TOP > 電子書籍 > なんと孫六

ナントマゴロクなんと孫六

コミック立ち読み完結
81巻配信中
ジャンルコミック/少年コミック/野球
出版社 講談社
掲載誌 月刊少年マガジン
なんと孫六

シリーズ作品

  • 462円/420pts
    WBT予選、キューバvs.日本。序盤の打ち合いから、一転両チームのエースがマウンドに上がる。キューバは「至宝」チップマン、日本は「悪童」孫六(まごろく)。前日におちょくられ、リベンジに燃えるキューバの主砲セナレスとキングラン。メジャー注目の大砲二人を抑えることは出来るのか!? 月刊少年マガジン最長連載作、遂にフィナーレ!!
  • 462円/420pts
    アメリカで銃弾に倒れてから半年……甲斐孫六がマウンドに帰ってきた!! 力尽くでWBT(ワールドベースボールトーナメント)日本代表の座を勝ち取り、WBT第1ラウンドに臨む孫六。初戦の相手はブラジル、緊張の為か……格下のはずの相手に、侍ニッポンはリードを許してしまう。緊張が取れぬメンバーに、孫六は敵の切り札「スライダー」を打てと言い放つが……。
  • 462円/420pts
    アメリカで銃撃を受けてから約半年……。100%でないながらも孫六(まごろく)ボールが帰ってきた! 試験登板で河(かわ)監督をのけぞらせ、WBT(ワールドベースボールトーナメント)日本代表のメンバーに入った孫六。相棒の強(つよし)を引き連れて侍ニッポンのキャンプ地へと乗り込んだが……そこに待っていたのは、読切新聞の息のかかったシャイアンズの主力達だった。前年の三冠王にして、シャイアンズの正捕手・御子柴(みこしば)。ジャパンの中心に、孫六はいきなり喧嘩を吹っ掛ける!?
  • 462円/420pts
    ナイツを優勝させるため送り込まれた刺客、オーウェン兄弟。孫六(まごろく)は、その強さに苦しみながらも二人を倒し、カウボーイズに戻ってきた。そして、ワールドシリーズ第7戦に登板。試合を締めくくり、チームをワールドシリーズ制覇へと導いた。だが、歓喜の後に待っていたのは一発の銃弾だった! 倒れた孫六……その安否は?
  • 462円/420pts
    ワールド・シリーズ最終戦前夜、婦人警官の制服に身を包んだジャック・オーウェンは、さながら狩人のように甲斐孫六(かいまごろく)達を再開発地区の廃ビルに追い込んで行く。無慈悲と冷静さを併せ持つ“プロフェッサー"は、カウボーイズの盗塁王ジャッキー・アンダーソンの脚を躊躇いも無く撃ち抜いた。怒り心頭の孫六は、捨て身の勝負に全てを賭ける。最後のタイマン勝負! 『なんと孫六』アメリカ編、ついにファイナル!!
  • 462円/420pts
    頭脳の兄と力の弟、野球賭博の胴元から刺客として差し向けられた犯罪のプロ「オーウェン兄弟」を相手に、ヴィーナ救出に向かった甲斐孫六(かいまごろく)。カウボーイズのメンバーと協力して、兄弟の分断に成功した孫六は、単身で敵アジトに乗り込む。そして“ヘラクレス"パトリック・オーウェンとの死闘の末、ヴィーナを救い出す事に成功。――しかし戦いは終わらず、兄・ジャックは執拗に孫六をつけ狙い続け……!?
  • 462円/420pts
    球界の盟主・ニューヨークナイツを相手に3勝1敗、ワールド・シリーズ制覇に王手を掛けたアリゾナ・カウボーイズは、奇跡の優勝に向けてチーム一丸となっていた――。しかし、番狂わせを望まないのは野球賭博の胴元。刺客として送り込まれたオーウェン兄弟は、甲斐孫六(かいまごろく)に懐く少女・ヴィーナを誘拐。チームを離脱した孫六は、試合を捨てて救出に乗り出す。そして、孫六の裏ワールド・シリーズが幕を開ける……!?
  • 462円/420pts
    ニューヨークナイツの貴公子・テーターを三振に打ち取り、ワールド・シリーズ第2戦を完全勝利で終えたアリゾナ・カウボーイズの甲斐孫六(かいまごろく)。勢いに乗るカウボーイズがワールド・シリーズ優勝へと突き進む! 一方、カウボーイズの快進撃を良しとしない勢力が、孫六とハワードに向けて刺客を放つ。優勝阻止の密命を帯びた請負人の名は「オーウェン兄弟」。その冷酷な魔手が、孫六達に迫り来る……!?
  • 462円/420pts
    ワールド・シリーズ第2戦終盤、その勢いを増す甲斐孫六(かいまごろく)に対し、ニューヨークナイツはプライドよりも勝利に重きを置き、ポルスはインハイ勝負を捨て出塁。ナイツ逆転か、という局面で対峙する孫六とウィラード。因縁の対決は、孫六が渾身の球でバットをへし折り、シリーズ中に二度も地獄を味わわされた宿敵を遂に打ち取った――。そして、悪童は残る仇敵・テーターとの勝負で、ナイツの完全粉砕を狙うが……!?
  • 462円/420pts
    ワールド・シリーズ第2戦も終盤に突入した。ニューヨークナイツのアレキサンダーと息詰まる投手戦を繰り広げる甲斐孫六(かいまごろく)だったが、試合の均衡が崩れたのは7回表。打者・孫六が再びホームランを放ち、勝ち越し点を挙げる――。そして、その裏。打者・テーターのプライドをへし折る為、1・2塁間に3人が入る極端なシフトを敷いた孫六。インハイ勝負の挑戦状を叩きつけた悪童に対し、ナイツの貴公子は……!?
  • 462円/420pts
    アリゾナ・カウボーイズ対ニューヨークナイツのワールド・シリーズ第2戦。あわやフェンス直撃の打球をウィルスに捨て身のプレーで捕球された甲斐孫六(かいまごろく)。これで試合の流れはナイツに傾き、攻守交代。ノーアウト、ランナー1・2塁で続く打者は孫六の天敵・ウィラード。そして、渾身の力が入る孫六の球を打ち損じたウィラード。ファウル・フライに打ち取られたかと思われた瞬間、悪童の怒号が捕球を妨げ……!?
  • 462円/420pts
    白熱するワールド・シリーズ第2戦。初戦の悪夢を再現するかの様なウィラードのホームランに絶叫する甲斐孫六(かいまごろく)。余りの屈辱に我を失う孫六だが、何とか調子を取り戻して初回を終える……。そして、マウンドに立ったニューヨークナイツの暴れ馬(ムスタング)・アレキサンダーの投球に球場が沸き立つ。だが、その時、周囲を黙らせる悪童の挑発的パフォーマンスが――。マウンドを睨みつけ、遂に孫六が打席に立つ!!
  • 462円/420pts
    一触即発のワールド・シリーズ第2戦、初回裏。アリゾナ・カウボーイズ先発の甲斐孫六(かいまごろく)は、初戦で孫六ボールを捉えたテーターを三振に打ち取る。だが、続く打席は三冠にもっとも近い男・ポルス。初戦で渾身の球を見切られてリベンジに燃える孫六――。しかし、ニューヨークナイツのドネリー監督をして、バッティング・マシーンと言わしめた技術者を相手に、孫六は三振を取る事が出来るのだろうか……!?
  • 462円/420pts
    甲斐孫六(かいまごろく)の孫六ボールを完全に捉えた最強軍団・ニューヨークナイツに逆転サヨナラ・ホームランを浴び、ワールド・シリーズ初戦を落としたアリゾナ・カウボーイズ。孫六は絶対的クローザーとして最大の屈辱を受けた――。収まらない怒りを胸に、試合はゲーム2へ。相手投手は、無敗のルーキー、アレキサンダー・ユリウス。なんと、パラシュートで空から降って来た変わり者。しかし、その実力は確かなようで……!?
  • 462円/420pts
    最強軍団・ニューヨークナイツとのワールド・シリーズ初戦、9回裏を2点リードで迎えたアリゾナ・カウボーイズ。打撃で全打点を叩き出して大活躍の甲斐孫六(かいまごろく)は初戦を制する為、大ブーイングの中、クローザーとしてマウンドに立つ。だが、対するデック・テーターの鋭い眼は、孫六の球を完全に捉えていた。果たして、余裕の笑みを浮かべるニューヨークの貴公子に、孫六ボールは通用するのだろうか……!?
  • 462円/420pts
    遂に最強軍団・ニューヨークナイツとのワールド・シリーズが始まったアリゾナ・カウボーイズ。しかし試合前、スタジアムのレリーフに落書きをした事でナイツ・ナインの怒りを買った甲斐孫六(かいまごろく)。不穏な空気の中、試合が開始――。1回表、ニューヨークナイツの投手・ゴーメッツのペースを乱し、流れはカウボーイズへ。そして、ノーアウト・フルベースの大チャンスで4番DH・孫六が放った打球の行方は……!?
  • 462円/420pts
    2連敗で迎えた第3戦は、甲斐孫六(かいまごろく)とペドロ・イグレシアスとの熾烈な投手戦の末、オーランド・ドルフィンズが先制。1点を追う9回裏、ハワードが執念の二塁打を放つ。続く孫六も痛烈なヒットで本塁へダイブし、相手の捕手・レオーネと激突――。そして、2連敗から4連勝を果たし、ナ・リーグ王者の座を手中にしたアリゾナ・カウボーイズ。遂に最強軍団・ニューヨークナイツとのワールド・シリーズが始まった!!
  • 462円/420pts
    2連敗で迎えたオーランド・ドルフィンズとの第3戦は、アリゾナ・カウボーイズの先発・甲斐孫六(かいまごろく)とリーグNo.1投手ペドロ・イグレシアスとの熾烈な投手戦が続いた。孫六が4番打者デイブを二度抑えてノーヒットを続ける一方、ペドロは1人の走者も出さないパーフェクトを続ける。そして、迎えた6回裏。内角を待つ孫六にペドロが投げた一球は、インコースへのストレート。0対0の均衡を崩せるか……!?
  • 462円/420pts
    アリゾナ・カウボーイズが2連敗で迎えたオーランド・ドルフィンズとのリーグ・チャンピオン・シップ第3戦。初回に無死満塁のピンチになるも、先発の甲斐孫六(かいまごろく)が4番打者デイブをトリプル・プレーに打ち取る。しかし、その裏。リーグNo.1投手ペドロ・イグレシアスを前に手が出ないカウボーイズ。勝負は、熾烈な投手戦へ――。そして、0点で迎えた3回裏。ペドロの執拗な内角攻めに粘る孫六だったが……!?
  • 462円/420pts
    対バッファローズ最終戦で劇的な勝利を収めたアリゾナ・カウボーイズは、遂にリーグ・チャンピオン・シップの舞台に立つ。が、初戦前夜。ステーキハウスでオーランド・ドルフィンズの4番デイブ・ブルースと高級肉を巡り、大乱闘を繰り広げた甲斐孫六(かいまごろく)。火花散らす両者だが、第1戦は孫六が代打でホームランを打つも、ドルフィンズが圧勝。第2戦は、ランディ・ジョンストンの好投で勝機が見えたのだが……!?
  • 462円/420pts
    ディビジョン・シリーズ、アリゾナ・カウボーイズvs.アトランタ・バッファローズ最終戦。ピンチを切り抜け迎えた8回表。甲斐孫六(かいまごろく)が、相手投手・コダックスの敬遠ボールを右打席で打ち、遂に先制点奪取! そして、迎えた最終回。1死3塁という最大のピンチで4番打者・ドルガドに意表を突くスクイズをされた孫六。転がるボールに決死のダイブをするのだが……!? 大人気野球漫画、豪胆無類の第61巻!!
  • 462円/420pts
    ワールド・シリーズを目指し、2勝2敗で迎えたディビジョン・シリーズのアリゾナ・カウボーイズvs.アトランタ・バッファローズ最終戦。総力戦の筈だったが、何故か甲斐孫六(かいまごろく)は先発を外されていた……。それでも0対0が続く中、6回裏ノーアウト・フルベースの大ピンチに孫六が中1日で登板。しかし、長い間、孫六専属の捕手を務めて来たハワードの体は、すでに限界を迎えようとしていて……!?
  • 462円/420pts
    地区優勝を賭けた首位ロサンゼルス・ウォリアーズとの最終決戦は、甲斐孫六(かいまごろく)が主砲・マクダウェルを抑え、遂にアリゾナ・カウボーイズが優勝。そして、ワールド・チャンピオンを目指し、舞台はディビジョン・シリーズへ! しかし、アトランタ・バッファローズ相手にいきなりの2連敗で、カウボーイズは早くも後が無くなってしまう。そして、ナイツのオーナーであるバーンスタインの挑発で怒り爆発の孫六は……!?
  • 462円/420pts
    地区優勝を賭けた最終決戦。中1日で先発する甲斐孫六(かいまごろく)に対し、ロサンゼルス・ウォリアーズは、主砲・マクダウェルを一番打者に起用。その起用がズバリ的中し、マクダウェルの先頭バッター・ホームランで1点を先制! そして、緊迫した試合は5回裏に進み、パーフェクトを続ける投手リビエラが打席に。孫六が挑発的に投げた“即席カッター"は、ただの棒球となり、リビエラが強打。球は天高く舞い上がり……!?
  • 462円/420pts
    アリゾナ・カウボーイズに入団し、クローザーとして大活躍の甲斐孫六(かいまごろく)。シーズン大詰め、地区優勝を賭けた首位ロサンゼルス・ウォリアーズとの3連戦が始まる。初戦は、孫六がノーヒットに抑えて勝利。続く2戦目もチーム・エースのジョンストンが好投し、カウボーイズが連勝。遂に首位に並ぶ! 迎えるはシーズン・ラスト・ゲームで全てが決まる最終決戦。孫六は主砲・マクダウェルを抑えられるのか……!?
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP