TOP > 電子書籍 > 代紋<エンブレム>TAKE2

エンブレムテイクツー代紋<エンブレム>TAKE2

シリーズ作品

  • 660円/600pts
    洋一を始め、たくさんの仲間をカルロスの攻撃によって失い、デパートへと追い詰められた阿久津丈二(あくつ・じょうじ)だったが、催事場で手に入れた日本刀を武器に、ついに最後の勝負に臨む――。江原(えはら)との死闘、そして、ついに明かされるタイムスリップの真相!! 衝撃のラストを目撃せよ!!
  • 660円/600pts
    決闘の場となるはずだった歌舞伎町に、江原(えはら)は現れず、待っていたのは最強の傭兵、カルロス。幾重にも仕掛けられた罠の前に、阿久津(あくつ)組の仲間たちは次々と倒され、丈二(じょうじ)も重傷を負ってしまう。もはや丈二が生き残る道はないのか!? 歌舞伎町を戦場へと変えたサバイバルゲーム、いよいよクライマックスへ!!
  • 660円/600pts
    テロリスト達との闘いで、余りに多くの組員の命が犠牲となったことに心を痛める阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は、一気に決着をつけるべく、なんと江原(えはら)に歌舞伎町での決闘を申し込み、江原もそれを受ける。一方、そのやりとりを知ったカルロスは、日本に残って丈二を始末することを決断する!!
  • 660円/600pts
    阿久津丈二(あくつ・じょうじ)の身柄が警察によって拘束された事実を知り、近田若頭を筆頭とする阿久津組の連中は前代未聞の行動に出る! なんと1000人以上のヤクザで警視庁を取り囲み、丈二の即時釈放を要求、受け入れられなければ警視庁を襲撃すると宣言したのだ。警察とヤクザが互いの意地と面子(メンツ)をかけた、一触即発の事態に!!
  • 660円/600pts
    阿久津(あくつ)組は下水道にガソリンを流して傭兵達を炙(あぶ)り出す作戦を敢行、みごとに追いつめるが、逆に反撃をくらい数十人いた組員が全滅寸前にまで追い込まれる。アキラも絶体絶命の窮地に立たされるが、そこに戦車とともに自衛隊が登場し命拾いをする。ここに自衛隊と傭兵部隊との戦闘の幕がついに切って落とされた!!
  • 660円/600pts
    江原(えはら)の命令をうけた傭兵部隊に拉致監禁されていた阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は、決死の覚悟で奪った手榴弾を爆発させ脱出に成功、瀕死の重傷を負いながらも運よく病院へ収容される。一方、工藤・中山襲撃を丈二の仕業としたい総長代行となった清水は、宣戦布告をさせるため矢野欣也(やの・きんや)を阿久津組へと乗り込ませた!
  • 660円/600pts
    渡世(とせい)の大罪である親殺しを実行した海江田(かいえだ)組・志村が事務所で見たものは、惨殺された組員達の哀れな姿であった。憤(いきどお)る志村の前に悠然と現れたのは、なんと江原(えはら)だった。一方、傭兵に拉致された阿久津丈二(あくつ・じょうじ)はなんとか脱出を計ろうと、見張りのルイスをトイレに連れ出し、そこでついにイチかバチかの賭けに出た!!
  • 660円/600pts
    阿久津丈二(あくつ・じょうじ)に恨みを持つ海江田(かいえだ)組・志村の画策により工藤・中山襲撃の首謀者とされてしまった丈二は、無実であることを証明するため自ら田上連合幹部の前に出向こうとする。しかし、すでに江原(えはら)の命で丈二誘拐に動き出していた傭兵部隊は、事態の急変に作戦を変更、丈二達に攻撃を仕掛けてきたからタマラナい!!
  • 660円/600pts
    傭兵部隊による連続テロで東京の治安は著しく悪化、事態の収拾を計りたい政府は苦悩のすえ自衛隊の出動を決断、首都に戒厳令が敷かれた。そんな厳戒態勢の中、江原(えはら)は傭兵達に次なる作戦“丈二(じょうじ)誘拐"の指示を出す。一方、海江田(かいえだ)組・志村はこの混乱に乗じついに仁義なき工藤・中山暗殺計画を始動させる!!
  • 660円/600pts
    東京中の極道を束ね、混乱を極める首都の治安にあたろうとする工藤会長は、千葉阿久津(あくつ)連合の上京中止を求めるが、丈二(じょうじ)はこれを一蹴(いっしゅう)、二人は激しく衝突してしまう。一方、傭兵(ようへい)部隊の陽動作戦に対応と認識の甘さを露呈してしまった政府は、この事態を打破すべく自衛隊の出動を検討。果たして首相の決断は!?
  • 660円/600pts
    東京拘置所、府中刑務所を急襲、囚人達に武器を与え解放した傭兵部隊の作戦は、東京を無法地帯へと変貌させてしまう。一方、春香との密会現場を阿久津丈二(あくつ・じょうじ)達に包囲され追いつめられた潮(うしお)は、愛するがゆえ、なんと春香を自らの手で殺してしまう。絶叫する潮、その声を聴き駆けつけてきた丈二が見たものとは――!?
  • 660円/600pts
    警視庁、東京タワー、首都高と破壊し東京を壊滅(かいめつ)状態におとしいれた傭兵部隊は、日本政府の無能ぶりを嘲笑(あざわら)うかのように次なる作戦を展開していく。一方、カオリを殺害した江原(えはら)の行方が杳(よう)として知れず、いらだちを隠せない阿久津丈二(あくつ・じょうじ)の元に、ある一本の匿名電話が飛び込む! “江原の居場所を知っている"と!!
  • 660円/600pts
    “せや! ワシが殺(と)ったったんや!"愛するカオリとお腹の子の命を奪った犯人が江原(えはら)だとわかった阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は慟哭(どうこく)し、そして激高する! “江原をブッ殺す!"それが唯一の生きる目的となった丈二は、手段を選ばず江原を捜し求める。邪魔する者は、たとえそれが国家権力であろうとヤクザであろうと容赦はしない!!
  • 660円/600pts
    東京タワーの警備についていた機動隊第1中隊全員を、いともたやすく殲滅(せんめつ)しタワーを爆破、倒壊させてしまった傭兵部隊。相次ぐテロに東京は完全にパニックに陥る。一方、愛する人を亡くし失意の丈二は自殺を図るが欣也(きんや)の体を張った説得により、ついに仇討ちを決意。復讐の鬼と化し犯人捜索に動く!!
  • 660円/600pts
    結婚式当日に、妻となる最愛の女性・カオリと彼女のお腹にいた子供を殺害され、一瞬にして地獄へとたたき落とされてしまった阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は、その悲惨な現実を受け入れることができずにいた。一方、警視庁の機能をマヒさせた傭兵達は、次の標的である東京タワーを警備する機動隊員に容赦ない攻撃を開始する!!
  • 660円/600pts
    明石組の分裂、田上梅沢一家・中山の引退表明、そして宿敵・江原(えはら)が傭兵と共に上京と、阿久津丈二(あくつ・じょうじ)の周辺は急激にきな臭さを増していった。そんななかで迎えた丈二とカオリの結婚式当日。ウエディングドレス姿のカオリの前に突然、江原が現れた。控え室の異変に気付き駆け付けた丈二、その眼前に見たモノは!? 最終章、衝撃の大展開!!
  • 660円/600pts
    海江田(かいえだ)組との抗争も終結し、“ソープで働け!"という暴言から始まった晶(あきら)とさやかのケンカも、結果としてお互いの愛を確かめ合うこととなり、二人は結婚を約束する。表向きは平穏無事に見える阿久津(あくつ)組だが、彼らのあずかり知らぬところで、事態は風雲急を告げていた――!
  • 660円/600pts
    阿久津(あくつ)組と海江田(かいえだ)組の抗争は、洋一がミツルの仇である有田の命(タマ)を見事に殺(と)ったことで、終結を迎えた。一方、警視庁が仕掛けてきた頂上作戦によって逮捕されてしまった丈二(じょうじ)は、激しい拷問により殺されかけてしまうが、欣也(きんや)の尽力により間一髪で救出される。こうして阿久津組にも束の間の平和が訪れた──。
  • 660円/600pts
    野獣と化した海江田組・有田は、田上連合・工藤の仲裁を無視してミツルを射殺してしまう。だが阿久津丈二(あくつ・じょうじ)はこれ以上の泥沼化を避けるため、工藤親分からきっちり落とし前をとったうえで、再び海江田組との手打ちを整えた。後は仇討ちをするのみ。ミツルの兄貴分である洋一に、有田の命(タマ)を獲るように命じた──。
  • 660円/600pts
    牧田、栗山の出所を契機に、“阿久津丈二(あくつ・じょうじ)誤射事件"が勃発。もはや古巣・海江田組との全面戦争も避けられぬ様相を呈していた阿久津組だったが、田上連合・工藤の仲裁により、事態は収束へと向かっていた。ところが、狂乱の限りを尽くす海江田組武闘派・有田の暴走で、さらなる抗争の火種が燻(くす)ぶりはじめていた……。
  • 660円/600pts
    牧田、栗山を処刑せよ!! 8年ぶりに出所した組員らが引き起こした“阿久津丈二(あくつ・じょうじ)誤射事件"の責任を取らされ、小指(エンコ)を飛ばした海江田組組長・志村が吠えた。一方、二人の命を救うべく志村の元に向かったタイムスリップ組長・丈二だったが、交渉は決裂。ついに阿久津組vs.海江田組全面戦争の様相を呈し、事態は泥沼へと……。
  • 660円/600pts
    タイムスリップ組長・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)、銃撃さるッ! 阿久津組入りを頑(かたく)なに拒む元石田舎弟・牧田、栗山の放った弾丸は、強硬(きょうこう)に事を進める福永の体を逸(そ)れ、丈二の肩口に突き刺さった──。8年ぶりの娑婆(シャバ)、そして揺れ動く意地と筋。丈二が塗り替える歴史に、取り残された二人の行動が、前代未聞の組抗争を呼び起こす!!
  • 660円/600pts
    1988年、年頭――。タイムスリップ組長・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は激動の昭和最後の年を迎えようとしていた。折しも、因縁浅からぬ男・矢野欣也(やの・きんや)率いる黒川組が田上梅沢傘下に入り、木更津からは福永が新宿に帰還した。そんななか、宿敵・江原生存説が確固たるものとなり、嵐の前兆のごとくあの2人組が出所した!!
  • 660円/600pts
    3代目明石組組長・田村芳雄(たむら・よしお)が死んだ──。突然の訃報(ふほう)を受け、悲しみにくれるタイムスリップヤクザ・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)の陰で、地獄の使者・江原真悟(えはら・しんご)がついに動き出した。日本中の極道地図を塗り替える大異変が刻一刻と進む中、自らを操る運命の糸に怯えはじめ丈二……。そして謎の美女との再会が待ち受ける!!
  • 660円/600pts
    千葉で行われた法要(ほうよう)先での揉(も)め事をビシッとまとめ上げ、想い出の地・木更津に立ち寄ったタイムスリップ親分・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)。そこで現白浜組組長・福永と再会した丈二だったが、かつての戦友から、突然の新宿(ジュク)復帰の申し出を受ける。そんな折、松風と名乗る霊媒師が出現。事態は怪しげな悪霊騒動へと……。
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP