TOP > 電子書籍 > ジキボリン

シリーズ作品

  • 330円/300pts
    青年は電車に乗り、物思いに耽る。頭に浮かぶのは彼女とのこと。彼女は、うつろで、儚げで、でも美しくて。 思い浮かぶのは、彼女が言ってたジキボリンという言葉。 電車の終着駅で、彼は何を見るのか。
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP