TOP > 電子書籍 > 復讐の教科書

フクシュウノキョウカショ復讐の教科書

コミック立ち読み
12巻配信中
ジャンルコミック/青年コミック/学園
出版社 講談社
掲載誌 マガジンポケット
復讐の教科書

シリーズ作品

  • 495円/450pts
    教師になることを夢見る高校生・黒瀬良太郎。担任の白鳥先生に憧れる彼は、凄惨なイジメを受けていた。ある日、イジメが露見することを恐れたイジメっ子達に、屋上でこう言われる。「イジメがバレる前に自殺してくれない?」と。目を疑う状況に、動揺から黒瀬は足を踏み外してしまい……。だが、それが全ての始まりだった! 「ねぇ、先生。それでも、やり返しちゃいけないんですか?」 白鳥との激闘から7日後、病室で目を覚ました黒瀬は突如失踪する。はたして病院を抜け出し彼が向かった場所とは、そして、彼の中身は黒瀬なのか白鳥なのか。群青らは黒瀬の行方を捜すため白鳥の過去を探ることに。白鳥の高校時代の同級生が語ったのは、白鳥の過去。いかにして白鳥は悪魔へと変貌を遂げたのか。その理由が今明かされる!!
  • 495円/450pts
    教師になることを夢見る高校生・黒瀬良太郎。担任の白鳥先生に憧れる彼は、凄惨なイジメを受けていた。ある日、イジメが露見することを恐れたイジメっ子達に、屋上でこう言われる。「イジメがバレる前に自殺してくれない?」と。目を疑う状況に、動揺から黒瀬は足を踏み外してしまい……。だが、それが全ての始まりだった! 「ねぇ、先生。それでも、やり返しちゃいけないんですか?」 邪魔者である黒瀬と柊を殺すため、白鳥は美谷を操り校舎に火を放つ。閉じ込められた生徒たちが逃げ惑う中、黒瀬と不道が再び対峙。共通の敵・白鳥を倒すため黒瀬は共闘を提案するが、不道はそれを拒否する。一人脱出を試みる不道だったが、黒瀬が細工をした避難袋が裂け4階から転落。ついにイジメ犯5人への復讐は果たし、残るはすべての元凶・白鳥聖のみ!!
  • 495円/450pts
    教師になることを夢見る高校生・黒瀬良太郎。担任の白鳥先生に憧れる彼は、凄惨なイジメを受けていた。ある日、イジメが露見することを恐れたイジメっ子達に、屋上でこう言われる。「イジメがバレる前に自殺してくれない?」と。目を疑う状況に、動揺から黒瀬は足を踏み外してしまい……。だが、それが全ての始まりだった! 「ねぇ、先生。それでも、やり返しちゃいけないんですか?」 愛するものを奪われ心を折られた黒瀬。その裏側で暗躍していたのは新島絹枝だった。そして、新島は嫌いな人間を地獄に落とすべく、くるみの命を奪い、冴木に罪をなすりつける。更なる悲劇で黒瀬は失意のどん底に。しかし、くるみの最期の言葉が黒瀬の心に火をつけた! 全面戦争、開幕!!!!
  • 495円/450pts
    教師になることを夢見る高校生・黒瀬良太郎。担任の白鳥先生に憧れる彼は、凄惨なイジメを受けていた。ある日、イジメが露見することを恐れたイジメっ子達に、屋上でこう言われる。「イジメがバレる前に自殺してくれない?」と。目を疑う状況に、動揺から黒瀬は足を踏み外してしまい……。だが、それが全ての始まりだった! 「ねぇ、先生。それでも、やり返しちゃいけないんですか?」 白鳥の魔の手から柊を守るため、黒瀬は柊に先生に近づかないよう警告する。しかし、黒瀬の説得も虚しく二人は急接近。柊が白鳥に溺れていく様を見せつけられ黒瀬の心は崩壊寸前……。そして、白鳥のシナリオの裏で新たな悪意が動き出す! 絶望へのカウントダウンがはじまった!
  • 495円/450pts
    教師になることを夢見る高校生・黒瀬良太郎。担任の白鳥先生に憧れる彼は、凄惨なイジメを受けていた。ある日、イジメが露見することを恐れたイジメっ子達に、屋上でこう言われる。「イジメがバレる前に自殺してくれない?」と。目を疑う状況に、動揺から黒瀬は足を踏み外してしまい……。だが、それが全ての始まりだった! 「ねぇ、先生。それでも、やり返しちゃいけないんですか?」 黒瀬はサマリーノートに残されていた違和感から「1年前、柊カレンがイジメられていた」という新情報に辿り着く。柊イジメの裏に白鳥の関連を疑った黒瀬はイジメ犯・雪田清子への接触を図ろうとするも、彼女はすでに退学済みで、その後失踪していた。しかし、熱海で雪田の目撃情報あり! 彼女の居場所を探るため黒瀬と柊は熱海へと向かう!!
  • 495円/450pts
    教師になることを夢見る高校生・黒瀬良太郎。担任の白鳥先生に憧れる彼は、凄惨なイジメを受けていた。ある日、イジメが露見することを恐れたイジメっ子達に、屋上でこう言われる。「イジメがバレる前に自殺してくれない?」と。目を疑う状況に、動揺から黒瀬は足を踏み外してしまい……。だが、それが全ての始まりだった! 「ねぇ、先生。それでも、やり返しちゃいけないんですか?」 黒瀬が憧れていた白鳥聖には裏の顔があった。白鳥の自宅に隠されていたノートに書かれていたのは、「ブス」や「クソガキ」など辛辣な言葉が並んだ生徒の個人情報。はたして、彼が「サマリーノート」を作っていた理由とは、そして、彼が記憶喪失を演じていた目的とは一体……!? 次々に明らかになる新事実、物語は急展開を迎える!!
  • 462円/420pts
    教師になることを夢見る高校生・黒瀬良太郎。担任の白鳥先生に憧れる彼は、凄惨なイジメを受けていた。ある日、イジメが露見することを恐れたイジメっ子達に、屋上でこう言われる。「イジメがバレる前に自殺してくれない?」と。目を疑う状況に、動揺から黒瀬は足を踏み外してしまい……。だが、それが全ての始まりだった! 「ねぇ、先生。それでも、やり返しちゃいけないんですか?」 黒瀬が憧れていた白鳥聖には裏の顔があった。白鳥の自宅に隠されていたノートに書かれていたのは、「ブス」や「クソガキ」など辛辣な言葉が並んだ生徒の個人情報。はたして、彼が「サマリーノート」を作っていた理由とは、そして、彼が記憶喪失を演じていた目的とは一体……!? 次々に明らかになる新事実、物語は急展開を迎える!!
  • 462円/420pts
    教師になることを夢見る高校生・黒瀬良太郎。担任の白鳥先生に憧れる彼は、凄惨なイジメを受けていた。ある日、イジメが露見することを恐れたイジメっ子達に、屋上でこう言われる。「イジメがバレる前に自殺してくれない?」と。目を疑う状況に、動揺から黒瀬は足を踏み外してしまい……。だが、それが全ての始まりだった! 「ねぇ、先生。それでも、やり返しちゃいけないんですか?」 クズが“痛み"を知るまでこの復讐は終わらない。次なる復讐のターゲットはスクールカースト最上位のイマドキJK・森野くるみ。彼女は、白鳥先生の大学時代の友人と遭遇し慌てる黒瀬を怪しむ。なんとか切り抜けた黒瀬は、彼女の「SNSの秘密」を暴き、逆襲を試みた。黒瀬が見つけた、その驚くべき秘密とは……?
  • 462円/420pts
    教師になることを夢見る高校生・黒瀬良太郎。担任の白鳥先生に憧れる彼は、凄惨なイジメを受けていた。ある日、イジメが露見することを恐れたイジメっ子達に、屋上でこう言われる。「イジメがバレる前に自殺してくれない?」と。目を疑う状況に、動揺から黒瀬は足を踏み外してしまい……。だが、それが全ての始まりだった! 「ねぇ、先生。それでも、やり返しちゃいけないんですか?」 切木と付き合い、黒瀬の魂が宿る白鳥先生と関係を持ち、そして今、不道になびく美谷ひな。地雷女・美谷との関係が不動たちにバレれば即アウト! そんな時、あることがきっかけで、悪魔・仙水が目を覚ます。イジメることに悦びを覚え、殺すことも厭わない仙水の悪意が向かった先は──!? 今、イチバン爽快な人生交錯復讐劇!!
  • 462円/420pts
    教師になることを夢見る高校生・黒瀬良太郎。担任の白鳥先生に憧れる彼は、凄惨なイジメを受けていた。ある日、イジメが露見することを恐れたイジメっ子達に、屋上でこう言われる。「イジメがバレる前に自殺してくれない?」と。目を疑う状況に、動揺から黒瀬は足を踏み外してしまい……。だが、それが全ての始まりだった! 「ねぇ、先生。それでも、やり返しちゃいけないんですか?」 クズが“痛み"を知るまでこの復讐は終わらない。次なる復讐のターゲットはスクールカースト最上位のイマドキJK・森野くるみ。彼女は、白鳥先生の大学時代の友人と遭遇し慌てる黒瀬を怪しむ。なんとか切り抜けた黒瀬は、彼女の「SNSの秘密」を暴き、逆襲を試みた。黒瀬が見つけた、その驚くべき秘密とは……?
  • 462円/420pts
    教師になることを夢見る高校生・黒瀬良太郎。担任の白鳥先生に憧れる彼は、凄惨なイジメを受けていた。ある日、イジメが露見することを恐れたイジメっ子達に、屋上でこう言われる。「イジメがバレる前に自殺してくれない?」と。目を疑う状況に、動揺から黒瀬は足を踏み外してしまい……。だが、それが全ての始まりだった! 「ねぇ、先生。それでも、やり返しちゃいけないんですか?」 イジメ犯に屋上からの飛び降りを強要された黒瀬良太郎は、目が覚めると担任の白鳥聖と入れ替わっていた。黒瀬は白鳥の肉体の中でイジメ犯5人に復讐することを誓う。次なるターゲットは切木竜也、「バカには鉄拳制裁を」とイジメを正当化する切子に、黒瀬が用意した復讐とは……。
  • 462円/420pts
    教師になることを夢見る高校生・黒瀬良太郎。担任の白鳥先生に憧れる彼は、凄惨なイジメを受けていた。ある日、イジメが露見することを恐れたイジメっ子達に、屋上でこう言われる。「イジメがバレる前に自殺してくれない?」と。目を疑う状況に、動揺から黒瀬は足を踏み外してしまい……。だが、それが全ての始まりだった! 「ねぇ、先生。それでも、やり返しちゃいけないんですか?」
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP