TOP > 電子書籍 > エミール ─まんがで読破─

シリーズ作品

  • 550円/500pts
    教育を志す者や子育てする親のバイブル―。18世紀フランス。すべては神に定められており、神は国王を使者として人々を支配するという「王権神授説」により、階級社会が形成されていた。このような不平等が成立する社会を改革すべく、ルソーは人間の教育に着目する。人間本来の善性を否定し、教育のあり方の理想を追い求める、今なお教育を志す者のバイブルとして読み継がれる思想書を漫画化。 ルソー(1712~1778) スイス出身の哲学者・政治思想家。音楽家を志してパリに移り住む。懸賞論文に応募した『学問芸術論』をきっかけに、思想家としての地位を築き上げる。自由民権運動に多大な影響を与え、人民主権の概念を提唱した。その他の作品に『社会契約論』『人間不平等起源論』等。
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP