TOP > 電子書籍 > 夢十夜 ─まんがで読破─

シリーズ作品

  • 550円/500pts
    「こんな夢を見た――。」ときに現実よりも如実に真実の一面を写しだすのが夢だとすれば、はたして夢が現実なのか、現実が夢なのか?漱石は夢を文学的に再現しようと試みる。また、漱石が生死の境をさまよった病気療養中の手記『思い出すことなど』とあわせ、世の中と距離を置くことで現実を見つめ直す、日本近代文学の異色の傑作を漫画化。―現実を写しだす鏡――それが「夢」
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP