TOP > 電子書籍 > 子連れ狼 大合本

コヅレオオカミダイガッポン子連れ狼 大合本

シリーズ作品

  • 880円/800pts
    傑作時代劇コミック『子連れ狼』が大合本となって登場!(27~28巻収録) 27巻 内容紹介 ご参詣の日の失態の責任を問われ、阿部怪異は切腹を命じられる。一方、江戸に潜入した拝一刀は柳生と果し合いの約定を交わす。それを受け、柳生は最後の戦いに向け軍勢を放つ。最後にして最大の決闘の火蓋が切って落とされる。 28巻 内容紹介 命とは連綿と続く波の如し。子はいつしか父となり、子を育てる。父子はいつの世も不滅である。時代劇の金字塔、遂に完結。
  • 880円/800pts
    傑作時代劇コミック『子連れ狼』が大合本となって登場!(25~26巻収録) 25巻 内容紹介 阿部怪異の密告で再び窮地に陥る柳生。「身に覚えがない」と白を切るも、投獄を余儀なくされてしまう。その折、柳生の命により、柳生配下の家来が江戸に集結してきていた。 26巻 内容紹介 一向に衰える気配のない柳生。それに加えて拝一刀の処置をめぐって責任を問われ、焦りを募らせた阿部怪異は柳生の毒殺を決意する。しかし、その夜城内で不審火が起こる。将軍の東照宮ご参詣の日に起きた不祥事に阿部怪異はいよいよ追い詰められていく。
  • 1320円/1200pts
    傑作時代劇コミック『子連れ狼』が大合本となって登場!(22~24巻収録) 22巻 内容紹介 天地の慟哭とも思えるほどの天候の中、遂に柳生と子連れ狼がぶつからんとしていた。長きに渡る戦いに終止符を打つことになるのか!? 23巻 内容紹介 自らの失態で追われる身となった阿部怪異の仕業により、江戸市中は洪水の危機にさらされてしまう。子連れ狼と柳生は決闘をやめ、水をせき止めんとする。そんな中、柳生は溺れている大五郎を偶然救うこととなる。期せずして敵の弱みを握った柳生は何を思うのか、、、、。 24巻 内容紹介 洪水の後、改めて決闘を始めるも、阿部怪異の毒によりお互いに力尽きてしまう子連れ狼と柳生。つかの間の和平により傷を手当する中で、阿部怪異が柳生封廻状を発見してしまう。
  • 1320円/1200pts
    傑作時代劇コミック『子連れ狼』が大合本となって登場!(19~21巻収録) 19巻 内容紹介 子連れ狼の江戸入りを敏感に察知した柳生烈堂は、大勢の刺客を江戸近辺に放つ。一介の浪人に対する大仰な作戦に反対の声も上がるが柳生は聞く耳を持たない。そんな折、復讐心を携えて子連れ狼が現れる。 20巻 内容紹介 子連れ狼の江戸入りを許してしまったことで、柳生は窮地に立たされる。そんな柳生の元に使わされた唇役・阿部怪異は黒い野望を内に秘め、怪しい笑顔を携えた恐るべき毒使いであった。 21巻 内容紹介 毒使い阿部怪異の謀略は、ことごとく失敗に終わる。遂には内に秘めた黒い野望までも見破られ、柳生に追われる立場まで身を落とす。一方、子連れ狼は来る柳生との戦いに備え準備を続けていた。
  • 1320円/1200pts
    傑作時代劇コミック『子連れ狼』が大合本となって登場!(16~18巻収録) 16巻 内容紹介 黒鍬衆最後の刺客の残した言葉を手がかりに柳生封廻状の秘密に辿り着く。一方、柳生烈堂は拝の公式手配に踏み切る。賞金稼ぎを退けつつ、子連れ狼が向かう先とは? 17巻 内容紹介 子連れ狼は、遂に賞金までも背負うこととなる。五千両もの大金に各地から腕利きの賞金稼ぎが拝の命を狙い押し寄せる。子連れ狼の運命やいかに!? 18巻 内容紹介 柳生烈堂は、相次ぐ失態により追い詰められていた。将軍は柳生を叱責するとともに、黒門固メ煙止メ衆の出動を決める。黒門固メ煙止メ衆の正体とは!?
  • 1320円/1200pts
    傑作時代劇コミック『子連れ狼』が大合本となって登場!(13~15巻収録) 13巻 内容紹介 子連れ狼を抹殺すべく送り出した刺客はことごとく返り討ちにあい、遂には実子さえも失った柳生烈堂は、新たな刺客を呼び寄せる。喰代と呼ばれる、柳生でありつつ柳生を名乗ることを許されなかった暗殺集団の正体とは? 14巻 内容紹介 江戸から遠く離れた筑紫路。そこで拝一刀を襲った黒田藩藩主の作手惣左衛門。彼が今際の際に放った言葉の真意を探るため福岡城へ赴く。そこで子連れ狼を待ち受けるものとは、、、、。 15巻 内容紹介 幼少期から柳生の元で暗殺者として育成された月玉が子連れ狼に襲い掛かる。無辜の民への被害を抑えるべく山中に逃げ込む拝との持久戦の趨勢はいかに!?
  • 1320円/1200pts
    傑作時代劇コミック『子連れ狼』が大合本となって登場!(10~12巻収録) 10巻 内容紹介 子連れ狼が盗み出した御状箱には、柳生一族の重大な秘密が隠されていた。ついに柳生一族の黒幕・柳生烈堂が拝成敗に動き出す!! 11巻 内容紹介 子・大五郎の行方に皆目見当がつかない中、子連れ狼は最後の手段に出る。大五郎の行方を探るための迷子札は、同時に敵に居場所を知らせる道標でもあった。柳生の魔の手が迫る中、大五郎との再会は叶うのか、、、、。 12巻 内容紹介 過去の遺恨を精算すべく、己の全てを差し出し、妻をも犠牲にしてしまった辰之助。そんな男が酒の席で子連れ狼に願ったこととは一体、、、、?
  • 1320円/1200pts
    傑作時代劇コミック『子連れ狼』が大合本となって登場!(7~9巻収録) 7巻 内容紹介 笛太鼓の音に導かれ、賑わう祭りに迷い込んだ大五郎。ひょんなことから大五郎が女から紙入れを預かったために、十手者の魔の手が迫る。 8巻 内容紹介 夫の墓を守りつつ、悠久の時を機を織って過ごす美しき寡婦には復讐すべき仇敵がいた。そんな女の手に握られた鎖鎌は、子連れ狼に昔日の死闘を思い起こさせる。 9巻 内容紹介 人や物の流通を支える裸虫は日々の素行から、市井の嫌われ者であった。そんな裸虫に扮する子連れ狼の目的とは!?
  • 1320円/1200pts
    傑作時代劇コミック『子連れ狼』が大合本となって登場!(4~6巻収録) 4巻 内容紹介 寒空の下、海を渡る船の上で、囚人護送役の泣く子も黙る弁天来の三兄弟と子連れ狼が相見える。弁天来の凶刃が子連れ狼を怪しく付け狙う。 5巻 内容紹介 拝と柳生の関係性に疑問を持った江戸幕府がついに動き出す。一方、柳生一族は幕府の動向を察知し、子連れ狼にむけて刺客・柳生軍衛兵を差し向ける。拝一刀の運命やいかに!? 6巻 内容紹介 取り潰し目前の磐城平藩の城代から、御用金護送車襲撃の依頼が舞い込む。しかし、黒鍬衆との関係を思えば、到底受けられる依頼ではなかった。依頼と人情の狭間で子連れ狼は何を思うのか……。
  • 1320円/1200pts
    傑作時代劇コミック『子連れ狼』が大合本となって登場!(1~3巻収録) 1巻 内容紹介 水鴎流 神技と類稀なる智謀を携え、幼き子・大五郎を連れ修羅の道に生きるその男の名は拝一刀 、人呼んで子連れ狼。復讐に身を焦がし、一殺五百両にて武士の魂を売り払う。読む者の心を揺らす不朽の名作がここに電子化!! 2巻 内容紹介 苛烈を極める徳川幕府の大名統制。お上の命を受け、意に沿わぬものを処分する三柱「探索人」「刺客人」「介錯人」。それら三柱が一柱、「介錯人」を担う拝一族が忽然と姿を消し、柳生一族が職を掌中に収める。柳生への恨みを抱え、子連れ狼は修羅の道を行く。 3巻 内容紹介 寒空の下、海を渡る船の上で、囚人護送役の泣く子も黙る「弁天来」の三兄弟と子連れ狼が相見える。弁天来の凶刃が子連れ狼を怪しく付け狙う。
本棚はコチラ!
初めての方へ

検索

ご利用ガイド

▲TOP