TOP > 電子書籍 > 闇の国々II[分冊版]

シリーズ作品

  • 858円/780pts
    〈闇の国々〉――それは、我々の現実世界と紙一重の次元にある謎の都市群。 中央史料館神話伝承部門研究員イジドール・ルイによる古文書の調査報告書の体裁で〈闇の国々〉の全貌を読み解くシリーズ外伝。 (この作品は『闇の国々II』に収録されています。重複購入にご注意ください)
  • 1540円/1400pts
    〈闇の国々〉――それは、我々の現実世界と紙一重の次元にある謎の都市群。 プラスチック製の植物を商うコンスタン・アビールは、長引く咳に悩まされていた。彼が住むブリュゼルは、大都市への発展途上にあり、古い街並みを埋め立て、近代都市へ生まれ変わらせようとする進歩主義者と、近代化政策に反対する地下組織とに二分されていた。進歩への期待と懐古の情の間で揺れ動くコンスタンは、やがてブリュゼルの近代化政策に巻き込まれていき……。 (この作品は『闇の国々II』に収録されています。重複購入にご注意ください)
  • 594円/540pts
    〈闇の国々〉――それは、我々の現実世界と紙一重の次元にある謎の都市群。 エリゼ宮、ルーヴル美術館、ポンピドゥー・センターなど実在の建築物をモチーフに、都市パーリの地下に広がる広大な迷宮を彷徨うオムニバス作品。 (この作品は『闇の国々II』に収録されています。重複購入にご注意ください)
  • 770円/700pts
    〈闇の国々〉――それは、我々の現実世界と紙一重の次元にある謎の都市群。 人々が平穏に暮らす都市クシストスで、ある噂が広がっていた。ここ数年の間、近隣の都市サマリスを訪れた旅人がことごとく姿を消していたのだ。調査員としてサマリスに派遣されたフランツ・バウアーは、閑散として、どこかよそよそしい雰囲気を持ったこの巨大な都市の秘密に巻き込まれていく……。 (この作品は『闇の国々II』に収録されています。重複購入にご注意ください)
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP