TOP > 電子書籍 > アウトリーチ

アウトリーチ

シリーズ作品

  • 198円/180pts
    とうとう岸田劉生が目の前に現れたが そんな彼を前にして絵画の外の世界へ 戻りたい大上は彼にカウンセリングを 試みるものの『彼』が望むものが 分からず焦り始める。 果たして望まれているものとは!? 大上や大紀の心にこの世界は 何を残すのか……
  • 198円/180pts
    岸田劉生の絵に導かれひたすら 彼の世界を探し続ける大紀たち。 彼らの前にお迎えとした現れたのは 愛娘である麗子“たち"であった。 劉生が戻るまで滞在しながらも 大上は大紀の感性に触れ、 今までの自分の価値観について 改めて見直しつつあることに気付く。 そんな中、とうとう『彼』が帰還するのであった。
  • 198円/180pts
    全力を尽くした展示が開始した 早々に会場には異質な『客』大上が現れる。 彼は作品を見るのではなく“商品" として扱う表現者からは賛否の 分かれる人間だった。 そんな彼が大紀の作品を前に 自身の価値観を押し付けたことに 怒りを覚えギャラリーへ導くのであった。 そんなギャラリーでは彼を導く ある人物が待っていた――
  • 198円/180pts
    父の言葉のショックを受け 羞恥や怒り、様々な気持ちを を作品に取りつかれたかのように 全力でぶつける大紀。 そしてグループ展開催当日、 彼の想いをさらけだした作品を 出展し開場することに――
  • 198円/180pts
    ゐつきに強引に誘われた展示で 他の展示仲間を紹介されて逆に プレッシャーを受けながらも もどかしい焦りを感じてしまう。 そんな中、家に突然父が訪れ 大紀のトラウマを呼び起こす。 弾まない会話の中でふと展示のことを 伝えると父が伝えたのは衝撃的な セリフであった……
  • 198円/180pts
    土田麦僊の世界に引き込まれた一同。 そこでは以前見た彼の傲慢さとは違う ストイックで繊細な姿を見せられる。 善き姿とは?と理想と現実に苦しむ 麦僊を救ったのはお笑い芸人の一言だった。 最後に麦僊が残した言葉は大紀の 心に何を残したのか彼は創作に 打ち込み始めるのだった。
  • 198円/180pts
    相方に解散を持ち掛けられ失意の お笑い芸人は虚しさを抱え 街をさまよっていた…… そんな中、大紀と出会いふとした 偶然から絵の中に引き込まれる。 今回引き込まれたのは、 甲斐庄楠音を拒絶した土田麦僊の絵画だった。 彼は大紀たちにどのような世界を見せるのか……
  • 198円/180pts
    甲斐庄楠音の世界に引き込まれたひぃこ を『男』の甲斐庄楠音と絵の中を 探し続ける大紀。 最後に『女』の甲斐庄楠音が 残した言葉はひぃこに向けたのか それとも大紀に向けたものなのか……
  • 198円/180pts
    SNSで飾った自分を見せることで 自分の世界に生きている「ひぃこ」 そんな彼女は毎日街中でSNSのネタを 拾うために彷徨っている。 ある日、大紀を見つけた彼女は 何か美味しい『ネタ』が無いかと 誘われるようにギャラリーにたどり着く。 自分が『ネタ』にされるとは思わずに……
  • 198円/180pts
    大紀が普段通う大学での日常にて 同級生である「ゐつき」は並々ならぬ ライバル心をもって彼と学生生活を 過ごしていた。 ある日、画廊に出入りする大紀を見つけ 何気なく覗いたところに絵に引き込まれる 衝撃的なところを目撃してしまう。 日常と非現実の間を行き交う彼の危うさを 感じて作家としての目的を与えて強引に 作家としての自覚を促すのであった……
  • 198円/180pts
    突然、目の前で変容したアンソールに驚き 逃げ回る少年。 逃げ回る中で助けを求めながらも 彼は遅まきながら自分の立場と自我に目覚める。 少年の『変容』に気付き満足したアンソールは 彼の元を去っていく…… 現実に戻った少年に受け継がれたのは――
  • 198円/180pts
    画廊での日常に今回招かれた『新たな客』。 それは大人顔負けで理詰めで迫ってくる、小さな子ども。 画廊での言いたい放題の彼のふるまいは静かな日常に波紋を落とす。 そんな彼に声をかけたのは「アンソール」の絵画だった。 人骨と仮面に囲まれた恐ろしい世界で逃げ回る子供の前に 現れたアンソールは彼に何を見せるのか――
  • 198円/180pts
    「速水御舟」の絵画の中に引きこまれた、大紀と老婦人、オーナー。 なぜ呼ばれたのは老婦人だったのか? 彼女の過去を振り返りながらも 「御舟」の本体が語る『真』とは!? 呪われた絵画で最期に彼らが見たものは――
  • 198円/180pts
    「呪われた絵画」の魅力に引き付けられ、画廊に通い続ける大紀。 ある日、車に引かれそうになり助けた老婦人と画廊で再会するが彼女は大紀を全く覚えていなかった…… そんな彼女はオーナーにすすめられ、絵を購入しようとするが大紀がすすめた「速水御舟」の絵画に呼ばれ絵の世界へ引き込まれるのであった――
  • 198円/180pts
    美大の卒業制作に悩み何かヒントを求め街中をふらふらする大紀。 ふと気づくと裏道の怪しいギャラリーを見つけて入ってみると、 そこは「呪われた絵画」のみを扱う妖しいオーナーと絵画たちが彼を待っていた――
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP