TOP > 電子書籍 > 半蔵の門 大合本

ハンゾウノモンダイガッポン半蔵の門 大合本

シリーズ作品

  • 880円/800pts
    傑作時代劇コミック『半蔵の門』が大合本となって登場!(18~19巻収録) 徳川軍と武田軍は長らくの間小競り合いを続けており、お互いに一歩も引かず膠着状態が長引く中で、全面衝突の機運が高まっていた。そして遂に満を持して徳川軍と武田軍が動き出す。忍活劇大合本いよいよ最終巻!!
  • 880円/800pts
    傑作時代劇コミック『半蔵の門』が大合本となって登場!(16~17巻収録) 半蔵は針売りの「長助」に扮し、武田信玄の本拠地・甲斐の国への潜入を試みる。一方、鋭い嗅覚でいち早く半蔵の接近に気づいた信玄は刺客・太郎左を差し向ける。水面下で進む三つ巴の攻防の趨勢やいかに!?
  • 1320円/1200pts
    傑作時代劇コミック『半蔵の門』が大合本となって登場!(13~15巻収録) 父・浄閑入道からの情報で隠された大量の黄金の存在を知る半蔵。黄金のありかを探るべく出向いた半蔵を待ち受けていたものとは?
  • 1320円/1200pts
    傑作時代劇コミック『半蔵の門』が大合本となって登場!(10~12巻収録) 織田信長はいよいよ美濃へと侵攻しようとしていた。木下藤吉郎と半蔵の活躍により墨俣に急造の城を建てることに成功したが、美濃の防御は堅く、侵入は容易ではなかった。現状打開のために信長が打った次なる策とは?
  • 1320円/1200pts
    傑作時代劇コミック『半蔵の門』が大合本となって登場!(7~9巻収録) 半蔵・九十九と飛び加藤は一進一退の攻防を繰り広げていた。果たして勝利はどちらの手に転がり込むのか?一方そのころ、元康は、三河一向衆との対立を契機に反発勢力と結託して蜂起した三河の一向一揆への対応を余儀なくされていた、、、。
  • 1320円/1200pts
    傑作時代劇コミック『半蔵の門』が大合本となって登場!(4~6巻収録) 半蔵が仕える主、松平元信の初陣が目前に迫っていた。そして戦の行方は人間関係にも大きな影響をもたらすこととなるのだった、、、、。痛快忍活劇第二弾!!
  • 1320円/1200pts
    傑作時代劇コミック『半蔵の門』が大合本となって登場!(1~3巻収録) 忍びとは主に闇仕えし、主の命に従い、あらゆる仕事をこなす裏世界の住人である。そんな忍が一人、服部半蔵正成が仕えることとなったのは、後の大将軍徳川家康こと松平元信公であった。これは将軍の片腕として生きた一人の忍の物語である。
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP