TOP > 電子書籍 > ヤング 島耕作

ヤングシマコウサクヤング 島耕作

シリーズ作品

  • 660円/600pts
    販売助成部の部長は宇佐美に替わった。ほどなくして島は、彼の「恐怖の大王」というあだなの所以(ゆえん)を知る――。「サラリーマンには、組織に守られている安心と危険の両方が伴う」 初芝製品による死亡事故で責任を取らされた事業部長から、またひとつ会社で生きる方法を学ぶ。そして誰に気づかれることなく起こった日本人拉致事件――。島の'70年代は波乱万丈!
  • 660円/600pts
    島耕作の上司、販売助成部の榊原部長はやり手だが、ねちっこい性格で部下からは嫌われていた。同僚がグチをこぼすなか、島は榊原部長の良い面を学ぼうと積極的にコミュニケーションをとることを心がける。仕事のやり方、料亭での接待、部下との付き合い方、そして男のけじめ――。スーパーサラリーマン、島耕作の原点は「ヤング」にあり!
  • 660円/600pts
    島耕作が所属する販売助成部で制作している、初芝のキャンペーン宣伝物が盗まれた。島は、初芝が使っている市場調査会社の人間が二重スパイなのではないかとにらむ。直接ただした島に、「もっと器用に生きろよ」と開き直る相手。島は直属ではないが面識のある中澤課長に悩みを打ち明けた――。尊敬できる先輩、同僚のしたたかな女、やっかいな取引先の上司……。さまざまな人々との関わりのなかで、島は自分の歩む道を模索する。
  • 660円/600pts
    島耕作は大手電機メーカー・初芝電産に勤めるサラリーマン。出世に不利だとは知りながら、社内の派閥には属さず、誠実に仕事をこなしていた。確実に実績を伸ばしていった島は、若くして課長に昇進。その後も順調に会社へ貢献していく。これはそんな島の新人時代のエピソードだ! 無事研修を終え、第一希望の宣伝広告部門に配属された島。激動の時代、理想と現実の間でもがきながらも彼は着実に成長していた。
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP