TOP > 電子書籍 > ゆるゆる生物日誌

ユルユルセイブツニッシゆるゆる生物日誌

シリーズ作品

  • 990円/900pts
    恐竜は絶滅したのに、人類は今日まで進化し、生き残ることができたのか―― インスタグラムの人気アカウント @kotobi00 が贈る、異色の生物学まんがが帰ってきた! 今回も長すぎる進化の歴史をゆる~いタッチとギャグを交えて、100ページぐらいでまとめました。 監修は、サイエンスライターの土屋健氏。 だいたい30分ぐらいで読めて、大人のちょっとした教養、そして子どもの学習のきっかけになる画期的な一冊です! 【著者プロフィール】 著者:種田ことび (たねだ ことび) 大阪芸術大学情報デザイン学科卒業。 大学でデジタルグラフィックやメディアプランニングを学ぶ。 グラフィックデザインやウェブデザイン等のデザイナーとして勤務後、フリーランスに。 2018年1月、趣味として古生物学の漫画執筆を開始し、SNSで発表。 Instagram: @kotobi00 監修:土屋健 (つちや けん) サイエンスライター。オフィスジオパレオント代表。 金沢大学大学院自然科学研究科で修士(理学)を取得。 その後、科学雑誌『Newton』の編集記者、部長代理を経て独立し、現職。 2019年、サイエンスライターとして初めて日本古生物学会貢献賞を受賞。 近著に『化石ドラマチック』(イースト・プレス)、『パンダの祖先はお肉が好き!?』(笠倉出版社)、『恐竜・古生物 No.1図鑑』(文響社)など。
  • 880円/800pts
    40億年以上前、私たち人間の祖先は一体何をやっていたのか――。 Instagramでフォロワー急増中! 地球誕生から恐竜絶滅までの生物進化の過程を、 ゆるすぎるイラストとなぜか(?)関西弁でたどる 異色の人気コミックが単行本になりました! ! 監修は『リアルサイズ古生物図鑑』の土屋健氏。 生物の進化という壮大なテーマを、ざっくり楽しく学べます! 単行本描き下ろしも収録!
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP