TOP > 電子書籍 > おれはキャプテン

オレハキャプテンおれはキャプテン

コミック立ち読み
35巻配信中
ジャンルコミック/少年コミック/野球
出版社 講談社
掲載誌 マガジンSPECIAL
おれはキャプテン

シリーズ作品

  • 462円/420pts
    勢いを取り戻した美波里(びばり)は、追加点でさらに朋王(ほうおう)を引き離す! 焦る朋王だが、好投していた美波里の先発・宗谷(そうや)に緊急事態発生!? 甲子園を懸けた試合の行方は……。決勝戦、ついに決着!!
  • 462円/420pts
    甲子園を懸けた決勝戦! 激しい攻防を繰り広げる朋王(ほうおう)学園と美波里(びばり)高校だが、制球の不安定な蝦名(えびな)に“強振"が持ち味の美波里がまさかの待球作戦!! “待つ"美波里に対抗して、カズマサは美波里が捨てた“振っていく"作戦で挑むことを決めるが……!?
  • 462円/420pts
    決勝まであと2イニング。左肩を痛めたカズマサは、昭明(しょうめい)を無得点に抑えることができるのか!? 対して、驚異の1年生軍団からなる美波里(びばり)高校が決勝進出。運命の頂上決戦、いよいよ開幕!
  • 462円/420pts
    昭明(しょうめい)に先制点を許した日弦(ひげん)だが、オースチンのアドバイスで投球に変化が!? 一方、驚異のコントロール精度を持つ、昭明の遠山(とおやま)がまさかの連続死球! ミスか!? 狙いか!? 予測不能な遠山の投球に翻弄される朋王(ほうおう)打線は、昭明から点を取ることができるのか!?
  • 462円/420pts
    準決勝、昭明(しょうめい)高校との対戦を前に先発・日弦(ひげん)が弱点克服の特訓開始! その成果はいかに!? 対する昭明は、予想に反してエース那巳川(なみかわ)が先発で登場。新魔球“動く球"に挑むカズマサだが!?
  • 462円/420pts
    西東京大会、準々決勝。宮越(みやこし)対蝦名(えびな)、2打席目の勝負は!? そして横須賀(よこすか)と朋王(ほうおう)3連星の直接対決で“策士"宮越が動く! 一方、カズマサと蝦名は安打記録を伸ばす宮越を抑えられるか!? 朋王3連星と横須賀の因縁対決、最高潮! 朋王学園対松予野(まつよの)高校、ベスト4進出を懸けた激闘を制するのは――?
  • 462円/420pts
    西東京大会ベスト8進出を懸けて、サヨナラ勝ちをねらう朋王(ほうおう)・カズマサと、それを阻止しようとする吟南(ぎんなん)・二瓶(にへい)の勝負!! 結果はどうなる!? そして、次に待ち受ける松予野(まつよの)高校は“策士"が“選手"として、試合に出場してくるが……!?
  • 462円/420pts
    西東京地区大会、朋王(ほうおう)学園対吟南(ぎんなん)高校の試合! しかし、球場に現れない吟南に場内騒然!! ところが、遅れの“原因"が判明すると、吟南は一気にヒーロー扱いされてしまう!! まさかの完全アウェイの空気の中、朋王は勝利を手にすることができるのか!?
  • 462円/420pts
    最後の甲子園出場を懸けて、西東京地区大会が開幕! カズマサ達が見守る中、強豪・東香西(ひがしこうざい)高校と美波里(びばり)高校の対決は、予想外の展開に!! そして朋王(ほうおう)学園も、珍事に巻き込まれてしまい……!?
  • 462円/420pts
    春の都大会、信念を曲げない美波里(びばり)高校は、全力で振り切るフルスイングを貫く! そのため、朋王(ほうおう)学園・蝦名(えびな)の奪三振記録はどんどん更新!! この試合の決着は!? そして、早逝のエース・田中沙流(たなか・さりゅう)と大洲父娘の悲しい過去とは……。さらに、朋王学園では、ゴールデンウィークの合宿もスタート!!
  • 462円/420pts
    春の都大会、朋王(ほうおう)学園と対決するのは、リトル世界一、ソフト日本一の1年生選手を集めた古豪・美波里(びばり)高校。しかもその監督は、朋王に入学した圭(けい)の父親であることが判明!! “1年目から甲子園を狙う"監督の作戦とは!? そして、カズマサも認めた美波里1年、ハーディ西井戸(にしいど)と宗谷岬(そうやみさき)の実力とは!? 思いがけない試合展開、勝利はどちらの手に?
  • 462円/420pts
    秋の都大会で、松予野(まつよの)高校に敗れてしまった朋王(ほうおう)学園。その試合を見つめていた謎の中坊三人組は、ソフトボール日本一の選手だった! 試合の翌日、決勝を見に来たカズマサたちの後ろに座り、カズマサをディスる中学生。特に絡んでくるハーフ美少女の意図とは!? そして、この出逢いがのちに大きな糧となり……!?
  • 462円/420pts
    秋の都大会準決勝で、朋王(ほうおう)学園の対戦相手・松予野(まつよの)高校は、エース・横須賀(よこすか)をベンチに下げ、流れを呼び込むことに成功! だが、8点も差をつけられている朋王(ほうおう)学園も、蝦名(えびな)が調子を取り戻したおかげで、徐々に松予野に追いついていく!! 迎えた最終回、勝利を手にするのは!?
  • 462円/420pts
    秋の都大会準決勝は、朋王(ほうおう)学園と松予野(まつよの)高校の対戦に決定! 中学時代、カズマサのチームメイトだった横須賀(よこすか)が主将を務める松予野は、チーム内での対立から試合中も重い空気が漂う。一方の朋王も、ピッチャー・蝦名(えびな)に対して松予野が策を立てたため、苦戦することに!!
  • 462円/420pts
    秋の都大会で、再び栄光城(えいこうじょう)学園と対決する朋王(ほうおう)学園! 栄光城は、朋王・カズマサのライバル、マサカズが主将となり、お互いの采配が気になる展開に。カズマサは、いつもどおり余裕の表情で試合を進めるが、マサカズは自チームに対し、焦り始めて……!?
  • 462円/420pts
    甲子園準決勝、同じ東京代表の栄光城(えいこうじょう)学園と対決することになった、朋王(ほうおう)学園。5点リードされてしまい、本気モードに切り替わったカズマサは、遂に蝦名(えびな)を投入!! その結果、なんと13人連続「かすらせない記録」を生み出してしまう。そして、朋王学園最後の攻撃の場面、あの男が劇的な結果を招く!!
  • 462円/420pts
    甲子園ベスト8に残ったカズマサ率いる朋王(ほうおう)学園! 準々決勝の相手・栄光城(えいこうじょう)学園に負ける気満々だったカズマサだが、かつてのライバル・マサカズの姿を見つけ、会いに行くことに。そこで出た数々の言葉に影響されたカズマサは対戦で「実験」をしてみたいとチームメイトに持ちかけ……!?
  • 462円/420pts
    甲子園大会3回戦でカズマサたち・朋王(ほうおう)学園は、攻守で奇策を使ってくる伊賀丸(いがまる)高校と対戦。たがいに譲らず、0対0のまま試合が進む……。しかし、9回の表・伊賀丸高校の攻撃の場面で、同校の隠し球的選手が登場!! 予想外の展開に、カズマサたちは対応できるのか!?
  • 462円/420pts
    甲子園2回戦、朋王(ほうおう)学園vs. 三省(さんしょう)工業戦!! 1点リードしていた朋王だが、9回表で、三省工業キャプテン・雄馬間(おばま)がホームラン! 同点に追いつかれることに。その裏、朋王はカズマサの攻撃でスタート。雄馬間のホームランに影響されたカズマサは、“男の勝負"がしたいと、出塁ではなくホームランを打つことにこだわるが……!?
  • 462円/420pts
    甲子園。「負ける」のに苦戦!? 「ふてくされ王子」という汚名を着せられた主将・カズマサの影響で、第1試合はブーイングの嵐。そこでわざと負けようにも、対する紅山(こうざん)農林高校が、緊張のあまりミス連発!! ヒットを打たない朋王(ほうおう)学園に、点が入ってくるしまつ。思わず相手にハッパをかけたカズマサだが、これまた逆効果!! やがて取材を受けたカズマサは、ま~たとんでもない爆弾発言を……!?
  • 462円/420pts
    甲子園予選、西東京大会決勝戦にズバッと進んだ朋王(ほうおう)学園! 順調に勝ち進むのかと思いきや、6回の裏、対する東香西(ひがしこうざい)高校に同点に追いつかれてしまうのだ!! さらに東香西ピッチャー・茉莉村(まりむら)の調子はウナギのぼり。朋王学園は、よくないムードに支配され……!? カズマサ主将の朋王学園は、ピンチを乗り切り、甲子園出場を果たすことができるのか……!?
  • 462円/420pts
    ついに夏の西東京大会決勝に進んだ、カズマサ率いる朋王(ほうおう)学園野球部。対戦相手は、春の大会でコールド勝ちした東香西(ひがしこうざい)高校である!! 余裕で甲子園出場できる……かと思いきや、ピッチャー・蝦名(えびな)を有名に“したくない"おやっさんが、1年生の日弦(ひげん)をピッチャーに超・抜擢(ばってき)! この采配(さいはい)、はたして吉か、凶なのか……!?
  • 462円/420pts
    怨念(おんねん)パワー爆発の吟南(ぎんなん)高校を破り、夏の西東京大会ベスト4に進出した、カズマサ主将の朋王(ほうおう)学園野球部! 次なる相手は、カズマサの元チームメイト&ライバルの、那巳川(なみかわ)がピッチャーをつとめる昭明(しょうめい)高校!! “防御率0点台"の那巳川に対し、朋王ピッチャー・蝦名(えびな)は6点台。しかし試合前、ある人物と出会った蝦名は、それをきっかけに絶好調に……!?
  • 462円/420pts
    主将・カズマサと因縁浅からぬ、東香西(ひがしこうざい)高校野球部。実力低迷中の同校では、「監督交代論」が噴出(ふんしゅつ)中。その“新監督候補"として名が挙がった人物は、カズマサ率いる朋王学園の××だった……!! そんな“引き抜き"のワナを知らない朋王ナインは、なんの対策もしないままで東香西戦に臨(のぞ)むことに。しかし耳のいい「アイツ」だけは、その企(くわだ)てに気付いていた……!!
  • 462円/420pts
    新設・朋王(ほうおう)学園野球部、いよいよ2年目に突入! 受験シーズンを迎えた朋王学園高校に、本町(もとまち)、蟹江(かにえ)の姿があった。そして、球春(きゅうしゅん)――。新入部員を迎えた主将・カズマサは、“ぶっ倒れたとこまで"という地獄なシゴキを指導するっ。“アンチ体育会"のカズマサが、それでも鬼になったのは、もちろん「理由」あってのこと!! そして夏のシード校を決める、「春の大会」開幕。1年生ながらベンチ入りできるヤツは……誰だ!?
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP