と帝都新聞に「日本全県味巡り」を提案した。東北の復興に取り組むためには、日本の風土への自信を取り戻すことが必要だと言う雄山。取り組む県は、島根県。さらに、今問題となっているTPPへの解答も島根にあると、雄山は言う。「日本全県味巡り 島根編」を通じて、山岡や雄山達が見出したものは果たして!?
  • 605円/550pts
    2011年3月11日、東日本を襲った未曾有の大震災。それから3か月後、山岡たちは、かつて取材でお世話になった被災地の方ーにお会いするため、東北へと旅立つ。青森県、岩手県、宮城県をめぐり、そこで出会ったのは、苦境に屈することなく、復興に挑む、「めげない人ー」の力強い勇気だった。
  • 605円/550pts
    「究極のメニュー」を作成する中で、山岡達がこれまでに出会った数ーの名人・名店。その中でも最高の名人・名店を選りすぐり、第106集と第107集の2冊に収録! 96・97・99集に登場した「京味」と、この2冊で紹介する9店こそが、「美味しんぼ」が選んだ究極の名人・名店です!!■107集の収録作第1話/偉大なる名人・名店 京都吉兆〈1〉~〈2〉第2話/偉大なる名人・名店 寿司金〈1〉~〈2〉第3話/偉大なる名人・名店 美山荘〈1〉~〈2〉第4話/偉大なる名人・名店 重よし〈1〉~〈2〉第5話/偉大なる名人・名店 亀の井別荘〈1〉~〈2〉
  • 605円/550pts
    「究極のメニュー」を作成する中で、山岡達がこれまでに出会った数ーの名人・名店。その中でも最高の名人・名店を選りすぐり、第106集と第107集の2冊に収録! 96・97・99集に登場した「京味」と、この2冊で紹介する9店こそが、「美味しんぼ」が選んだ究極の名人・名店です!!■106集の収録作第1話/偉大なる名人・名店 常夜燈〈1〉~〈3〉第2話/偉大なる名人・名店 総持院〈1〉~〈2〉第3話/偉大なる名人・名店 美家古寿司〈1〉~〈3〉第4話/偉大なる名人・名店 大市〈1〉~〈2〉
  • 605円/550pts
    毎日の食卓の安全と切っても切れない関係にある、環境問題。今、日本の動物と植物の環境に何が起きているのか? 養蜂、酪農、畜産、林業、遺伝子組換え作物、農薬の問題に、鋭く迫る!■105巻の収録作第1話/続・食と環境問題(ハチの巣、ハチの巣とバジルのサンドイッチ、蜂蜜各種、豚内臓の塩焼き各種、牛乳各種、マツタケの炭火焼き、マツタケを使ったすき焼き、イノシシ南蛮そば、果物各種)
  • 605円/550pts
    海原雄山の思い出の海岸が消えた!? 今日本中で進む知られざる環境問題、砂浜の消失。それは過剰なダム建設が原因だった。小学生が理科で習う「河川がつなぐ陸と海」の関係、それが崩れたことで、砂浜や川に済む貝や魚だけでなく、様ーな食材が日本の食文化からいま消えようとしている…! 全ての環境は食とダイレクトにつながっている。そう、毎日の食卓、それは最も身近で切実な『環境問題』の現場! あなたの食卓を守るため、山岡と雄山がいま立ち上がる!!
  • 605円/550pts
    「究極のメニュー」「至高のメニュー」それぞれの仕事を次期担当に受け渡し、ひと呼吸ついていた士郎と雄山。しかし、折からの金融崩壊のあおりを受けた新聞不況で、メニュー編纂の母体である東西新聞・帝都新聞が、企画自体を取りやめたいと申し入れてきた。それを聞いた雄山は、こんな時期だからこそ食べて欲しいものがあるといい、一同を和歌山県直営の物産館へと連れだして…
  • 605円/550pts
    「究極のメニュー」を本格的に飛沢へ引き継がせることが決まり、これまでの集大成としてメニューのいくつかを食べる宴を催すことを命じた大原社主。社主にはこの宴を「至高のメニュー」との対決の場にしようとする意図があったが、士郎と雄山はこれを拒否。だが、ゆう子と飛沢は2人を和解させる最後の機会と考え、なんとか対決を実現させようと…
  • 605円/550pts
    山岡家に待望の第三子が誕生。団・近城・中松など、山岡の友人たちの一家にも子供が誕生した。一同は祝いの席で盛り上がるが、そのことで隣席にいた子供ができないことに悩む夫婦を傷つけてしまう。後日、この代田夫妻が洋食店を営んでいることを知った面ーは、罪滅ぼしのため、みんなでその店へ食事に出かけるが…
  • 605円/550pts
    「日本全県味巡り」第8弾の対決が決まり、今度はどの県にするかを究極側が決めることに。そんなとき、訪ねてきた青森の知人をそば屋に招いたところ、青森にも「津軽そば」という名物があることを教わる。それは、茹で置きを厳禁とする一般的なそばの基本を外れた製法、焼き干しという独特の出汁を用いた逸品で…
  • 605円/550pts
    うつ病と診断され、死までほのめかす天才料理人・岡星。そんな彼に、山岡は「一年間命を預けろ」と言い、稀代の名人・西健一郎氏に、その父・音松氏の伝えた料理を再現してもらい、季節ごとにその料理を味わうことを提案する。これまで春、夏編の料理を食べ、良い影響を受けてきた岡星だったが、秋編を迎える直前、思わぬ横槍が…
  • 605円/550pts
    「日本全県味巡り」第7弾は、雄山自らの指定により長崎県に決定。もちろん堂ーと受けて立った士郎は、ゆう子・富井・飛沢と長崎へ乗り込む。取材に先立ち、結婚を前提に付き合っている東西グラフの中口と滝川から「今の社会では子育てをするのが不安」と相談を受けていた山岡夫妻だったが、士郎はその問題も長崎で解決すると言って…
  • 605円/550pts
    飛沢の友人でプログラマーの篠田は「囲碁も、コンピュータが人間に勝つ時代が来る」というひと言で婚約者の父・堅蔵の怒りを買ってしまったという。相談を受けた士郎たちが間に立つが、囲碁の棋士である堅蔵は「理詰めで美味しさの説明が出来る物を食べさせなければ許さない」と言ってきて…!?
  • 605円/550pts
    “究極のメニュー"次期担当候補に選ばれたことを、ついに士郎の口から明かされた飛沢。戸惑いを隠せない飛沢だったが、今度は社主に呼び出され、垣田という財界の大物と会うことに。最近、株式関連の重職に就いたという垣田は料理自慢でもあり、就任祝いの会でアワビ料理を振る舞おうと考えていたが…
  • 605円/550pts
    ゆう子が再び妊娠し、喜びに沸く山岡家と文化部の面ー。だがそれは、育児と出産を同時に抱える彼女が、今後の取材に参加できないことも意味していた。そのため、大原社主たちは今回をもって「究極のメニュー」を終了させるか、別の担当者に継続させるかの判断を迫られることに。そんな中、一同は飛沢と難波に焼酎の店へ連れ出されて…
  • 605円/550pts
    究極vs至高の対決テーマを決める会議中、ゆう子が倒れてしまった。風邪をこじらせた彼女はなかなか食事がとれず、体調の回復も思わしくない。話を伝え聞いた雄山が、飛沢に「魯山人風 カニの薄葛仕立て」のレシピを授け、ゆう子の回復に一役買ったため、士郎は対決再開を前に、雄山から一本取られた形に…
  • 605円/550pts
    「食の紀行文」の執筆依頼のため、作家の岸野かな子を会食に招いた山岡たち。いまいち乗り気でない岸野に対し、小泉局長は彼女の趣味である釣りの話題から、とっさに「イカのうまさの本質を味わう料理がある」と語り出し、興味を惹きつけようとする。もっともこれは小泉の出まかせに過ぎず、山岡とゆう子は上司命令で美味しいイカ料理を考えさせられるはめに…
  • 605円/550pts
    文化部・飛沢と政治部・難波の大ゲンカに遭遇してしまった山岡。仲裁しようとするが、2人の周囲にまでケンカが飛び火してしまい、山岡の話を聞こうとしない。さらに、知り合いの中松・大石両警部までも新たなケンカを始める始末で、ついに堪忍袋の緒が切れた山岡は「関係者全員と絶交する」と一喝! 我に返った面ーは、雄山の指示により甘いものを持ち寄り、山岡の許しを請うのだが…
  • 605円/550pts
    チヨの甥・笠倉信次は、先祖代ー受け継がれた田を耕す農家の青年。だが、台風で収穫直前の稲を全滅させてしまい、金策も立たないことから廃業を考えていた。信次の田を訪れ、おもむろに土を掘り起こした山岡は、この土をある人間に売れば当座の資金になるとアドバイスするが…
  • 605円/550pts
    銀座裏路地の主・辰さんの紹介で、とある若いホームレスの頼みを聞くことになった山岡夫婦。その男・成川は、なぜか自分が来週までに死ぬと思いこみ、死ぬ前にとびきり美味しい物を食べたいとのこと。しかも、金にあかせた贅沢な食事ではなく「しみじみとした心が安らぐような物」という、なかなか難しい注文なのだが…
  • 605円/550pts
    大原社主の甥が担当する東西テレビの料理番組を「陳腐で退屈」と批判したため、社主の怒りを買った山岡。その甥自身は謙虚に批判を受け止め、「伯父のおかげで今の地位にとどまるのは恥ずかしい」と辞意まで考えていたのだが…。それを聞いた山岡は、最近知り合った料理人バンドを番組に出演させようと…
  • 605円/550pts
    話題の超高層ビルのテナントに、美食倶楽部の料理人が大勢引き抜かれてしまった。だが、チヨが士郎に相談しても、「雄山の自業自得だ」と取りつく島もない。その士郎は翌日、ある陶芸家から別の相談を受けることに。食器を作る彼に対し、イギリス人の妻はオブジェのような陶芸を作れと迫っているらしく…
  • 605円/550pts
    土佐出身の京極から、郷土料理「鰹のたたき」をご馳走された山岡夫婦。この料理にはポン酢醤油で決まりと語るゆう子に対し、京極は「高知には塩たたきもある」と教えてくれた。実は最近知人に裏切られ、落ち込んでいた京極を励ます意味も込めて、いざ高知に出かけた士郎たち。初めて口にした料理の味は…!?
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP