TOP > 電子書籍 > ゴーマニズム宣言 2nd Season

ゴーマニズムセンゲンセカンドシーズンゴーマニズム宣言 2nd Season

シリーズ作品

  • 1320円/1200pts
    緊急警告! 「専門バカ」が大衆の恐怖を煽る 新型コロナ・パニックに踊らされるな!! 著者:小林よしのり 日本の闇に光を当てろ!! 保守の立場からこの国のあり方を考え続けてきた小林よしのりが、女性・女系天皇論、伊藤詩織さん裁判、韓国論、そして新型コロナ騒動などを斬りまくる! 故・中村哲氏との貴重な「アフガンの真実」対談も特別再録! 【本書の内容】 「新型コロナはグローバリズムを見直すための警告だ!」。全世界で猛威を振るうCOVID-19に、各国はパニック状態。この現状に対し、「緊急警告」を小林よしのりが発する。保守として、ナショナリストとしてグローバリズムへの疑義を呈してきた著者だからこそ語れる「コロナ・パニックに踊らされるな」の言葉は重い。また、本巻でも女性への性暴力問題や、令和の時代に皇統を維持するための女性天皇・女系天皇容認論など、「劣化した日本を立て直す」ための新たな、そして更新された論を展開している。 また、巻末には2019年12月にアフガニスタンにて襲撃された医師・中村哲氏との2003年の対談を追悼特別再掲載。医師でありながら、かの地で井戸を掘り続けた中村氏の真意が存分に語られている。残念ながらと言うべきか、ここに収められた中村氏の至言は、現在にも通用するものとなっている。 【本誌掲載内容】 第59宣言 たった16年で親米ポチが豹変 第60宣言 レイプの責任は女には一切ない 第61宣言 なぜ掲載不可なのか? 第62宣言 今の価値観を過去に適用する愚 第63宣言 韓国併合前の朝鮮の状況 第64宣言 イザベラ・バードの朝鮮紀行 第65宣言 ケネス・ルオフ氏と日米対談 第66宣言 レイプ被害者の心理もわからぬ劣化保守 第67宣言 嫌韓ヘイトではない韓国論 第68宣言 雅子皇后への眼差しの変化 第69宣言 令和元年の総括 第70宣言 卑弥呼こそ天照大神である 第71宣言 伊藤詩織氏、勝訴! 第72宣言 慰安婦、歴史ねつ造を許すな 第73宣言 慰安婦、儒教の国の女 第74宣言 玉川徹は反日ではないか? 第75宣言 慰安婦と反日種族主義 第76宣言 「韓国は嘘つきの国」はヘイトか? 第77宣言 伊藤詩織セカンドレイプの醜悪 第78宣言 皇統の男系固執、終了! 第79宣言 中村哲とアフガニスタン・ペーパーズ 第80宣言 コロナとグローバリズム 中村哲氏との巻末「追悼特別再録」対談 アフガンの真実対談 メディアのアフガン報道は嘘とインチキだらけ
  • 1320円/1200pts
    女性・女系天皇実現、アメリカからの脱属国、そして性暴力根絶etc. 劣化した日本を再生せよ!! 「男女公平」は「新たな伝統」なのである! 『ゴー宣』が再び、新たな戦いに突入! ・伊藤詩織さんと係争中の人物から、小林よしのりも名誉毀損で訴えられた! ・女性差別をなくしていく時代に、なぜ愛子さまが皇太子になれないのか? 藤井聡氏とのナショナリズム復興のための対談も特別収録! 2018年4月に『週刊SPA!』に復活した『ゴーマニズム宣言』の第3巻。本作では女性への性暴力問題や、令和の時代に皇統を維持するため の女性天皇・女系天皇容認論など、「劣化した日本を立て直す」ための新たな、そして更新された論を展開。もちろん、持論である「アメリカからの脱属国」のために健全なナショナリズムのあり方を考える。 ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。
  • 1320円/1200pts
    終わりゆく平成。しかし、『ゴー宣』の「最期の戦い」はまだまだ終わらない! 小林よしのりが平成を総決算!新天皇即位を寿ぐ
  • 1320円/1200pts
    あの『ゴーマニズム宣言』が、23年ぶりに『週刊SPA!』に復活!! 小林よしのり、最期の戦いが「より凶暴に」始まる! 1995年、オウム真理教事件への報道姿勢の違いから『週刊SPA!』と決別した小林よしのりさんが、23年のときを経て『ゴーマニズム宣言』の連載を再開し、『週刊SPA!』に復活しました(2018年4月から)。 小林さんは『ゴー宣』を復活させた理由を、次のように語ります。 「再びわしが毎週という過酷なペースで『ゴーマニズム宣言』を描くことにしたのは、怠惰と堕落の底に沈んだ日本を、再浮上させるための最期の戦いが必要だと決意したからである。 未だ皇位の安定的継承もならず、戦後レジームからの脱却もならず、貧富の格差拡大や、少子高齢化における将来不安、女性の地位やLGBT等の問題、先端生殖医療の倫理観など、あらゆる価値が混沌とする状況で、総合的に語る思想漫画を子孫に残しておこうと考えた。」(巻末収録「檄文」より) するどく現在の社会問題に切り込む本作では、 ●安倍改憲には権力の暴走を縛る「立憲的改憲」で対抗せよ! ●オウム13人の死刑を経て、「オウムに殺されかかった漫画家」としてあの事件を総括! といった大テーマのほか、セクハラ問題、日米地位協定、新幹線通り魔殺人事件など、さまざま事象に対し、「ごーまんかましてよかですか!?」と数々の"断言"な問題提起します! 【小林よしのりさんプロフィール】 漫画家。1953年、福岡県生まれ。『東大一直線』でデビュー。『おぼっちゃまくん』などのギャグ漫画が子供たちの間で大ブームに。1992年、『ゴーマニズム宣言』の連載スタート。思想エッセイ漫画という新ジャンルを打ち立て、1998年の『戦争論』も大ヒット。その他、『沖縄論』『台湾論』『天皇論』などヒット作多数。2014年、23年ぶりにかつて決別した『週刊SPA!』で『ゴーマニズム宣言』を復活させる。 【本誌掲載内容】 第1宣言 復活の狼煙を上げる 第2宣言 西部邁、属国に死す 第3宣言 権力忖度システムの愚劣 第4宣言 立憲的改憲という選択がある 第5宣言 女人禁制は伝統ではない 第6宣言 セクハラより人材だ 第7宣言 枝野幸男・コスタリカ・ガンジー主義 第8宣言 長谷部恭男の愚民思想を撃つ 第9宣言 地位協定と憲法9条 第10宣言 安倍「自衛隊明記」の危険 第11宣言 「自衛隊明記」に潜むコンプレックス 第12宣言 君たちはどう生きるか 第13宣言 オウム教祖・幹部、死刑執行 第14宣言 なぜ高学歴の若者がオウムに入ったか 第15宣言 VXガス暗殺団との戦い 第16宣言 吉本隆明らインテリの犯罪 第17宣言 オウムを利する危険なリベラル BEFOR 2nd Season 特別収録 教育勅語で道徳は復活しない 特別収録 憲法と山尾志桜里の真実 檄文 『ゴーマニズム宣言』の復活をここに宣言する!
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP