TOP > 電子書籍 > 青い竜の谷 DX版

アオイリュウノタニデラックスバン青い竜の谷 DX版

コミック立ち読み
3巻配信中
ジャンルコミック/青年コミック/ヒューマンドラマ
出版社 ゴマブックス
青い竜の谷 DX版

シリーズ作品

  • 1320円/1200pts
    白亜紀と現代日本を舞台に恐竜たちとその守護者たる青年が活躍するファンタジー冒険コミック、ついに終幕! 【3巻分が一気に読めるお得なデラックス版】ついにマイクロフィルムが敵に奪取され、しかも、木賊(とくさ)姫香博士がダマされ、マイクロフィルムの暗号を解読してしまった。それにより、白亜紀と現代地球とのタイムジャンプが常時可能になってしまう。汚染された現代地球の浄化を画策する冷酷な企業集団NVAは、この装置を使って清浄な白亜紀の大気と海水を現代地球と入れ替える大プロジェクトを計画する。だが、そんなことをしたら白亜紀の恐竜たちが絶滅してしまう。それを阻止しようと、有志たちがタイムジャンプ装置がある白亜紀のクリティシャス・タワーと現代日本のNVA第七研究所への同時侵入を試みる。白亜紀ではオルフと小麦が、現代では彦とトダムがこの任に当たった。果たして、この勝率の低い侵入作戦は成功するのか? そして、白亜紀と現代地球の運命は・・・!? 6500万年を股に掛けた大冒険もついにグランドフィナーレ!【完結】初出:第5巻 ASUKA(角川書店)1991年12月号、1992年1~4月号 第6巻 ASUKA(角川書店)1992年6~10月号 第7巻 ASUKA(角川書店)1992年11、12月号、1993年1~3月号
  • 880円/800pts
    白亜紀と現代日本を舞台に恐竜たちとその守護者たる青年が活躍するファンタジー冒険コミック! 【2巻分が一気に読めるお得なデラックス版】白亜紀から現代に来てしまった木賊(とくさ)彦(16)の双子の弟・オルフは、公害や利己的な人たちに辟易して元いた白亜紀に戻ろうとする。伯母・木賊姫香と彦の同級生・山崎小麦の協力でレックスカンパニーが持つ時空を移動できる装置の始動に成功。だが、装置の揺らぎで元いた時代より数千年後の時代にタイムジャンプしてしまう。そこには恐竜と人の血を引く高等生物クアドマ人が地底都市を築いていた。しかも、現代地球以上の科学力がありUFOや宇宙船まで作れるのだった。このクアドマ人の姫・ペッテテを助けたオルフはリブデデ王より結婚することを強要される。果たして、オルフたちはこの危機を脱し元の時代に戻れるのか? 一方、重要なマイクロフィルムを持って白亜紀にタイムジャンプした彦はレックスカンパニーの追っ手に狙われていた。奴らは戦車まで現代から持ち込み、彦やトダムたちに襲い掛かる。果たして、近代兵器を前に勝機はあるのか?初出:第3巻 ASUKA(角川書店)1991年1~4月号 第4巻 ASUKA(角川書店)1991年7~11月号
  • 880円/800pts
    白亜紀と現代日本を舞台に恐竜たちとその守護者たる青年が活躍するファンタジー冒険コミック、いざ開幕! 【2巻分が一気に読めるお得なデラックス版】高校2年生の木賊(とくさ)彦(16)は、本来なら双子だった。だが、産まれてきた時はなぜか1人だったのだ。そして、本来なら一緒に生まれるはずだった弟は、なんと6500万年前の白亜紀後期に恐竜の子として産まれてしまったのだ。これは偶然タイムジャンプをする方法を発見してしまった稲川博士の研究の副産物だった。彦の弟・オルフは白亜紀で、同じく恐竜の子として産まれてきた人間たちと村を作り、そこで日本語や道具の作り方などを教え、人としての生き方をするようになる。そして、この村にはナイスバディ―の少女・ラビと正義感あふれるボス・トダムがいて、青春を謳歌していた。そんなある日、稲川博士の研究成果を狙う冷酷な企業体・レックスカンパニーの八雲が彦を追い詰める。稲川博士の研究成果を収めたマイクロフィルムを彦が持っていたからだ。そして、彦が捕まる瞬間、白亜紀のオルフと入れ替わってしまう。互いに別世界に着いた二人は、今までの生活とのギャップに戸惑う。だが、その間もレックスカンパニーの魔の手は止まらない。彦とオルフは大切なマイクロフィルムを守り切ることは出来るのか?6500万年をまたぐ大スペクタクルアドベンチャーがいま始まる!初出:第1巻 ASUKA(角川書店)1990年1~4月号 第2巻 ASUKA(角川書店)1990年7~10月号
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP