TOP > 電子書籍 > 繕い裁つ人 プチキス

ツクロイタツヒトプチキス繕い裁つ人 プチキス

コミック立ち読み完結
30巻配信中
ジャンルコミック/女性コミック/仕事・職業
出版社 講談社
掲載誌 Kiss
繕い裁つ人 プチキス

シリーズ作品

  • 110円/100pts
    服にまつわる人々の思いを描き出す、優しい物語――。エピローグと、市江と藤井の秘密の約束を描く番外編を収録した最終巻。
  • 110円/100pts
    藤井からの手紙で、パリに行くことを少し考え始めた市江。そんな時、藤井のかつての上司・巽から、丸福百貨店でのブラックドレス展に参加してほしいという誘いが。年4回開催予定の催しに参加すれば、パリに行くことはできない。果たして市江の選択は……。服と、それが映し出す人の心を描く物語、完結――。
  • 110円/100pts
    先代・志乃の妹、那津がアメリカから帰国した。現役タップダンサーとして本場で仕事をしている彼女だが、最近はあまりうまくいっていないらしい。そんな彼女が市江に伝えた言葉は…。
  • 110円/100pts
    高校を卒業した直子たちのための服を仕立て上げた市江。そして今から仕上げようとしているのは、パリへ発つ藤井のためのチェスターコート。彼の出発の日が近づく――。
  • 110円/100pts
    直子たちの通う高校の先生・畑中が南洋裁店を訪れた。教師を辞め、町を離れる彼女が仕立てたいというのは、真っ黒なフォーマルワンピース――。
  • 110円/100pts
    フランスへの異動が正式に決定した藤井。淡々と静かに準備を続けている日々だ。一方でそれを聞いた市江は、ある服を仕立てることを決意していた――。
  • 110円/100pts
    丸福百貨店での橋本洋裁教室が終了することに。それを聞いて橋本のもとを訪れた市江は、教室は橋本自身の店で小規模に続けていくと聞いて安心する。しかし橋本の口から衝撃の言葉が…。
  • 110円/100pts
    調査会社でアルバイトをしている京子。彼女の楽しみは、牧のお店に飾られた市江のドレスを眺めることだった。経済的な面でも、着こなしの面でも、自分には買えないと諦めていた京子だったが…。
  • 110円/100pts
    広田の娘・まなみは母親から与えられる高級な品々を身に着けて育ってきたが、その分自分の欲しいものがないように感じていた。同級生といても、自分が身に着けているものの高価さに引け目を感じてしまう。そんなまなみが南洋裁店を訪れ…。
  • 110円/100pts
    「ステキ」なものは何でも欲しがり、欲しいものは必ず手に入れる、お洒落マダム・広田。ひょんなことから彼女が南洋裁店に興味をもち、市江に仕立てを依頼するが…
  • 110円/100pts
    定番商品をつくりたいと言う翔。市原たちだけでなく、市江も巻き込もうと誘うが、市江は乗り気ではない。一方その頃、庄司との結婚式が近づいている牧は…。
  • 110円/100pts
    橋本洋裁教室の展示会で会った市原とアラキと翔。翔の若さに突き動かされるように、彼らは新たなプロジェクトに向けて、前向きに歩き始める。一方、誰かとともに仕事することをあまり好まない市江は…。
  • 110円/100pts
    かつての橋本の教え子で、デザイナー・市原。市原の元仲間で、今は袂を分かっているパタンナー・アラキ。そして翔もフランスから帰国。才能あふれる彼らがみな、橋本洋裁教室の展示会に集まって…。
  • 110円/100pts
    丸福百貨店・藤井が企画して催される橋本洋裁教室の展示会。そこに南洋裁店の初代・志乃の作った服も展示されることに。志乃の作品を保存する衣裳部屋は、市江に古い記憶を思い出させる――。
  • 110円/100pts
    藤井の妹・志伸が、すっかり気力を失って藤井の部屋に居ついている。どうやら失恋したらしい。そこで、市江と母のもとで志伸を預かることになったのだが…。
  • 110円/100pts
    南洋裁店の「展示会」に、アラキデザインオフィスの社長で、気鋭のデザイナーの立原が訪れる。服飾について、市江とは真逆の考え方を持つ彼が、市江の服を見て感じたのは…
  • 110円/100pts
    市江が企画した南洋裁店での洋服の「展示会」。そこに飾られているドレスのひとつは、夫と離婚して町を離れたさつきが、夫に作ってもらったもので…
  • 110円/100pts
    市江の祖母であり先代の志乃が企画した「夜会」。志乃亡き後も市江が受け継いで続けているが、夫婦での参加に限定しているためもあって人数も年々減少し、市江にはその意義が分からなくなり始めていて…。
  • 110円/100pts
    焦げ付きで穴が開いてしまったウールのジャケットのお直しの依頼。20年前に流行った大量生産品で、今では特に価値のなさそうなものなのだが、依頼者はどうしても直してやりたいと言う。それにはある理由が…。
  • 110円/100pts
    市江の先輩・万智の父親が亡くなった。万智の姉で、海外で暮らしていた八重も帰国してきたが、万智との間には溝がある。そんな中、亡き父が八重に残した布を洋服に仕立ててほしいと万智から市江に依頼が…。
  • 110円/100pts
    南洋裁店に現れた男子学生・翔。華やかで完成度の高い服を仕立てる才能あふれる若者だ。若さゆえの自信と情熱にみなぎる彼の様子を見て、市江が感じるのは…。
  • 110円/100pts
    藤井の勤務する丸福百貨店のリフォームコーナーの閉鎖が決まった。リフォームの依頼先であるテーラー橋本の腕を買っている藤井は、何とかしようと画策するが…。
  • 110円/100pts
    市江に相談したいことがあるらしく、藤井が南洋裁店にやってきた。移動する先輩・巽に贈り物をしたいという。その相談に乗る中で、巽という女性を知った市江は…。
  • 110円/100pts
    市江のもとに持ち込まれたのは、高価な女性用の着物。持ち込んだ息子は、和服ではなく洋服に仕立て直してくれと言う。会ったことのない人の服は仕立てられないと言う市江だったが…。
  • 110円/100pts
    市江の町の高校の卒業式が近づき、教員のスーツの直しや生徒のスカートの裾を長くするなどの仕事が市江のもとにやってくる。そんな中、卒業式で引くピアノを練習する女子高生・のり。彼女には秘めた想いがあって…。
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP