TOP > 電子書籍 > 物見の文士-狸囃子が聴こえる-

モノミノブンシタヌキバヤシガキコエル物見の文士-狸囃子が聴こえる-

シリーズ作品

  • 110円/100pts
    「私の家は件の『狸ばやし』が聞こえる田んぼの近くにあります」 文筆家・夜都木(やつぎ)周平の元へ届く、お光という少女からの手紙。ある時から手紙が絶えてしまい、気になった夜都木は彼女の住む本所へと足を運ぶ。町人たちは少女の所在どころか、「お光」とい名も知らない様子。聞き込むうちに知った手がかりありそうな場所へ足を運ぶと、そこには一匹の狸が「お光」と叫んでおりーー!? 変わり者の文士と狸と少女を取り巻く、不思議で心温まるおはなし。
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP