TOP > 電子書籍 > 天色ダイアリー -crisis of the Ordinary Days-

アマイロダイアリークライシスオブジオーディナリィデイズ天色ダイアリー -crisis of the Ordinary Days-

シリーズ作品

  • 440円/400pts
    唯里を取り戻すため実家へ乗り込んだ笑美里。その想いを受け取った唯里は自分にできる精一杯の抵抗を試みた。 命の危険すらあったその行動で遂に笑美里と唯里は真の再会を果たし、 唯里がどのようにして笑美里の娘となったのか、最後の物語が語られる。 長い笑美里の物語の終幕と共に時間が現在へ戻ると、健太のもとにあり得ない事を告げる一本の電話がかかってくる。 停学中の日本にいる健太にしかできない人助けをするため、健太は恩人である「おっこ」のもとへ向かうのだった。
  • 440円/400pts
    ようやく唯里と家族になれる兆しが見えた刹那、 笑美里のもとに訪れた実家からの使者によって、笑美里は唯里と引き離されてしまう。 笑美里は自分の無力さを痛感し打ちひしがれるが… そんな笑美里のもとに現れたのは1年間部屋を留守にしていた隣人のフリーター「修治」だった。 笑美里は修治の言葉に励まされ、誰もが捨てがたいと感じるものを投げうってでも唯里を連れ戻す決意をし、 修治と健太と共に実家へ乗り込むのだった。
  • 440円/400pts
    舞台は健太がまだ幼かった頃、健太の姉「笑美里」が大学生の時分。 笑美里は弟の健太と二人で東京の伯母のアパートで暮らすことになり、ひょんなことから隣人のフリーター「修治」を助けることになる。 笑美里と修治の歩みは次第に交差して行き、東京での生活も2年が過ぎた頃、 笑美里の前に伯母の孫にあたる「唯里」が最悪の形で姿を現す。 笑美里は唯里と共に暮らすことを切望し、一時的に面倒を見ることになるのだが…
  • 440円/400pts
    健太を慕う後輩「康介」がかつて心に負った深い傷との戦いは今もまだ続いていた。 健太をはじめ関わりをもった面々は、懸命に抗う康介の背中を押し、事件は一旦の解決を見る。 しかし、その中で健太の取った行動が原因で、健太は一人日本の実家へと一時帰国することになってしまう。 そこは姉の失踪の真相を知るという父が待つ伏魔殿。 健太は許嫁の「雛乃」と再会し、失踪した姉「笑美里」のことを語り始める。 舞台は11年前、笑美里の視点で語られる第3章が開幕する。
  • 440円/400pts
    健太が1年前から何故か慕われるようになった後輩「康介」からの恋愛相談の対応という平和な日常から一転、康介の異変により事態は緊迫する。 健太は所詮他人事である康介の抱える問題に関わることを躊躇するも、 共にトラブルに巻き込まれたどこまでも前向きな心を持つ友人「おっこ」の言葉により深く関わることを選択する。 しかし、康介の抱える心の傷は想像を絶する衝撃的な恐怖の記憶だった…
  • 440円/400pts
    かつて絶交した母の弟「健太」と和解するための勝負は遂に終局を迎える。 唯里はその決着をもって過去のしこりと決別をするが、一方の健太は何一つ自分の抱える問題を解決できないでいた。 3巻では唯里視点で語られた第1章は閉幕し、未だ姉の失踪の真相を探り続けている健太の視点で語られる第2章が始まる。 平穏で平和な学園生活に不釣り合いな目的を胸に秘めた健太は、 そんな学園生活を送る後輩の相談から新たなトラブルに巻き込まれていく。
  • 440円/400pts
    かつて共に暮らしていた母の弟「健太」と再会した唯里は、 未だ行方の知れない母がかつて薦めていたニューヨークにある日本人学校で「サイコーな日々」を送ることを求める。 唯里は、過去に絶交した健太との関係に頭を悩ませつつも、 まずは転校初日にすれ違ってしまったままのルームメイト「おっこ」との関係改善を図ろうと行動を起こす。 2巻ではそんなルームメイトとの衝突を経て遂に健太と衝突。 その中で健太は家を出て行った理由を語るのだった。
  • 440円/400pts
    かつて姉とその娘の「唯里」と暮らしていた弟「健太」は、姉が失踪したことで家を出た。 数年後、健太と唯里はニューヨークにある姉の母校の高校で再会することになる。 未だ姉の失踪の真相を探り続けている健太と姉が大好きだった学校で前向きに生きようとする唯里、 それぞれ過去に縛られた二人が様々な人と出会い、衝突し、巻き起こるトラブルや非日常に抗いながら平穏な日々と青春を取り戻そうとする物語。 二人は次第に姉の母校を巡る大きな物語に巻き込まれていく。 1巻ではそのほんの序章の途中までを唯里の視点で描く。
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP