TOP > 電子書籍 > サギ、欲情に鳴く プチキス

サギヨクジョウニナクプチキスサギ、欲情に鳴く プチキス

コミック立ち読みNEW
6巻配信中
ジャンルコミック/女性コミック/恋愛
出版社 講談社
掲載誌 Kiss
サギ、欲情に鳴く プチキス

シリーズ作品

  • 110円/100pts
    家出を決意したりつかは河原で要と別れた後、一人一度も訪れたことがなかった町へとたどり着く。何のあてもなくネットカフェで寝泊まりする毎日。しかし今までにない自由を感じていた。ある日、サギに襲われている女性を助けたりつかは…。
  • 110円/100pts
    要と会った後、帰宅したりつかに夫が放った思いもかけない言葉。りつかはある決意とともに過去の自分を振り返る。「私はつねに人を見下していたと思う」彼女の心の深い傷。それは何によってもたらされたのか? 他者の非難を浴びても、サギはさらに空高く飛ぶ。
  • 110円/100pts
    町中でサギ被害が深刻する中、りつかの心は荒れていた。夫の浮気、失業、そして「自分が何を求めているのかわからない」こと。しかし要との奇妙な交流は深まっていく。そんなりつかに夫は…。
  • 110円/100pts
    仕事を辞め夫の浮気を目撃したりつかの未来はさらに混迷の中へ。不穏なサギが雨空を舞う中、寄るすべなく彼女を慕う要の傘の中へ入るりつか。言動でりつかの全てを縛る夫の思惑とは? 奇妙な二人の関係が明らかに…!
  • 110円/100pts
    要との出来事、サギが泣いた夜のことをりつかは忘れようとする。何もないいつのも日常に戻ろうとするりつかだったが、要と再びサギのいる川べりのベンチで出会って…。
  • 110円/100pts
    「私は30半ばをとうに過ぎても」「いまだ少女のように自分を探し続けている」最近サギ被害に悩まされているある町で、羽田りつかは子供は作らなかったが経済的に安定した夫と一軒家に二人暮らしをしている。世間的に見れば恵まれた方だと言われるが、彼女は「自分には価値がない」と思わない日がない。将来に夢がなく世界から取り残された思いを抱きつつ日々を送っている。彼女がパートで入っている惣菜店には毎週火曜日に必ず唐揚げを買いにくる「からあげくん」と呼ばれる高校生男子がいた。周囲から風変わりな男子と見られている彼とりつかはある小さな事件で関わりを持つことになる。自分が彼にのめり込んでいくとも知らずに…。
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP