TOP > 電子書籍 > 湾岸MIDNIGHT 超合本版

ワンガンミッドナイトチョウガッポンバン湾岸MIDNIGHT 超合本版

コミック立ち読み完結
11巻配信中
ジャンルコミック/青年コミック/車・バイク
出版社 講談社
掲載誌 ヤングマガジン
湾岸MIDNIGHT 超合本版

シリーズ作品

  • 2640円/2400pts
    自動車チューニング誌「GTカーズ」は、デジタル雑誌として再スタートし、ベスト版の形で、紙の雑誌としても復活した。そんな中、ノブは、走りの管理を託された伝説のポルシェターボ・ブラックバード号で走り込み、荒井(あらい)は幕張メッセで開催されるカスタムショーに連日通っていた。荒井の目当ては、有栖(ありす)ガレージの35GT-R。ワケありのチューナー・有栖は、荒井への手紙と共に、その35RをRGOに託す。
  • 3300円/3000pts
    90年代の伝説の首都高ランナー・佐藤(さとう)の32Rを駆る機会を得たノブは、RX-7とGT-Rの差に戸惑いつつも、徐々に順応していく。それを見たリカコは、C1外回りのタイムアタックの許可を佐藤から取るが、かつて「マッドドッグ」と呼ばれた佐藤の中で、何かが燻り始めた
  • 3300円/3000pts
    荻島(おぎしま)のRX-7をベースにした“究極の首都高スペシャル"造りは着々と進んでいた。そして、達也(たつや)のブラックバードにも、「調律」という形で北見(きたみ)の手が入っていく。さらに、レイナもファッションモデルの仕事でアメリカに旅立った――。さまざまな状況が変化していくなかで、アキオの悪魔のZだけが、手を加えられないままでいた。
  • 3300円/3000pts
    ターボ化されたホンダ“S2000"を乗りこなせ!! --加速する“地上のゼロ戦"編!! アキオの運転するS2000(=エス)に同乗し、自分の運転とのあまりの違いに愕然(がくぜん)とするユウジ。その一方でエスはターボ化、着々と“地上のゼロ戦"へと変貌(へんぼう)を遂げていた--。MADE IN JAPANのエスは、“地上のメッサーシュミット"=ポルシェ911ターボを撃墜(げきつい)できるのか……!?
  • 3300円/3000pts
    Z32専門の天才チューナー・山下との出会いによって、「本物のアタシの走り」を追求しはじめた、キャバ嬢マコト。ポルシェ911“ブラックバード"の助手席で、当たり前のステアリングが「当たり前ではなくなる瞬間」を体感する……!! アキオの走りに「自分の求めていたモノ」を発見したマコトは……!? 深夜の首都高に現れる、幻のような空間。湾岸モーターストーリー!!
  • 3300円/3000pts
    ACEのカンバンを、お前に預ける――。デモカーとしてのプライドを懸けて、“ブラックバード"を追撃した34R。一瞬のミスによって、全損……。しかし資金繰りの苦しいACEには、デモカーを作り直す余力はない。号泣する友也(ともや)に対し、今日子と後藤社長は提案する。「インテRを売って、中古の32Rを買い、デモカーとして組み直せ。ただし、自分ひとりの力で」と――!!
  • 3300円/3000pts
    「繊細さ」、そして「はかなさの暴力」、FC3S。安定志向のスポーツカーじゃない。操縦性に優れているわけでもない。「まわりとは違う」と証明する――。チューンドロータリーを選ぶということは、そういうことなんだ!! アキオと出会い、激しい過去を蘇(よみがえ)らせた城島(きじま)。一人の“乗り手"として再燃した執念が、かつての愛車、FC3Sを捜し当てる!!
  • 3300円/3000pts
    S30Z、33R。「会いたい」という思いの強さが、お互いを最高速のステージに呼び寄せる……。アキオ、タカ。出会うのは、同じ走りの意思を持つ者同士。道路交通情報、どこにも事故や工事渋滞なし。奇跡が与えてくれた一夜……走るなら、今しかない──!!!! たとえ無謀と言われようとも、命のやりとりが伝え合うものを確かめたい!! 四輪に懸ける、熱き思い。静かにヒートしていく、湾岸モーターストーリー!!
  • 3300円/3000pts
    「“悪魔のZ"撃墜(げきつい)マシン」……それは、色あせることのない時を生きてきた男たちの結晶! ケイの80スープラ。自らを倒すことになるやもしれない、マシンのボディを仕上げるアキオ。それぞれの思いが交錯するなか、時の流れは急速に高速ステージへと集結する……!! 高木・北見が仕上げた達也の911。RGO山中の33R。そして環状で、なにかが起こる!! 緊迫・迫真の湾岸モーターストーリー!!
  • 3300円/3000pts
    フェアレディS30Zに魅入(みい)られし男がまたひとり。ロータリーを駆り、かつて“湾岸最速"と呼ばれた男、マサキ。“地獄のチューナー"北見と、“悪魔のZ"に燃やす激しい対抗心は、オーバー300km/hの戦慄(せんりつ)と誘惑の中で激しくきしみ、揺れる……!! RX-7・FD3S。ブラックバード、れいなのGT-Rとともに、追撃態勢が整うのだが……!?
  • 3300円/3000pts
    解体所でスクラップ寸前の「フェアレディS30Z」――。アキオが出会ったバキバキチューンのこの魔物は、かつて3人ものオーナーを飲み込んできたという伝説を持つ、その名も“悪魔のZ"だった――。“Z"の魔性に導かれていくアキオは、超速のポルシェ「ブラックバード」を駆る“湾岸の帝王"と対決することに。そして……新たなる伝説(レジェンド)へ……。熱き想いが、路面を焦がして疾走する。鉄の四輪に魅入(みい)られ
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP